細い便は大腸がんの可能性が!?便秘とがんの関係は?

毎日便は出るけれど、なんとなくすっきりしない人が多いようです。

何日も便秘するよりはいいかもしれませんが、食べた分だけすっきり出た感じが理想ですよね?

理想的な便の状態をバナナのような・・・と表現しますが、太さや長さの基準がまさにバナナと同じくらいなのです。

当然、年齢や体格、食べた量によっても違いがありますが、適度な太さと長さがある便こそ理想的なのです。

しかし、コロコロ、細い、太い、短いなど便は出てもすっきり感がない場合、かくれ便秘か何らかの病気のサインかもしれません。

自分で病気を見つけることは難しいのですが、今までと違った便が続くようなら一度病院で診察してもらうことをお勧めします。

特に、便が急に細くなったり黒くなった場合は大腸がんの可能性があるので、早めに受診するようにしましょう。

大腸がんは中年以上の男性が発症しやすいイメージがありますよね?

お酒の飲みすぎや不摂生、ストレスや肥満などが原因ではないかと思いますが、実際は日本人女性に多いがんなのです。

がんは、同じ生活をしていてもなる人と、ならない人がいます。

原因も明らかに「これ!」と特定できないことが多いのですが、リスクが高くなる生活習慣や食生活は分かっています。

できるだけ、それらを避けることで大腸がんを発症するリスクを減らすことができるのは確かではないでしょうか?

大腸がんの原因

 

元姫路市民さん(@motohimejishimin)がシェアした投稿

大腸がんは近年日本人の発症率が高くなっていると言われています。

その原因として挙げられるのは、食生活の欧米化です。

昔はご飯にみそ汁、焼き魚にお浸しが定番だった食事が、今ではトーストにたっぷりバターを塗って、ミルクとヨーグルト、ソーセージやベーコンなどを食べます。

欧米化した食事は日本人の腸にはとても負担が多く、それが原因になっているのではないかと推測されます。

私の食生活を思い出してみると・・・

やはり朝は簡単にパンが多く、昼食に麺類、夜にようやく和食が登場します。

しかも、魚よりも断然肉が好きなので、焼き魚はほとんど食べることがありません・・・

野菜とたんぱく質、炭水化物など栄養は気にしながら作っていますが、どうしても昔のような粗食で満足できないのです。

できるだけ加工食品を食べないように気を付け、ストレスをためすぎない、適度な運動、飲酒や喫煙を避けるように心がけたいと思います。

大腸がんは早期では痛みなどを感じることがないので、自分の便の状態をチェックすることと、定期的に検診を受けることが大切です。

大腸がんは早期なら完治することがとても多い病気です。

予防と早期発見を心掛けていつまでも元気に過ごせるようにしたいものですね。

 

コメントを残す




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください