辛い夏の腹痛!冷えだけじゃない意外な原因

腹痛 病気・症状

夏はどうしても冷たいものをたくさん飲んだり食べたりしてしまいます。

私はアイスが大好きなので、帰宅後にアイス、入浴後にアイス、できればご飯ではなきアイスで一日の食事を済ませたいくらいです。

駄目だと分かっていても売れる時期にはたくさんの新作アイスが発売され、食べないわけにはいきません。(笑)

 

 

Satomiさん(@stm.n3103)がシェアした投稿

これを見ただけで、コンビニに走りたくなります。

しかし、この体を冷やすアイスによって度々腹痛を起こすことがあるのです。

冬はめったにお腹が痛くならないので夏の冷たい飲み物や食べ物が原因だと分かっているのです。

大人だけではなく、子供も夏はお腹が痛くなりやすく、下痢をする子も多いのではないでしょうか?

そんな辛い夏の腹痛は食べ物や飲み物だけが原因ではないようなのです。

腹痛の原因

夏の腹痛の原因はいろいろありますが、一番多いのが冷たい飲み物や食べ物です。

火照った体をクールダウンさせるために、どうしてもキンキンに冷えたものを食べたくなりますが、これは体温を下げるだけではなく、胃や腸まで冷やしてしまうのです。

この刺激によって腹痛や下痢を起こしてしまうので、一気に大量に流し込むのはやめて、ゆっくり適量に留めることが大切です。

また、夏の室内はクーラーでかなり冷えた状態です。

外は暑くてもクーラーによって体の芯が冷えてしまうことで腹痛を起こしたり、体調を崩したりすることがあります。

特に職場や学校の席によってはクーラが当たりやすい場所があり、体が氷のように冷えてしまうことがあります。

そのような場合は、上着などを置いておくと便利ですね。

そして、腹痛の中で一番辛いのが食中毒です。

夏は癒えの中でも食中毒が発生しやすく、カレーやシチューなどの鍋も必ず冷まして冷蔵庫で保管する必要があります。

誰もいない室内では想像以上に室温が上がっており、食べ物が傷みやすくなってしまうのです。

意外と盲点なのが飲み物です。

お茶などは良いのですが、甘い飲み物は菌が繁殖しやすく、時間が経過したペットボトルを飲み続けるのはとても危険なことです。

つい、朝買ったペットポトルのジュースやコーヒーを何時間もカバンの中に入れたままにしてしまいますが、夏はこれが命とりです。

菌が繁殖し次に飲んだ時には体内に取り込まれてしまうので、知らず知らずのうちに食中毒を引き起こしてしまうのです。

今まで当たり前にやっていたことが、実は腹痛の原因だったかもしれませんね。

体が弱る暑い夏だからこそ、衛生面は特に注意しましょう!

コメント