お腹が張って苦しい!その意外な原因とは?

下っ腹がパンパンに張って苦しい経験はありませんか?

便秘とはまた違った苦しさがありますよね。

何が原因なのか分からず、不安になることも多いこの症状。

実際は、どのようなことが原因で起こるのでしょうか?

実は、私の場合ですが・・・

風邪をひいた時に今までに感じたことのないお腹の張りがあり、とにかく苦しかったのです。

ガスが溜まっている気がしたので、市販薬の「ガスぴたん」を買ってきてもらい服用したのですが、全く効果がない・・

便秘をしているわけでもないので、原因が分からず苦しみました。

次の日には風邪の症状は落ち着いたものの、お腹の張りは相変わらず・・・

仕方がなく病院に行くと「腹水が溜まっています」とのこと。

量はそれほど多くなかったので、とりあえず様子をみることになりました。

翌日にはお腹の苦しさはなくなり、腹水もほとんど確認できないほどになりました。

まさか、風邪が引き金になって腹水が溜まるなんて思っていなかったので、驚きましたが、便秘でもないのにお腹が張るのは危険な病気の可能性もあると言うことです。

主な原因

私のお腹の張りは腹水が原因でしたが、これはとても稀なケースと言えます。

それでは、お腹の張りの主な原因とは、どのようなことでしょう?

まず一番多いのが便秘です。

便秘になると、当然腸の中に便が溜まりますし、ガスを発生させることで腸がパンパンになりお腹の張りにつながります。

また、女性はホルモンバランスの乱れや生理の前にお腹が張る人が多いようです。

これは、暴飲暴食の時と同じで腸の機能が低下することが原因の、一時的なお腹の張りです。

実は、これ以外にも危険なお腹の張りもあるので、注意しなくてはなりません。

例えば・・・大腸がん、腸閉塞、卵巣嚢腫、子宮筋腫、虫垂炎。

お腹の張りだけではなく、痛みや血便を伴う場合は、自己判断はせずに早めに病院を受診することをお勧めします。

一般的なお腹の張りは、腸内環境を整えることで解消することができます。

食べ物や運動、生活習慣を見直すことで腸の働きを活性化し、張りのないすっきり腸を手に入れましょう。

ガス溜まり解消法

腸

ガスが溜まってお腹が張る時は、腸の働きを活発にすることが一番の解消法です。

特に女性は便秘に敏感で、野菜などをたくさん食べることで解決しようとします。

しかし、この食物繊維の大量摂取が、ガスを発生させるので、できるだけたくさん食べれば良いというものでもないようです。

ガスの発生を抑えるためには、発酵食品が最適です。

納豆やみそ、漬物などがおすすめで、和食を中心に食べることで簡単にガス溜まりを解消することができるのです。

このように見てみると、昔から食べられてきた和食は、ご飯にみそ汁、納豆に漬物など腸内環境を整えるために必要な成分がたっぷり含まれていますね。

やっぱり日本人の腸には和食が一番適しているようです。

また、腸をマッサージすることでガスの発生を抑え、腸の働きを活発にすることができます。

適度な運動も効果的です。

汗をかくほど激しい運動は必要ありませんが、歩いたりウエストをひねるだけでも腸の働きがよくなるので、無理をしないで長く続けましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする