宿便は本当にある?なくなると体重が減るって本当?

トイレ 便秘解消

以前、腸の中の宿便を取り除くと便秘ではない人でも3キロほど体重が減るという話を聞きました。

多分、某テレビ番組で放送されてた内容だと思いますが、これは本当でしょうか?

それをきっかけに様々な便組や雑誌で宿便についての特集が人気になり、様々な方法で宿便を取る方法が紹介されました。

しかし、これに異論を唱える専門家が現れ、そもそも人間の腸の中に宿便など存在しないと言うのです!

宿便さえ取れればお腹がペタンコになり体重が3キロ以上減ると信じていた人のとっては、かなりがっかりな内容です。

本当は宿便はあるのでしょうか?それともないのでしょうか?

実は、宿便という言葉は誰が作ったのか分からず、医学的にはないそうです、

私たちが想像する宿便とは腸のくぼみに溜まった便のことで、長い時間をかけて取れにくくなり溜まったものです。

これは誰の腸にも存在し、毎日しっかり排便している人でも3キロから5キロもたまっていると言われていました。

ですから、なんとしてでも宿便を取り除きたいと思ったはずです。

しかし、たびたびテレビなどで観る腸の中はとてもきれいで、つやつやですよね?

もちろん、下剤などで排便した後の腸内の状態ですが、なかなか取れないと言われていた宿便の存在は一切確認できず、その溝もつるつるです。

これは、やはり宿便は存在しない証明かもしれないと、今になって思うのです。

宿便の取り方

本当に存在するか疑問視されている宿便ですが、専門家の見解では排便できずに残った古い便のことだそうです。

と言うことは、便秘の人に溜まった古い便を宿便と言うだけで、毎日しっかり排便している人は宿便がほとんどないのかもしれません。

なぜなら、腸の中は粘液がたっぷりあるので、溝に古い便が溜まることはなく、溝に見える部分も常にその状態ではなく絶えず動いているそうです。

便秘ではない人にとっては宿便を取る夢がなくなり残念なことかもしれませんが、便秘の人の腸には宿便と呼ばれる古い便がたっぷり残っているのです。

 

宿便を一気に取り除く方法として有名なのが、腸内洗浄です。

便秘解消のために定期的に行う人もいますが、自分の腸の中に古い便が溜まっているか確かめるために一度行うのも良いかもしれませんね。

宿便は本当にあるのか、ないのかははっきり分かりませんが、私たちが今まで想像していたものとは違うことは最近明らかになったようです。

宿便がないにしても、便秘をすると古い便が腸内に溜まりヘドロのようになり毒素を発します。

それによって様々な害が出てしまうので、便秘を解消することが大切です。

コメント