便秘にはビオフェルミンとエビオスどちらが効く?

便秘が酷くなると下剤に頼る人が多いと思いますが、それは一時的に排便を促す効果しかなく、根本的な改善にはなりません。

便秘の根本的な改善とは、腸内環境を整え善玉菌と悪玉菌とのバランスが整った状態のことで、毎日しっかり排便があることです。

できれば、朝食後に毎日排便の習慣をつけることが望ましく、子供の頃からのその習慣が大人になっても定着するようです。

もし、出なくても同じ時間にトイレに行くことで、体が排便の時間だと認識するようになり、徐々に排便リズムが整うそうです。

毎日朝にしっかり排便することができれば、一日にスタートがすっきり爽快ですし、特に女性はペタンコのお腹を観て嬉しくなるはずです。

便秘が酷くなると、下っ腹がポコッと出ていつものスカートが閉まらないなんてこともあるので、スタイルにまで影響します。

このような嫌な便秘を改善し、健康な腸を作る為にビオフェルミンとエビオスが人気です。

どちらも薬局で購入できる比較的ものですが、弱った腸を改善することで健康な体を手に入れることができるものです。

私は、小さいころからお腹を壊しやすかったので、常にビオフェルミンを飲まされていました。

薬とは違って子供でも飲みやすい味なので、それほど嫌ではなかったと記憶しています。

また、エビオスは最近特に人気のある健康食品で、胃腸が弱った中年男性が多く購入しているようです。

これは、我が家でも毎日飲むようにしており、そのためか誰一人病気もせずに、最近の猛威を振るったインフルエンザに感染することもありませんでした。

腸内環境が整っていると、免疫力が上がり病気をしにくくなるので、高い健康食品を購入するよりも、エビオスの方が効果的かもしれません。

もちろん、腸内環境が整うのですから、便秘も改善され子供たちも毎日排便があるそうです。

それぞれの特徴

腸

便秘の人の中には、ビオフェルミンとエビオスとどちらを選んだら良いのか分からない人もいると思います。

大雑把に分けてしまうと、どちらも整腸剤になるのかもしれません。

なぜなら、どちらも腸の調子を整える効果があると書いてあるからです。

少し詳しく説明すると、ビオフェルミンは乳酸菌を飲みやすい錠剤にしたもので、善玉菌を増やす効果が期待できます。

また。エビオスは腸よりも胃の働きを改善する効果があり、ビール酵母でできています。

胃腸の機能を高めると同時に栄養補給もできるので、食が細い、夏バテ、病後などの弱った体の改善にも役立ちます。

また、食物繊維が豊富なので便秘の改善も期待できるのです。

このように、ビオフェルミンとエビオスは同じようで、成分も効果も違うのです。

どちらも長く飲み続けることで効果を発揮するので、薬のような即効性を期待せず、じっくり付き合っていくと良いでしょう。

長く続けるためには、できるだけ安く購入したいですよね?

楽天やアマゾンで最安値を知ることができるので便利ですよ。

ちなみに、ビオフェルミンは分かりませんが、エビオスは近所のサンドラッグがダントツの安さなので、いつもまとめ買いしています。

コメントを残す




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください