ウォシュレットの刺激で便秘解消は危険?

便秘 便秘解消

お尻を綺麗にしてくれるウォシュレット、使い人もいれば使わない人もいますよね。

でもウォシュレットを使用する方の中には綺麗にするためではなく、便秘解消のために使用するという方も少なくはありません。

ただその使い方、ちょっと危険なので、やっている方は今すぐにでもやめた方が良いですね。

ウォシュレットを肛門に当てることで、刺激されて便意を感じるというか違います。

そのため定期的に排便の前に使用されるという方もいますが、あまり頻繁に使いすぎてしまうと、後が大変です。

便秘の際にウォシュレットで肛門に刺激を与えることで、解消されている方、その刺激がなくなれば便秘がひどくなってしまいます。

つまりもう刺激に慣れてくれば、ウォシュレットなしでは排便することができなくなりますし、慣れすぎてウォシュレットの刺激でも排便できなくなる可能性があるのです。

そのため薬を使用しなければ排便できなくなるという悪循環となり、自分で自然に排便するということができなくなってしまうのです。

ウォシュレットで便秘が解消できるなら、薬よりも便利かもしれませんが、体にとっては悪影響となるので、すぐにでもやめなければなりません。

ウォシュレットより自然な排便を心がけ、使用する回数を減らしていきましょう。

ウォシュレットで便意を感じる理由

ウォシュレットを便秘解消のために使用している方がいますが、なぜウォシュレットを使用すると、便意を感じるのでしょうか。

実は肛門付近にウォシュレットの水をかけて刺激すると、その刺激により排便反射が起きるため、便意を感じることができるのです。

よく赤ちゃんなど便秘している時には、ベビーオイルを綿棒につけて優しく肛門を刺激すると、排便するといわれています。

その方法と同じような仕組みで、ウォシュレットを使用することで、肛門が刺激を受けて便意を感じるのでしょう。

またウォシュレットの水が強すぎる場合、稀に肛門内に水が入る可能性があります。

そうなると浣腸と同じ状態になってしまうので、より一層便意を感じてしまうことになります。

この場合は細菌が入ってしまう可能性もあるため、十分に注意しなければなりません。

このように肛門はちょっとした刺激でも便意を感じるようになっているため、ウォシュレットの使用はなおさら便意を感じてしまうのでしょう。

ただこれで便秘が解消されるという方も多いですが、ウォシュレットの刺激に肛門が慣れてしまうと、よほど強い刺激にならないと便意を感じられなくなってしまうので注意も必要なのです。

便利かもしれませんが危険な場合もあるため、自然な便意を逃さないようにすることが大切ですね。

おすすめ?それとも・・・

トイレ

ウォシュレットでの便秘解消ですが、とてもひどい便秘の方にとっては便利なアイテムかもしれません。

ですが危険も伴うため、はっきり言ってお勧めはできません。

ウォシュレットの刺激に慣れてしまうと、肛門お刺激がないと自然な便意が生まれなくなってしまいます。

また慣れず着て便意を感じなくなってしまうと、さらに強い刺激か、薬に頼る他に方法がなくなってしまいます。

できれば便秘は自力で治せるようにして、自然の力に任せることが一番良いですよね。

意識すればしっかりと便秘を改善することはできます。

ウォシュレットにも薬にも頼らないことが一番良い方法となります。

またウォシュレットの使いすぎで、肛門が水で荒れてしまう場合があります。

とてもデリケートな場所ですし、ひどくなる年に至る可能性もあります。

洗いすぎも常在菌が流れて、感染症を引き起こす可能性もあるため、お勧めはできません。

どうしても便で肛門がすごく汚れてしまったという場合などに使用し、できるだけ他の目的で使用するのは控えるようにしましょう。

便秘の解消法はいくらでもありますし、そのためのお助けアイテムもたくさんあります。

まずは便秘解消目的でのウォシュレットの使用をやめ、腸が働くような方法などを取り入れていくようにしましょう。

コメント