便秘しやすいと言われ敬遠しがちな食べ物・メニュー

便秘 肉

便秘を改善するために色々な方法を試している人は多いと思いますが、一番大切なのはやはり食事ではないでしょうか?

運動や生活習慣の改善はもちろん重要ですが、直接腸に届くのは食べ物なのでその内容を変えることで便秘解消につががるからです。

しかし、どんなに便秘の解消に効果的な食べ物を摂っていても、逆に便秘になりやすい食べ物を摂ってしまっていては効果がないのは当然ですよね?

それをなるべく食べ過ぎないことも早く効果を出すためには大切なことなのかもしれません。

それでは、便秘しやすいと敬遠されている食べ物やメニューとはどのようなものでしょうか?

一番知られているのは肉類ではないでしょうか?頑固な便秘で悩んでいる人はなるべく肉類を食べずに野菜や海草類を多く摂ると言いますが、確かにタンパク質単独で大量に摂取すること悪玉菌が増え便秘になるのです。

だからと言って全く肉を食べなくて良いのか?実は、タンパク質が不足すると筋肉や作られず疲れやすく代謝の悪い体になってしまうんです。

女性にとって便秘と同じくらい重要な代謝が悪くなるなんて嫌ですよね・・肉と一緒に野菜や海藻、ご飯も一緒に食べる!これが大切です。

便秘しやすいからと言って肉類を敬遠し極端に減らすことは体にはとても悪く、健康を害する恐れがあるので適度に食べることで、血流や筋肉量が増え巡りの良い体になるはずです。

また、野菜類でも生野菜は体を冷やし血流を悪くするため冷たいサラダではなく温野菜にするのが効果的です。

パスタやピザなどの炭水化物も便秘の人は敬遠しがちですが、実は水分を含みやすいので便のカサを増し、スムーズに排便するためにとても大切なものなのです。

ダイエットのために炭水化物を一切摂らない人が多いようですが、その人たちは当然便が硬くなりカサも少なく排便が困難になります。

炭水化物を一切食べないと確かに痩せますが、肌に艶がなくなり頭はクラクラ、力も出ない、やたらと眠いなどの危険な症状が出てくるので便秘になるだけではなく体にも負担が大きいようです。

小麦粉よりもご飯を積極的に食べることで食物繊維も摂れ、栄養バランスも改善するので日本人の腸に合った和食中心の食事内容に切り替えてみてはいかがでしょうか?

便秘解消には何か一種類の食べ物を大量に食べる、避けるのではなく栄養バランスを考えることが大切なので、便秘を解消することが健康な体を手に入れることにもつながります。

 

お菓子は便秘しやすい?

女性の中にはお菓子が食事代わりだと言う人もいるようですが、それではお腹を満たすだけで栄養が全く摂れていませんよね?

しかし、いつでもどこでも手軽に手に入り面倒な調理や温めも必要のないお菓子は、確かに手軽なのかもしれません・・

チョコやスナック、クッキー、グミなど飽きることなく食べ続けられるお菓子ですが、実はそれが原因で便秘になっているのかもしれません。

便秘 お菓子
お菓子には糖質、脂質、食品添加物が多く含まれており、悪玉菌の餌になりどんどん増殖させ便秘を悪化させていますし、食品添加物は便秘になるだけではなく健康被害もあるため、出来るだけ摂らないほうが良い成分です。

忙しい毎日の中でお菓子を食べる時間が至福の時!と言う人も多いと思いますが、それを大切な食事の代わりにするのは危険すぎます。

子供の便秘も同様にお菓子の食べ過ぎが原因になっているケースがあり、たくさんお菓子を食べることでお腹がいっぱいになってしまい、ほとんど食事を摂らない子もいるんです!

当然正常な排便に必要な栄養を十分に摂れていないため、子供でもひどい便秘になってしまうのです。

特に便秘気味の人はお菓子をなるべく控え、どうしても甘いものが食べたい場合はフルーツや寒天、ゼリーなどにしてみてはいかがでしょうか?

肉食は便秘しやすいは本当か?

焼き肉 便秘

お肉が大好きな人は多いと思いますが、便が硬く排便しにくいと感じませんか?

肉ばかり食べていると便秘しやすいのは本当ですが、同時に食物繊維をしっかり摂取することで便秘を防ぐことはできます。これは肉にかぎったことではなく魚でも炭水化物でも同じことが言えるそうです。

私も肉が大好きで特に焼肉は大好物!

本当はお肉だけでお腹を満たしたいところですが、翌日お腹が張るので必ず大盛りサラダかサンチュを頼むようにしています・・

ダイエットにもなりますし、お肉をお腹いっぱい食べても胃もたれや便秘に悩まされることはないので我慢して食べるようにしています。

いつも一緒に焼肉を食べに行く友人は肉の三倍の野菜を必ず食べるようにしているそうで、それによって食べたに気がなかったことになるという自分なりのダイエット方法を実践しているそうです!

本当になかったことになるかはわかりませんが、驚くほどの量をお腹いっぱい食べるのに、全く太っていないのはやはり肉だけでも野菜だけでもないバランスの良い食べ方をしているからかもしれませんね。

肉食の人は野菜嫌いが多いと思いませんか?

できればサラダなどの野菜は食べずに肉だけを食べたいと思うようで、食物繊維が足りないために排便がスムーズに行われなくなり便秘がちになってしまいます。

肉類の便は毒素が多く腸内に長時間留まっていると悪玉菌を増やし、それによって腸内環境が悪くなり便が排出されにくくなってしまい肌荒れ、胃もたれ、吐き気、アレルギーなどの症状が出ると言われています。

実は腸内環境は体の健康とも大きな関係があるようで、常に排便がスムーズで便秘知らずの人は免疫力が高く様々なウィルスや病気にかかりにくいそうです!

便秘は病気ではないし体質だと思っている人が多いようですが、これだけ腸内環境と健康について騒がれるようになったので、少しは気になり始めたのではないでしょうか?

元々日本人は魚や食物繊維を十分に摂取していたので大腸癌を発症する人は少なかったのですが、最近の食事は欧米化が進み肉食の人が多くなりそれに比例するように大腸癌の発生率が急激に上昇しているそうです・・

日本人と欧米人に腸の構造が違うため、それぞれ合った食文化が生まれあのですが、それに反した食生活が体に負担をかけているようです。

もちろん肉を食べてはいけないわけではなく、肉も魚も野菜もバランスよく食べることが便秘改善につながり腸内環境を整えることで健康な体を手に入れる事にもつながるんですね!

私も好きな物を好きなだけ食べるのはやめ腸に良い物を中心にしていきたいと思います。