肉食は便秘しやすいは本当か?

焼き肉 便秘

お肉が大好きな人は多いと思いますが、便が硬く排便しにくいと感じませんか?

肉ばかり食べていると便秘しやすいのは本当ですが、同時に食物繊維をしっかり摂取することで便秘を防ぐことはできます。これは肉にかぎったことではなく魚でも炭水化物でも同じことが言えるそうです。

私も肉が大好きで特に焼肉は大好物!

本当はお肉だけでお腹を満たしたいところですが、翌日お腹が張るので必ず大盛りサラダかサンチュを頼むようにしています・・

ダイエットにもなりますし、お肉をお腹いっぱい食べても胃もたれや便秘に悩まされることはないので我慢して食べるようにしています。

いつも一緒に焼肉を食べに行く友人は肉の三倍の野菜を必ず食べるようにしているそうで、それによって食べたに気がなかったことになるという自分なりのダイエット方法を実践しているそうです!

本当になかったことになるかはわかりませんが、驚くほどの量をお腹いっぱい食べるのに、全く太っていないのはやはり肉だけでも野菜だけでもないバランスの良い食べ方をしているからかもしれませんね。

肉食の人は野菜嫌いが多いと思いませんか?

できればサラダなどの野菜は食べずに肉だけを食べたいと思うようで、食物繊維が足りないために排便がスムーズに行われなくなり便秘がちになってしまいます。

肉類の便は毒素が多く腸内に長時間留まっていると悪玉菌を増やし、それによって腸内環境が悪くなり便が排出されにくくなってしまい肌荒れ、胃もたれ、吐き気、アレルギーなどの症状が出ると言われています。

実は腸内環境は体の健康とも大きな関係があるようで、常に排便がスムーズで便秘知らずの人は免疫力が高く様々なウィルスや病気にかかりにくいそうです!

便秘は病気ではないし体質だと思っている人が多いようですが、これだけ腸内環境と健康について騒がれるようになったので、少しは気になり始めたのではないでしょうか?

元々日本人は魚や食物繊維を十分に摂取していたので大腸癌を発症する人は少なかったのですが、最近の食事は欧米化が進み肉食の人が多くなりそれに比例するように大腸癌の発生率が急激に上昇しているそうです・・

日本人と欧米人に腸の構造が違うため、それぞれ合った食文化が生まれあのですが、それに反した食生活が体に負担をかけているようです。

もちろん肉を食べてはいけないわけではなく、肉も魚も野菜もバランスよく食べることが便秘改善につながり腸内環境を整えることで健康な体を手に入れる事にもつながるんですね!

私も好きな物を好きなだけ食べるのはやめ腸に良い物を中心にしていきたいと思います。