大腸がんと便秘の関係・・・早期発見で90%異常が治癒!

検査

女性の部位別がん死亡率第一位が大腸がんです!

乳がんや子宮がんを発症する女性が多いイメージがあり、大腸がんは少ないと思っていたので意外でした。

これは、発症数ではなく死亡率なので早期発見しにくいがんとも言えます。

なぜ、大腸がんは早期発見できないのでしょう?

大腸がん自体が発見しにくいがんと言うわけではなく、早期発見する機会が少ないのが現実なのです。

女性は乳がんや子宮がん検診を積極的に受ける傾向にありますが、大腸がん検診となると極端にその数が減ってしまうのです。

女性にとって婦人科検診は妊婦検診の時と同じ感覚で受けることができますが、大腸がん検診となると全く別ものです。

前日から断食をして当日は下剤を大量に飲み腸の中を空っぽにする。

肛門から内視鏡を入れられると考えただけで誰でも躊躇してしまうのではないでしょうか?

そのため、早期発見し治療をすれば日帰りや2.3日の入院で手術ができ、5年生存率はなんと99%と言われています。

ほとんどの人が治癒するにも関わらず、女性の部位別死亡率第一位なんて悲しいですよね?

もし、早期発見できなければ辛い治療が待っています!

他の部位への転移があれば、5年生存率は18%にまで下がってしまうのです。

恥ずかしい気持ちと天秤にかけてみてください。

どちらが自分のため、そして家族のためになるのかすぐに分かるはずです。

大腸がん検査は辛い?

大腸がんを発見するためには、定期的な検診が必要です。

先ほど説明したような内視鏡を使ったものの他にも、検便の簡易検査もあります。

各自治体でもこの大腸がん簡易検査を実施しているところが多く、私もこれを利用しています。

これなら病院に行かなくても自宅で簡単にできます。

やり方は、送られてきた検査キットを使い、2日間分の便を採取し、問診票と共に郵送するだけです。

その後数週間で検査結果が送られてくるので、もし陽性だった場合は病院で内視鏡による検査を受けることになります。

これならストレスなく受けることができますし、費用も最小限に抑えられます。

一定の年齢に達してる人は無料で受けられる自治体が多く、各健康保険組合などで実施している場合もあります。

もし実費で受ける場合でも2200円程度なので、年に一度は必ずこの検査を受けて早期発見したいものですね。

予防法

和食

昔は日本人の大腸がんは少なかったようですが、最近は食生活の変化から急増しているそうです。

食生活を見直すことは大腸がんを防ぐために最も大切なことで、肉や油、砂糖、塩など過剰に摂取することが問題です。

野菜や豆類、魚など本来日本人が食べてきたものをしっかり取り入れ、栄養バランスを考えることが大切です。

また、飲酒や喫煙、無理なダイエットも腸には大きな負担になりま。

そして気になるのが便秘と大腸がんの関係です!

昔から便秘をすると大腸がんになると言われてきましたが、最近の研究でそれは間違いだと分かりました。

2.3日に1回しか排便がない人と毎日排便がある人で調査した結果、大腸がんの発症率に違いがありませんでした。

もちろん、便秘は健康に良いことは一つもないので、早く解消することが大事ですが、大腸がんに関しては心配することはなさそうです。

ただ気を付けなくてはならないのが、毎日排便があった人が急に便秘や下痢が続いたり、便秘だった人が下痢になったなどの今までの排便リズムの変化です。

このような症状がある人は、なるべく早く大腸がん検査を受けることをお勧めします。

このように、大腸がんは簡単に直すことのできる病気です。

しかし、自らそのチャンスを逃しているのであれば、これほど残念なことはありません。

特に康診断を受ける機会が少ない女性は、自ら積極的に大腸がん検査を受けるようにしましょう。

便秘と大腸がんの関係

便秘 病気

便秘が長く続いていると体に悪影響があると分かっていますが、便秘がちな人にとって最も心配なのは腸に古い便が溜まることで発がん性物質が体内に留まってかもしれないと言うことではないでしょうか?

便秘が大腸がんの原因になるという話をよく聞くので心配になります・・大腸がんにならないためにも腸内環境を整えることが大切だと考えるはずです。

その話はもっともな感じがしますが、実は最近の研究や調査で便秘が大腸がんと直接の関係がないことが分かったのです!

関係ないなんて驚きですが調べてみるとひどい便秘の人も毎日快便の人も大腸がんの発症率は変わらなかったそうです・・

しかし、腸内環境を整えることで免疫力を上げ様々な病気やがん発症リスクを下げることは分かっているので便秘を改善して毎日すっきり出すことはとても大切なことなのです。

便秘が大腸がんの原因ではないものの、大腸がんによってひどい便秘になることは多いようです!

ですから今まで快便だったのに急にひどい便秘になり薬も効果がないとか、常にお腹にガスが溜まって苦しい、便に血が混ざったり黒い便が出る、下痢と便秘を繰り返すなどの症状がある人は一度検査を受けたほうが良いかもしれません。