転げまわるような腹痛の原因

男の子

お腹が痛い!と転げ回るほどの痛みを感じたことがある方もいるかもしれません。

ですが、何が原因かわからない、特にお子様の腹痛はうまく伝えられないこともあるので、よくわからないこともありますよね。

では、転げ回るような腹痛が起きる原因とは、一体どんな原因があるのでしょうか。

まず腹痛が起きる原因として多いのが便秘です。

特にカチカチの便が溜まってしまうと、腸やその周辺の臓器を圧迫してしまうため、痛みが出る場合があります。

また溜まった便からガスも発生するので、より腸が刺激され痛みにつながってしまうのです。

さらに、便やガスによる腸や臓器の圧迫で、血行も悪くなってしまうためさらに痛みを伴うことになります。

便秘でも転げ回るような痛みが出ることもあるので、十分に注意が必要です。

他にも盲腸や腸炎などによる、お腹の痛みが出る場合も十分に可能性としてはあります。

女性の場合、子宮や卵巣の疾患による痛みなども考えられる場合もあるので、転げ回るようなお腹の痛みには、便秘を始めその他の病気の可能性もあるので、おかしいと思った時には必ず対処するか病院へ行くようにしましょう。

普段から便秘を繰り返している方は、宿便が溜まってしまい痛みにつながっている可能性もあります。

腹痛はどんな病気が隠れているかわからず、また命の危険を伴う場合もあるので、痛みが強くなってきたら注意しましょう。

子供に多い便が出てても腸の機能低下

親としては子供の排便について、小さなうちはおむつ替えやトイレ管理もしているので、気にするのが当たり前のようになっていますよね。

ですが成長するにつれてあまり気にしなくなってしまう、もう子供に任せ切ってしまっている親も多いのではないでしょうか。

実は小学生から中学生の子供に多い便秘、さらに便秘ではなくても腸の機能低下に陥っている子供は多くいます。

特に注意したいのが腸の機能低下で、便秘ではないからと安心してはいけないのです。

便が出ていたとしても宿便が溜まっている場合もありますし、下痢を繰り返してしまうと腸内細菌のバランスも崩れてしまいます。

腸の機能低下では、便秘や下痢を繰り返してしまいます。

また腸が機能低下してしまう原因となるのは、食物繊維の不足が原因とも言われています。

アンバランスな食生活や甘いものばかりをよく食べていたり、水分不足でも腸の機能は低下してしまいます。

他にも、睡眠不足、1日3食しっかりと食べられていない、運動不足も影響します。

一番望ましい排便回数は最低でも1日に1回と言われていますが、週に3回以下の排便回数であればひどい便秘と考えても良いでしょう。

腸の機能低下は免疫力の低下にもつながってしまいます。

他にも腸の病気につながる可能性もあるので、便が出ていたとしても安心はせずに、子供のうちから腸に良い健康的な生活を送れるように注意してあげましょう。

重篤な病気が隠れている可能性も

女の子

たかが便秘、といっても実は重篤な病気が隠れている可能性があります。

特に転げ回るような腹痛を伴うことが多い方は注意が必要です。

子供の場合はすぐに病院へ連れていかねければならないほど、転げ回るほどの腹痛はとても怖いのです。

重篤な病気としてあげられるのが、腸閉塞です。

昔は盲腸などが考えられましたが、子供の場合は腸閉塞になってしまう可能性が高いので、便が出ていたとしてもまずは腸閉塞を疑ったほうが良いかもしれません。

腸閉塞は何らかの影響により腸が塞がれた状態になってしまう病気で、放っておくと死に至る可能性があります。

とても危険な病気なので、様子がおかしいと感じたらすぐに病院へ行かなくてはなりません。

腸の機能低下でも引き起こされる可能性があるため、便秘や下痢を繰り返している場合も注意が必要です。

腸閉塞以外では、腸の腫瘍や盲腸なども考えられます。

どちらも放っておいても治らず、死に至る原因となってしまうので、必ず病院へ行かなければなりません。

何がきっかけでこのようなことになってしまうのか、大きな原因は腸の機能低下や腸内環境の悪化も関係しています。

普段お食事や生活環境を整えることは、腸にとっても良いことなので重篤な病気になってしまう前に、日頃の意識が大切になります。

腸の病気は便の匂いや色などでも確認することができる場合もあります。

大人も子供も便の色や匂いの他回数や量など、排便時に注意しておくように心がけておきましょう。

口臭の本当の原因は腸にあった!解消方法とは?

若いころは気にならなかったけれど、歳をとると口の臭いが気になりますよね?

特に中年男性の口臭は、若い女性にとってはかなり嫌なもので、上司と話をするときは、なるべく息をしないなんて人もいるくらいです。

口臭は、口に中の雑菌が原因だと言われていますが、口臭予防の歯磨き粉やマウスウォッシュを使っても、その時だけすっきりするものの、すぐに効果がなくなります。

色々試しても口臭が治らない人の多くは、原因は口の中ではなく腸にあるのです。

口臭が腸と関係あると言うのは、食べ物を考えると分かりますよね。

例えば、前日にニンニクたっぷりの餃子やアルコールを飲んだ時、朝口臭が気になりますよね?

げっぷをするとまだ臭いが残っているなんてことも・・

自分では気づかなくても、周囲の人から口臭を指摘されることもあるかもしれません。

また、胃や腸の調子が悪い時や病気の時は独特の口臭がすることがあります。

私が子供の頃は、調子が悪いと母に「息を吐いてごらん」と言われました。

私がハ~っと息を吐くと、母はそのにおいを嗅いで「病気のにおいがするね!」と言って熱を測ってくれた記憶があります。

この方法は、今は私が子供に使っており、調子が悪いとすぐに独特の病気臭がするので分かりやすいのです。

以前、友達の子供からこの病気ににおいがしたことがあり、「○○ちゃん、具合悪い?」と聞いてみたところ「うん」」と答えました。

熱を測ってみるとやはり熱があったのです!

人間の体は病気をすると胃や腸の調子が悪くなり、口臭にも変化が出るのです。

このように、口臭は口の中のトラブルだけではなく、腸に原因があることがとても多いので、何をやっても解消しない人は、腸の機能を高めることが大切かもしれません。

解消法

ニンニク

それでは、口臭はどのように解消したら良いでしょうか?

実は、歯ブラシや歯磨き粉で口臭を改善に解消することはできません。

一時的には臭いをごまかせるかもしれませんが、一日に何度も殺菌してしまうと、口の中に必要な菌までいなくなってしまいます。

口の中が原因の場合は、唾液をたくさん出すことで解消することができます。

顎に唾液腺があるので、それをマッサージすることで、年齢と共に減少してしまう唾液を出すことができます。

また、ガムをかむことで唾液がどんどん出てくるので、口臭予防につながります。

口の中がべたついている時は、唾液が不足している証拠です。

意識して唾液を出すようにしましょう。

また、腸が原因の口臭は腸が汚れている可能性があります。

特に便秘の人は悪玉菌によって悪臭が出ている可能性があり、早めに腸内環境を整えた方が良いでしょう。

腸内環境を整えるために一番大切なのが食生活です。

善玉菌は多ければ多いほど良いと思ってる人がいますが、実はそうではありません。

善玉菌と悪玉菌、そして他の菌とのバランスがとても大切で、それをお花畑に例えたのが腸内フローラです。

腸内フローラがきれいな人ほど、バランスが良い腸を持った人と言え、寿命にまで影響を与えるのです。

バランスの良い食生活と適度な運動が大切で、飲酒や喫煙は悪影響をあたえるので、できるだけ避けるようにしましょう。

また、乳酸菌も腸にはとても良い成分なので、ヨーグルトや発酵食品を積極的に摂るようにしましょう。

口臭は、体のバロメーターともいえるものです。

健康的な体を手に入れて、口臭を退治しましょう!

冬は便秘になりやすい!その原因とは?

暖房

冬になると便秘が悪化する人が多いそうです。

私もようやく改善してきたひどい便秘が寒さと共に元に戻りつつあります。

その原因はいくつかあるようで、一つは水分不足。

夏は暑さから水分を補給しなくてはならないという気持ちになりますが、冬になると逆に寒さから水などを飲むことが少なくなります。

お茶などの温かい飲み物を飲めばいいのですが、手軽に飲めるのはやはり水なのです。

あまり喉が渇かなので水分が不足している実感がありませんが、実は空気が乾燥していることと、暖房によって体内の水分は自分が思っている以上に不足しているそうです。

また、もう一つの原因は運動不足です。

冬は寒さからじっとして過ごすことが増え、お腹の周りの筋肉も緩んでしまうのです。

適度な運動は腸の働きを活発化させ、排便を促す効果があるので、冬こそ運動をするように心がけましょう。

そして最後に冷えです。

冬はどんなに暖かな服装を心掛けていても、体の芯が冷えているものです。

手足が一日中冷たいなんて人も多いですよね?

私も、かなり厚着をして出かけますが、顔だけが暑くなり手足が冷たいまま、なんてことが多いので、結局どんな服装が良いのか分からなくなります。

これは、服装に頼り過ぎるのではなく、体内の血流を改善し、体温を上げることで解消した方が良いようです。

体温が上がると、免疫力や代謝が上がり女性のとっては嬉しいことばかりなのです。

対策

冬に便秘が増える原因がお分かりいただけたと思います。

それでは、これらの原因からくる便秘は、どのように解決したら良いのでしょうか?

まずは、体ん巡りを改善するためにサラサラの血液を目指しましょう!

夏は水分不足からドロドロ血になりやすいと言われていますが、冬も脱水しやすく体も冷えるため、血液がドロドロになります。

おすすめは、湯船に浸かる際に体を温める効果のある入浴剤を使い、ゆっくり浸かります。

その後、温かい飲み物をゆっくり飲んで水分補給し、ストレッチをしましょう。

冬はお風呂に入ってから時間が経つと体が冷えてしまい、湯冷めしてしまうので早めに布団に入るようにします。

寝る前に体の巡りを改善してあげると、リラックス効果があり質の良い眠りを得ることもできますし、便秘改善にもつながります。

ちょっとした工夫で、便秘改善だけではなく病気に負けない体まで手に入れることができるのです。

冬におすすめ!便秘を一気に解消する料理とは?

便秘を改善するには、食べ物もとても大切です。

とは言っても、良いと言われる食品を毎日毎日食べ続けなくてはならないのは、苦痛でしかありません。

できれば、自分が好きな料理に使って美味しく便秘改善したいですね。

冬は便秘になりやすいと言われていますが、毎日の食事で解消することができます。

おすすめは、野菜たっぷりの鍋です。

夏はさすがに暑すぎて鍋を食べる気になれませんが、冬は寒い外からかえってきてアツアツの鍋なんて最高です。

どんな鍋でも良いので、白菜や大根、ニンジン、こんにゃくなど食物繊維たっぷりの美味しい野菜を入れます。

もちろん、肉や魚も入れてOKですが、野菜を中心に食べるのがおすすめです。

野菜が便秘解消に効果があると言うのは、誰でも知っていることですが、生野菜をいくら食べても効果はありません。

逆に体を冷やす原因になってしまうので、気を付けなくてはなりません。

鍋は、そういう意味でも温野菜としてたっぷり食べられるので、一気に便秘を解消できる可能性があります。