夏は便秘が悪化しやすい

スイカ

夏は普段快便な人でも便秘になりやすいようです。

夏と便秘はあまり結びつかないような気がしますが、実際は便が硬くなり排便しにくくなる季節なのです。

なぜなら、冬に比べて汗をかきやすく知らず知らずのうちに体内の水分量が低下しています。

そうなると、当然腸内の水分も不足するため便が硬くなってしまいます。

便が硬くなると腸の中で動かなくなり、石のようになってしまい便秘に陥ります。

そうなると、簡単には便秘は解消せず薬に頼ることになってしまいますね。

また、夏は食欲が低下する人が多く便の元になる食べ物が足りていないことも原因の一つです。

冷たい飲み物や食べ物ばかり口にすることで、腸内が冷え機能が低下することも考えられます。

ですから、特に夏は普段よりも多くの水分を摂取するように心がけ、飲み物もできるだけ常温か温かくして飲むように気を付けましょう。

ついのど越しの良いソーメンやアイスが食べたくなりますが、エネルギーが必要な季節だからこそ、栄養を考えた食事も大切ですね。

フルーツが美味しい時期でもあるので、旬のものを食べると便秘解消にもなりおすすめです。

汗をかきやすい人は便秘しやすい?

人よりも汗をかきやすい新陳代謝の良い人は便秘をしやすいのでしょうか?

確かに、ちょっと動いただけで汗が出てしまうのですから、体内の水分は不足しがちかもしれません。

しかし、その分しっかり水分補給をすることで代謝が良い人でも便秘になることはありません。

ただ注意しなくてはならないのが就寝前です。

寝ている時はコップ2杯分の汗をかくと言われていますよね。

代謝の良い人はそれ以上に汗をかいてしまうので、寝る前に必ず水を飲んでから寝るようにしないと、特に夏は脱水状態になってしまうのです。

代謝の良い人は便秘になりやすいと言う人がいますが、実際は体のめぐりが良いため快便の人が多いのです。

常に体の毒素が排出されているので、血液もサラサラな人は多く、腸内環境も整いやすい状態にあります。

ですから、普通の人に比べてむしろ便秘になりにくい体質と言えるのです。

新陳代謝が良いと、エネルギーを消費しやすく痩せやすいのです。

食べても太らない体を手に入れるのは、新陳代謝を高めることが大切で、そのために体温を上げる方法があります。

体温が少し上がるだけでエネルギー消費量がグンと上がるため、食べたものをどんどん消費してくれるのです。

そんな夢のような体を是非手に入れたいですよね。

体温を上げる方法

生姜

最近を上げると、痩せる、健康になるという本がたくさんありますよね。

テレビや雑誌でも取り上げられているので、知っている人は多いと思いますが、自分の平熱を上げるのは意外と大変です。

現代人は平熱が低いと言われており、昔の人は37度くらいが普通だったそうです。

私は平熱が35度台なので、もし37度もあればフラフラしそうです。

しかし、この体温がウイルスから身を守り抵抗力を高める効果があるそうです。

また、代謝が良くなるので食べも太りにくく、便秘知らず、肌のつるつるになり良いことばかりなんです。

その方法として挙げられるのが、筋肉量を増やすこととと食事です。

食事とは、生姜や黒ゴマなど体を温める効果があるものを中心に、サラダではなく根菜の温野菜などを摂取すると良いそうです。

生姜を毎日摂取するのが難しい人は、生姜紅茶がおすすめです。

朝食に暖かい紅茶の中にすりおろした生姜とハチミツを入れたもので、これを飲むだけで体が温まり代謝が上がります。

平熱は簡単には上がりませんが、毎日習慣にすることで無理なく代謝の良い体を手に入れることができます。

妊娠中でも出来る便秘解消法

妊娠中の便秘 ガス

妊娠中の便秘が赤ちゃんの成長を確認する際に、邪魔になることがお分かりいただけたと思います。

言い換えると、何か問題があった時の早期発見を妨げることにもなりかねないのです!

他にも妊娠中の便秘は様々なトラブルの原因になってしまうので、できるだけ早めに解消する必要があるのです。

とは言っても妊娠中は普段と同じ便秘解消法を同じように行うことはできません。

便秘薬や下剤も絶対に使うことができないため、限られた方法になってしまいそうです。

しかし、毎日の食生活や生活習慣をに直すことで、妊娠中の便秘を解消することができるのです。

どうしても改善しない場合は、必ず産婦人科で薬を処方してもらい、赤ちゃんに影響がないように気を付けましょう。

妊娠中便秘 オリゴ糖

ヨーグルトやオリゴ糖など、善玉菌を増やす効果がある食べ物や飲み物を意識すると、腸内環境が整い便秘解消になります。

また、十分な水分と適度な運動を心掛け、焦らずにできることから始めてみてください。

きっと、徐々に効果が出てエコーにも便が映ることがなくなるはずです。

コーヒーと便秘の関係 便秘になる?改善する?

便秘とコーヒー

コーヒーを飲み過ぎると便秘になると言う人や逆に下痢をすると言う人がいるのですが、本当はどちらの作用があるのでしょうか?

コーヒーにはカフェインが含まれるためそれが胃や腸を刺激し便意を感じる人がいる一方、利尿作用によって体内の水分が奪われ便が硬くなるため便秘になる人がいます!

カフェインはコーヒーにかぎった物ではなく緑茶や紅茶にも含まれるので同じことが言えるかもしれません。

どちらの効果が出るのかは人それぞれで胃腸が比較的敏感で弱い人はコーヒーを飲むだけで下痢をし、胃腸が強く毎日何杯もコーヒーを飲む人は便秘しやすいのでもしコーヒー好きで便秘の人は少し量を減らすことで解消するかもしれませんね!

また、水分不足や腸の筋力が低下することで起こる弛緩性の便秘の人はコーヒーの利尿作用でより便秘がひどくなることがあるので気を付けましょう!

コーヒーを便秘薬に使うのはあまり良いことではなく、胃腸が弱い人は特に過剰摂取によって胃腸を傷めてしまう可能性があので、やはり便秘解消には適度な運動と食生活の改善が一番重要です!

コーヒーを飲むことが毎日の習慣で楽しみと言う人も少なくありませんが、もう一度自分の体調とコーヒーの量が合っているのか考えてみてはいかがでしょうか?

 

困ったお年寄りの便秘・・その解消法とは?

高齢者の便秘

年齢とともに腸の働きも鈍くなるため便秘がちになるお年寄りが多いようで、いつも通っている病院で便秘薬を処方してもらう人もいるようです。

誰でも老化はおとずれるもので避けては通れませんよね?

しかし、年をとっても腸内環境が整っている人は病気になりにくく健康に人生を全うできるという研究結果があり、最近は腸内環境が寿命にまで影響を及ぼしていると言われています。

しかし、お年寄りの便秘解消は若い人と同じでは危険が生じることがあり「○○をすれば便秘が治るよ!」と安易に勧めることはとても危険なのです!

例えば、朝起きて冷たい水を1杯飲むことで腸を目覚めさせ排便を促す効果があると言われていますが、これをお年寄りがやると内蔵が冷えてしまい他の機能まで鈍くなってしまう可能性があるのです!

お年寄りが体を急に冷やすこと自体とても危険なことなんですよね・・もう一つ私たちにとって便秘解消と言えば食物繊維ですが、お年寄りが食物繊維をたくさん摂取してしまうと逆に便秘が悪化してしまう可能性があるのです!

そのため、消化力が落ちているお年寄りに大量のサラダや海藻類を食べさせることは避けた方が良いようです。

良かれと思ってやっていることが逆の体の機能を悪化させている可能性があるので、もし家族などで便秘に悩むお年寄りがいたら注意してあげないといけませんね!

若い人に効果がある事でもお年寄りには逆効果なことが多いと理解しないと体調を崩すことにもつながります。

それではお年寄りの便秘には何が効果的なのでしょう?もちろん規則正しい生活と食生活、無理のない程度の運動は必要ですが、それに加えて善玉菌を増やす効果が高い食品を上手に摂取することが必要なのです!

善玉菌は腸内環境を整えてくれるのでその餌になるオリゴ糖を含んだ食品がおすすめで、手軽に摂れる顆粒のものやシロップもありますがヨーグルトや牛乳などからも摂取できるので、毎日少しずつ続けてみてはいかがでしょうか?

食事量が少ないお年寄りは体を全く動かさない傾向にあります。

どこも悪いところがない人は積極的に外に出て散歩をしたり地域の人との交流を深めることで、生活にメリハリができ動いた分お腹が空き食事量も増えるはずです!

激しい運動はできなくても家事をこなしたり買い物に行く、ゴミだしをするなど自分の役割を見つけて適度に動くことが大切なのかもしれません。

健康で長生きするためにも便秘を解消して毎日の生活と食事を楽しめるようにしたいですね!