ヨーグルトや牛乳でお腹がグルグルするのはなぜ?

ヨーグルト

お腹の調子が悪くて下痢や便秘になってしまう人は多くいるでしょう。

お腹の不調は誰でも一度は経験するのですが、下痢は外出時に不安になるから嫌ですし、便秘は腹痛を起こしたり肌荒れの原因にもなりますので厄介です。

こうしたお腹の不調で悩んでいる人の中には便秘を解消しようとしてヨーグルトを食べたり牛乳を飲んだりした人もいるのではないでしょうか。

その時にお腹がグルグルしたという人もいるでしょう。

お腹に良いはずのヨーグルトや牛乳でお腹がグルグルするのはおかしいと思ったこともあるでしょう。

では、ヨーグルトや牛乳でお腹がグルグルするのはなぜでしょうか?

それはラクターゼという酵素に原因があります。

まず牛乳ですが、牛乳には甘味を出す成分の乳糖が含まれており、その乳糖を体内でラクターゼが分解しています。

しかし、ラクターゼが少ないと乳糖を消化しきれなくなってお腹がグルグルします。

また、乳糖はラクターゼによって分解されると腸から吸収されますが、ラクターゼが少なくてしっかり分解されないと腸内に残ってガスを発生させることもあります。

その発生したガスもお腹がグルグルする原因となるのです。

これを乳糖不耐症と言います。

ヨーグルトでもお腹の中では同じようなことが起こり、ヨーグルトは乳酸菌の乳糖分解酵素で乳糖を分解しますが、全てを分解しきれないため乳糖不耐症の症状があらわれることもあります。

このようなことからも分かるように、ヨーグルトや牛乳でお腹がグルグルするのはラクターゼが少なくなることによって消化不良などを起こすからです。

だから、ヨーグルトや牛乳でお腹がグルグルする人は乳糖分解済み牛乳を飲んだり温めてゆっくり飲んだりすると良いでしょう。

 

日本人に合わない食べ物

日本人と外国人では体質が違いますので、外国人に合う食べ物を食べても日本人には合わないという可能性があります。

環境的要因や遺伝的要因などもあって日本人に合わない食べ物はありますが、では日本人の体質に合わない食べ物とは何でしょうか?

それはオリーブオイルや赤ワイン、牛乳やヨーグルトなどの乳製品、さらには日常生活で当たり前のように飲んでいるカフェイン入りのお茶やコーヒーなどです。

オリーブオイルを日本人が大量に摂取すると心臓病や生活習慣病の発症率を上げる可能性があり、日本人は外国人に比べて内臓脂肪がつきやすいのでオリーブオイルのような油は合わないのです。

牛乳やヨーグルトは乳糖不耐症を起こすことがありますし、カフェインは不安定な気持ちにさせるとされています。

赤ワインにはポリフェノールが含まれていますので悪玉コレステロールの酸化を防いで動脈硬化が防げるとされています。

だから、日本人でも赤ワインを飲む人が多いですし、ポリフェノールを摂取することは良いことですので話題になっています。

しかし、ポリフェノールをアルコールで摂取するのが日本人には良くないのです。

日本人の多くはアルコールを分解する酵素の働きが弱いため、ガンなどの病気を発症しやすくなるからです。

適量なら問題ありませんが、日本酒で1日に1.5合飲む人は全く飲まない人に比べて発症率が8倍くらいになります。

 

下痢をしやすい、便秘になりやすい食べ物

腹痛

下痢をしやすい食べ物は乳製品や香辛料が入ったもの、冷たい物や油が多い肉などです。

乳製品は乳糖不耐症になりやすいですし、香辛料は胃や腸の粘膜を傷付けたり交感神経を刺激して下痢になりやすいと言われています。

逆に便秘になりやすい食べ物はタンパク質を多く含んだ肉類やタンニンを含むもの、冷たい物やカフェインを含むものなどです。

このような下痢をしやすい食べ物や便秘になりやすい食べ物は人によって違いますので自分の体質に合った食べ物を見つけることが重要となります。

生理前に便秘になるのはなぜ?

普段は便秘とは無縁の人でも、生理前になると必ずと言っていいほど便秘で苦しむ人が多いようです。

生理前と言えば・・・体は水分をため込みむくみやすくなるので、便秘にもなりにくいような気がしますよね?

しかし、実際には黄体ホルモンの影響で腸内機能が低下し、普段よりも腸の働きが鈍くなってしまうのです。

それに加えて、体内の水分は生理のためにためているもので、腸内は水分が不足していることが考えられます。

食欲がなくなるからという説もありますが、逆に食欲は増しますよね?

駄目だと分かっていてもつい食べてしまう・・・そんな時期なので、これは当てはまらないと個人的に思っています。

生理前は色々な体の変化があり、イライラ、腹痛、頭痛、不眠・・本当に不快なものばかりなに、これに加えて便秘なんてたまりません!

生理前の便秘の特徴は、とにかく便の水分がなくなりコロコロとしたウサギの糞のような状態になります。

出たとしてもすっきり感がなく、腹痛を伴うケースも多いようです。

元々、肌荒れをしやすい時期ですが、便秘が重なるとより深刻な状態になってしまいます。

生理前は体温が低下する時期なので、なるべく温かい飲み物を選び、体を冷やさないことが大切です。

逆に下痢になる人も

生理前は便秘になりやすい時期ですが、逆に下痢になる人もいます。

実は、この便秘と下痢に時期は微妙にずれており、生理まえ1週間は便秘気味、直前から生理中は下痢になるのが一般的です。

もちろん、どちらも当てはまらない人も多いのですが、お腹が弱い人は特にこのような状態になりやすいのです。

これは、先ほど説明した黄体ホルモンが減少することで腸の働きが活発になるためです。

生理の1週間前は黄体ホルモンが急激に増えて腸の働きを抑制しますが、生理直前から生理中は黄体ホルモンが減るのです。

腸が急に働き出すことで下痢になってしまう人がいると言うことなのです。

また、生理前はストレスが溜まりやすくイライラしてしまいますよね?

それが心理的な要因で下痢になる人もいるようです。

便秘もとても嫌なものですが、下痢は仕事や勉強中に襲ってくる可能性が考えられます。

市販でも下痢止めがあるので、上手に利用して気楽にとらえた方がよさそうです。

考えすぎると余計下痢が止まらなくなってしまうそうなので注意しましょう。

ホルモンバランスと腸内環境を整える

ほっと

生理前の便秘を解消するには、ホルモンバランスと腸内環境の両方を整える必要があります。

とは言っても、生理前には黄体ホルモンの量が増えたり減ったりしますので、ある程度は仕方がないのです。

しかし、女性ホルモンのバランスが崩れると、生理不順や生理痛など様々な不調が出てしまい、酷い便秘や下痢もその中に含まれます。

女性ホルモンを整える方法は、ありきたりではありますが食生活や生活習慣を整えることと、適度な運動、それに加えて豆乳などの豆製品を摂取するのがおすすめです。

特に年齢を重ねると女性ホルモンの分泌量が減るので、その代わりになると言われている豆乳はとても効果的な飲み物です。

また、体を冷やさないように冷たい飲み物を避ける、エアコンで冷やしすぎないのも大切です。

できれば夏でも湯船に浸かった方が良いと言われていますが、これはのぼせる可能性も考えられるので、真夏はぬるめに設定するかシャワーで十分だと思います。

実は腸内環境もホルモンのバランスを整える方法とほぼ同じで、特に食生活に注意しバランスよく食べることが大切です。