何をしても治らない便秘には引き算生活が効果的

ヨーグルト

便秘解消法がこれだけたくさんあり、生活面や食生活で注意するべき点も熟知している。

それらすべてを実行していてもまったく便秘が治らない人が多いようです。

私の職場にも薬を飲まないと全く出ない人がいて、毎回「ヤバイ・・トイレ行ってくる」と言っては猛ダッシュでトイレに駆け込んでいます。

私たちはどうしても苦しいなら休みの日に薬を飲めばいいのに・・・と思ってしまいますが、彼女曰く毎日のことだから仕方がないそうです。

仕事中に酷い腹痛に襲われるなんて怖いですよね?

それが、トイレのない場所や電車やバスの中だったらと考えると寒気がします。

彼女は、テレビで便秘の特集があると必ず録画して何度も観るそうで、知識だけは豊富なんです。

しかし、たくさんの便秘解消方法を行っているにも関わらず、一向に解消しないのは何か問題があるとしか言いようがありません。

誰かに効果的な方法でも必ずしも自分に効くとは限りませんし、逆に便秘を悪化させている可能性があるのです。

ですから、様々な「便秘に効果的なこと」を実践している人は、不必要なものや悪化させていることを取り除かなくてはなりません。

意外と一番信じていた方法が自分には合っていない場合もあるので、一から見直してみるのも良いかもしれません。

また、便秘解消法ではなくても毎日の習慣の中に便秘の原因になっていることがあるかもしれません。

ですから、引き算生活をすることで本当に自分に必要なことが見えてくるはずです。

ヨーグルトや野菜が便秘の原因?

サラダ

便秘解消のためにヨーグルトや野菜をたくさん摂取している人が多いようです。

確かに、ヨーグルトは乳酸菌の効果で腸内の善玉菌を増やす効果が期待できますし、野菜には食物繊維がたっぷり含まれています。

どちらも今すぐに便秘を解消したい人には、毎日でも摂取したいものですよね。

また、これらの食べ物を毎日たっぷり摂取していても、全く便秘解消効果が感じられなくても、食べるとの止めると今以上に悪化してしまう不安があるのかもしれません。

実は、多くの日本人にはヨーグルトに含まれる乳糖を分解する酵素を持っていないそうです。

酵素を持っていないのですから当然十分分解できず体にとっては大きな負担になってしまいます。

ですから、ヨーグルトを食べて便秘が解消していると思っている人の多くは、快便ではなくお腹を下している可能性が高いのです。

もちろん、乳糖を分解する酵素を十分に持っている人にとっては健康的な食品であることは間違いありませんが、ヨーグルトを食べるとお腹がグルグルする、下痢をすると感じている人は、思い切って止めてみましょう。

また、野菜は便秘に効果的なものとそうではないものがあり、便秘の種類によっても必要なものが違います。

特に女性が好んで食べるサラダは体を冷やし便秘を悪化させる可能性があるので、できるだけ温野菜にして食べるようにしましょう。

個人的には葉物野菜よりも大根が便秘解消に最適だと考えています。

また、健康のために取り入れているサプリメントのなかにも、便秘の原因になるものがあります。

代表的な成分が鉄分です。

女性は貧血になりやすいため、毎日サプリメントで取り入れている人が多いようです。

しかし、これが便を固くしてしまう原因かもしれません。

もし、心当たりがある人は一時的に摂取を止めてみてはいかがでしょうか?

このように、毎日の生活の中で体のために、便秘解消のために取り入れていることが逆に便秘を悪化させている可能性があります。

これらを知るためには、思い切ってそれらのすべてを一時的に中止し、シンプルな生活に切り替えてみてはいかがでしょうか?

きっと、何か新たな発見があるはずです。

便秘解消にはどのようなヨーグルトを選ぶべき?

ヨーグルト

酷い便秘には毎日の乳酸菌摂取が大切だと言いますよね?

手軽に食べられるヨーグルトを便秘解消に利用している人も多く、

スーパーやコンビニにはたくさんの種類が並んでいます。

便秘解消

私も便秘解消と美容のために毎日ヨーグルトを食べていますが、

子供には3個で100円の安いものを買い、

自分だけフルーツ入りやナタデココが入った

ちょっとリッチなものを買うのが密かな楽しみです。

でも・・肝心の便秘解消効果はいまいち感じることができず、

単なるデザートとして食べている気がするのです。

やはり、便秘を解消するためには成分にこだわって選ばなくてはならないのでしょうか?

パッケージに、「腸まで届く」「乳酸菌」と書いてあると、

それだけで便秘に効果があると思いがちですが、

本当に善玉菌を増やし、便秘に効果があるのかは分かりませんね。

せっかく毎日食べるものですから、どうせなら腸内環境を整え、

便秘解消と健康、美容に効果があるものを選びたいものです。

 

以前、テレビ番組で便秘解消の特集があり、

興味深く観ていましたが、ヨーグルトなど食べ物に含まれる乳酸菌は腸に届く前に

そのほとんどが胃の中で死滅してしまうと言うのです!

腸に届いてほしい乳酸菌ですが、

どうしても胃を経由しなくてはならず、その旅の途中で死んでしまうのです。

しかし、全てが死滅するわけではなく、中には生き残る乳酸菌もいるそうです。

その乳酸菌が腸に届くことで、便秘解消効果が得られるようです。

ですから、いかに質の良い乳酸菌をなるべく多く腸に届けるからカギになりますね。

 

スーパーで購入できるヨーグルト

私たちがいつも買い物をするスーパでヨーグルトを選ぶ際は、

どのような点に注目したらいいのでしょうか?

しっかり腸まで届き善玉菌を増やしてくれるヨーグルトを選ぶために、

いくつか覚えたおいたほうが良いことがあります。

ヨーグルトは、便秘解消や美容、免疫力向上、アトピー性皮膚炎の改善・・

たくさんの健康効果が得られると思っている人が多いようですが、

実際は、ヨーグルトによって含まれる菌に違いがあります。

その菌の種類によって、健康効果が違うため何を目的に食べるのかを明確にすることが大切なのです。

ここに載せることはできませんが、調べてみるとどのヨーグルトが何に効果があるのかを一覧にした資料があります。

それを参考にすることで、何でも良いから特売のヨーグルトを購入するのではなく、

本当に効果があるものを選べるようになります。

 

便秘に効果が出る食べ方

せっかく毎日ヨーグルトを食べるのであれば、

腸までしっかり届き効果が出やすい食べ方を実践したいですよね!

ほとんどの人がプレーンなら砂糖やハチミツ、ジャムなどで味を加えて

そのまま食べるはずです。

最初から味がついているものもありますが、

なんとなくおやつ感覚になってしまい飽きてしまいますし、

便秘に効果がないように感じてしまいます。

夜

朝食はヨーグルトだけという人も多いのではないでしょうか?

これは、朝排便する人が多いためかもしれませんが、

実際は朝ではなく夜食べた方が効果が出やすいのです!

夕食後のデザートとしてヨーグルトを摂取すると、

腸の働きが一番活発になる夜中に乳酸菌が届くというわけです。

また、同じ種類のヨーグルトではなく、

1.2カ月に一度変えてみると効果が持続します。

同じ菌を摂取し続けることで腸が慣れてしまうのかもしれませんね。

 

このように、便秘のためにヨーグルトを食べることはとても良いことです。

しかし、選び方や食べるタイミングを間違えると、

せっかくの効果が半減してしまいます。

ヨーグルトの乳酸菌の力を最大限に発揮できるようにし、

便秘解消を目指してみてはいかがでしょうか?

ヨーグルトは、本当は便秘に効果がない?

ヨーグルト

便秘がちな人は積極的にヨーグルトを摂取しているのではないでしょうか?

しかし、毎日に欠かさず食べているのに効果が出ない人が多いようです・・これはせっかくヨーグルトでビフィズス菌を摂取しても間違った食べ方をしているために効果が出ないのです。

ただやみくもに毎日ヨーグルトを食べ続けることで便秘解消になると思っている人が多いようなのですが、実はビフィズス菌が腸内に入ってもそれだけでは活動することができないため、餌となる食松繊維を同時に摂る必要があります!

そんなことを知らずに朝ごはんにヨーグルトだけをたくさん食べていた人もいるのではないでしょうか?また、腸内環境を整える目的でヨーグルトを摂取する際は、朝ではなく夜食べる方が効果が高く、夕食に食物繊維豊富なメニューを取り入れることと、砂糖ではなく蜂蜜をプラスするとオリゴ糖も摂取できるので、甘いデザートの代わりに蜂蜜入りのヨーグルトを食べるのが一番効果的なのです。

ヨーグルトには確かに便秘を解消することができるビフィズス菌がたくさん含まれていますが、それだけを摂取すれば良いと言うわけではなくしっかり働いてもらうための環境作りが大切なんですね!食べ方を間違えると全く意味がなくなってしまうので気を付けましょう!