コーヒーと便秘の関係 便秘になる?改善する?

便秘とコーヒー

コーヒーを飲み過ぎると便秘になると言う人や逆に下痢をすると言う人がいるのですが、本当はどちらの作用があるのでしょうか?

コーヒーにはカフェインが含まれるためそれが胃や腸を刺激し便意を感じる人がいる一方、利尿作用によって体内の水分が奪われ便が硬くなるため便秘になる人がいます!

カフェインはコーヒーにかぎった物ではなく緑茶や紅茶にも含まれるので同じことが言えるかもしれません。

どちらの効果が出るのかは人それぞれで胃腸が比較的敏感で弱い人はコーヒーを飲むだけで下痢をし、胃腸が強く毎日何杯もコーヒーを飲む人は便秘しやすいのでもしコーヒー好きで便秘の人は少し量を減らすことで解消するかもしれませんね!

また、水分不足や腸の筋力が低下することで起こる弛緩性の便秘の人はコーヒーの利尿作用でより便秘がひどくなることがあるので気を付けましょう!

コーヒーを便秘薬に使うのはあまり良いことではなく、胃腸が弱い人は特に過剰摂取によって胃腸を傷めてしまう可能性があので、やはり便秘解消には適度な運動と食生活の改善が一番重要です!

コーヒーを飲むことが毎日の習慣で楽しみと言う人も少なくありませんが、もう一度自分の体調とコーヒーの量が合っているのか考えてみてはいかがでしょうか?