妊娠中にお腹が苦しいのは便秘によるガスとは限らない!

妊娠中の便秘

妊娠中はホルモンバランスが通常とは異なるため、体に色々な変化が出るものです。

特に便秘になる人はとても多く、ふだん経験したことがないお腹の張りと苦しさを何とかしたいと思うはずです。

妊娠中は簡単に便秘薬を飲むことができないので、食事などで便秘解消を考えるしかありません。

ひどい場合は、妊娠中でも退治に影響のない薬を処方してもらえますが、できれば薬の服用は極力避けたいですよね。

妊娠中だけに限りませんが、便秘になると腸内には便だけではなくガスが発生し、お腹が苦しくなることがあります。

後期になると、胎児の成長によって内臓が圧迫されることで、その苦しさは普段以上かもしれません。

それを防ぐには便秘にならないように予防する、なるべく早く改善することが大切です。

食生活では、食物繊維を多めに取り、便のかさを増やしてくれる白米も重要です。

妊娠中は体重の増加が気になり、炭水化物を抜く人が多いようですが、とても危険なのでやめましょう!

パンやパスタなどを控えるのはおすすめですが、白米は貴重な栄養になり、便秘解消に不可欠なのでバランスよく取り入れるようにしてください。

それほど便秘ではないけど、お腹がパンパンで苦しい・・

痛みや出血がない場合、つい便秘やガスが溜まっているせいだと勘違いしてしまいますが、実は危険な場合があるので自己判断はせずに、病院に行くことも大切です。

おなかが苦しい!便秘でガスが溜まった時の対処法

お腹ガス

便秘がちな人や隠れ便秘の人は、ガスが溜まることでお腹が苦しくなったり、痛みを感じることもあります。

隠れ便秘とは、自分では便秘だと自覚していないが、実はお腹に便が溜まっている人のことです。

なぜ、ガスは痛みを伴うほど溜まり、排出されないのでしょうか?

便秘がちの人は、腸の中にどんどん便が溜まっていきます。

排出されないのに食べるのですから、腸の中は水分を吸収された石のように硬くなった便でいっぱいになります。

それだけで、お腹が苦しいはずなのに、その何日も腸内に留まっている便から毒ガスが発生するのです!

お腹にガスがたまる
便は不要物であり、食べ物ですから長時間温かい体内に留まると言うことは、当然腐敗が進み悪臭がするガスが発生するのです。

しかし、便に囲まれているため、なかなか排出されず膨れ上がり、ひどくなると痛みを伴います。

便秘だけではなく、ガスまで溜まったお腹は外見でも分かるほど膨れ上がり、ひどくなると普段のパンツやスカートが入らない!なんてことにもなりかねません。

お腹のなかに毒ガスが充満していると想像してみてください。

苦しいだけではなく、健康にも悪影響を及ぼすと思いませんか?

早く便秘とガスを改善して、すっきりしたお腹を手に入れましょう!

 

苦しいお腹のガスをすぐに解消する方法

便秘でガスが溜まった時、どのような解決方法があるのでしょうか?

一般的には、長期間便秘が改善されない場合は、薬に頼ることが多いはずです。

ドラッグストアには便秘に効果的な薬がたくさん並んでおり、下剤や整腸剤、浣腸などがあります。

これらの薬を使って便を出す方法もありますが、私がおすすめしたいのが、ガスを潰す効果がある薬です。

これを飲むことで、苦しいお腹のハリが徐々に治まり、その後も腸内からガスが発生するのを抑制する効果があるのです。

下剤などのように無理に便を出す不快感や痛みを伴わないので、仕事や学校がある日でも安心して服用することができますね。

腸内環境を整える効果が期待できるので、ガスの発生を抑えるだけではなく、便秘解消も同時にできるため、便秘によってお腹にガスが溜まりやすい人に最適な薬ではないでしょうか?

このように、お腹のガスに効果がある薬もありますが、根本的な便秘解消にはなりませんので、生活習慣や食生活の見直しが最も大切なのです。

どんなにスレンダーできれいな人でも、お腹がポッコリなんて恥ずかしいですよね?

肌荒れや、食欲不振、むくみなどの症状も出るので、できるだけ早く便秘を改善しましょう!

安全なおすすめ解決法=サプリで便秘解消