困ったお年寄りの便秘・・その解消法とは?

高齢者の便秘

年齢とともに腸の働きも鈍くなるため便秘がちになるお年寄りが多いようで、いつも通っている病院で便秘薬を処方してもらう人もいるようです。

誰でも老化はおとずれるもので避けては通れませんよね?

しかし、年をとっても腸内環境が整っている人は病気になりにくく健康に人生を全うできるという研究結果があり、最近は腸内環境が寿命にまで影響を及ぼしていると言われています。

しかし、お年寄りの便秘解消は若い人と同じでは危険が生じることがあり「○○をすれば便秘が治るよ!」と安易に勧めることはとても危険なのです!

例えば、朝起きて冷たい水を1杯飲むことで腸を目覚めさせ排便を促す効果があると言われていますが、これをお年寄りがやると内蔵が冷えてしまい他の機能まで鈍くなってしまう可能性があるのです!

お年寄りが体を急に冷やすこと自体とても危険なことなんですよね・・もう一つ私たちにとって便秘解消と言えば食物繊維ですが、お年寄りが食物繊維をたくさん摂取してしまうと逆に便秘が悪化してしまう可能性があるのです!

そのため、消化力が落ちているお年寄りに大量のサラダや海藻類を食べさせることは避けた方が良いようです。

良かれと思ってやっていることが逆の体の機能を悪化させている可能性があるので、もし家族などで便秘に悩むお年寄りがいたら注意してあげないといけませんね!

若い人に効果がある事でもお年寄りには逆効果なことが多いと理解しないと体調を崩すことにもつながります。

それではお年寄りの便秘には何が効果的なのでしょう?もちろん規則正しい生活と食生活、無理のない程度の運動は必要ですが、それに加えて善玉菌を増やす効果が高い食品を上手に摂取することが必要なのです!

善玉菌は腸内環境を整えてくれるのでその餌になるオリゴ糖を含んだ食品がおすすめで、手軽に摂れる顆粒のものやシロップもありますがヨーグルトや牛乳などからも摂取できるので、毎日少しずつ続けてみてはいかがでしょうか?

食事量が少ないお年寄りは体を全く動かさない傾向にあります。

どこも悪いところがない人は積極的に外に出て散歩をしたり地域の人との交流を深めることで、生活にメリハリができ動いた分お腹が空き食事量も増えるはずです!

激しい運動はできなくても家事をこなしたり買い物に行く、ゴミだしをするなど自分の役割を見つけて適度に動くことが大切なのかもしれません。

健康で長生きするためにも便秘を解消して毎日の生活と食事を楽しめるようにしたいですね!