便秘が原因で痔になるのは本当?

便秘はお腹の張りや痛み、吐き気など様々な症状が出るためとても辛いですよね?

便秘が続くと痔になるという話もあり、特に女性にとっては恥ずかしいはずです。

痔と言えば、お酒を飲みすぎる中年男性がなる病気のようなイメージがあり、椅子に座ったりトイレに行くたびに激痛で顔をゆがめる姿を想像します。

病院でも医師や看護師さんに肛門を見せなくてはならないので、なかなか受診できずに悪化してしまいそうです。

もし、便秘が原因で痔になるのであれば、一刻も早く改善したいと思います。

便秘になると便が硬くなったり太くなるため、排便時に肛門が切れることがあります。

出血することもありますが、それがなくても切れた感覚があり、しばらく痛みが続きます。

便秘はどうしても肛門に負担がかかりうっ血してしまうため、いくつかの痔の原因になってしまいます。

実は、この痔が便秘を余計に悪化させてしまい、また痔も悪化してしまう悪循環に陥ってしまい可能性があります。

どういうことかと言うと・・・

例えば便秘によって便が硬くなると、排便時に肛門が切れてしまい軽い痔になってしまうことがあります。

少しでも切れるとかなり痛みを伴い、裂ける感覚も怖いため次の排便が怖くなってしまいます。

すると、便意を感じても排便を我慢してしまい、便秘が悪化してしまいます。

便がどんどん固くなり、排便時に肛門により負担がかかり痔が悪化してしまうのです。

これが、便秘と痔の悪循環です。

これに一度陥ってしまうと、なかなか抜け出せないので、とにかく便秘にならないことが一番大切です。

 

痔の種類

痔はいくつかの種類があります。

それぞれ原因や症状、できる部分が違うの覚えておきましょう。

内痔核・・・痔の中でも一番多いもので、妊娠出産時にできてしまう女性がとても多いのが特徴です。原因は、便秘や長時間のいきみなどで、痛みがないケースがほとんどですが、出血で気づくことが多いです。悪化すると痔核が肛門から飛び出してしまい、押し込まないと元に戻らなくなってしまいます。

外痔核・・・肛門の外に血豆のようなものができるのが外痔核です。出血は少ないですが、腫れると強烈な痛みを感じます。原因は便秘や下痢、アルコールや辛い物の食べすぎ、冷えなどがあります。

切れ痔・・・主に便秘が原因で、硬い便を肛門を通る時に避けてしまい出血を伴うことがあります。女性に多く、排便するたびに悪化することもあります。

穴痔・・・あまり聞きなれない痔ですが、その名の通り穴ができてしまい化膿して膿が溜まります。原因はストレスや免疫力の低下です。

 

治し方

薬

市販でも痔の治療薬がありますが、痔の種類によっては効果がないこともあります。

実際は市販薬で完治するのはかなり軽度な場合だけで、悪化すると病院で治療するしかありません。

恥ずかしいと思うかもしれませんが、痔は放っておくとどんどん悪化し最悪入院が必要な手術をするしかなくなります。

そうなると、学校や会社の人に痔の手術をすることがばれてしまいますよね?

それを避けるためにも、早めに専門医を受診することをおすすめします。

治療と並行し悪化しないように便秘治療薬を処方されることも多いので、痔と便秘の両方をしっかり治すことが大切です。

コメントを残す