何をしても改善しない便秘はねじれ腸かも!

「ねじれ腸」という言葉を聞いたことはないでしょうか?

酷い便秘で苦しんでいる人、何をしても改善しない人は、もしかしたら「ねじれ腸」が原因かも入れません。

腸がねじれるなんて恐ろしいと思いませんか?

ものすごい痛みが伴いそうですが、この病気、日本人にとても多いそうで気づかないうちに悪化している場合も。

ねじれ腸は「腸管形態異常」という病名があり、なんと日本人の8割もこの病気ではないかと言われているんです。

8割なんて驚きの数字ですが、ほとんどの人がこの病気なんですね。

腸が所々、不規則にねじ曲がった状態で、それが原因でスムーズに便が動かないため便秘になってしまうのです。

なぜ、日本人にねじれ腸が多いのかは、はっきり解明されていませんが、おそらく腸の長さが関係しているのではないかと言われています。

日本人は欧米人に比べて腸がとても長いのですが、これは昔からの食生活の違いが元になっているようです。

腸が長いためねじれやすいと言うわけです。

また、急速な食生活の変化から日本人の腸が追い付けない可能性もあります。

このように、ねじれ腸は決して珍しい病気ではありませんが、普通の便秘解消法を試しても、全く効果がないと嘆いている人は、腸がねじれているのかもしれません。

改善方法

それでは、ねじれてしまった腸を自力で治すことはできるのでしょうか?

手術をしてねじれた部分を元に戻すしか方法がないのでは・・・と不安になってしまいます。

実は、ねじれ腸に効果がある薬は今のところありません。

病院を受診しても便秘を解消するための、整腸剤や下剤が処方されることが多いようです。

また、よっぽどのことがない限り、手術をすることもありません。

ただ一つ効果があるのが、自分で腸をマッサージすることなのです。

もちろん、自分で腸のねじれている部分を知ることはできないので、全体をマッサージすると良いかもしれません。

やり方はとても簡単で、仰向けになって寝た状態で膝を立てます。

肋骨の下から骨盤のあたりまでに腸があるので、その部分を指を使ってマッサージしてみましょう。

柔らかい部分と硬い部分があるのが分かるはずです。

固い部分には便が溜まっているので、そこを中心にマッサージすると、早い人はすぐに便意を感じるようです。

このマッサージは力を入れすぎても、やさしすぎてもいけません。

適度な力で痛みを感じない程度に毎日行ってください。

一度で腸のねじれが治るわけではないので、毎日続けることが大切です。

それでも、改善しない場合は、他に原因があるかもしれないので病院を受診することをおすすめします。

理想的な腸

お花

それでは、健康で理想的な腸とはどのような状態なのでしょう?

最近よく言われているのが、腸内フローラのきれいさが腸の健康に関係していると言うことです。

腸内フローラとは、腸に存在する様々な菌の比率のことです。

私たちは、善玉菌こそが便秘を解消するために必要なものだと思い、それだけが増えれば良いと思いがちですが、実際は違うようです。

様々な腸内細菌は、それぞれの役割を持っており、悪玉菌もなくなっては困る菌なのです。

ただ増えすぎると悪影響が出るので、善玉菌と悪玉菌のバランスが重要なのです。

健康的な腸とは、消化吸収がきちんと行われ、便秘や下痢をしない腸のことですが、腸内フローラをきれいにすることで、それらすべてが叶うのです。

そのためには、ありきたりではありますが食事のバランス、特に日本人の腸に合った和食を多く摂取し、適度な運動と睡眠、ストレスをためないことが大切ですね。

コメントを残す