急な発熱!実は便秘が原因のことも

便秘は万病のもとと言われていますが、実は発熱することもあるのです。

特に子供は免疫力が弱くちょっとしたことで熱が出てしまいますよね?

しかし、その原因が便秘だと考える人は少なく、疲れや風邪でだと勘違いしてしまうのです。

大人は免疫力が子供ほど弱くはないので、便秘が原因で発熱するケースは少ないようですが、疲れがたまっていたり強いストレスを感じている場合は、一時的に免疫力が低下しているため発熱の可能性もあります。

発熱

それでは、なぜ便秘になると熱が出ることはあるのでしょう?

熱が出る時は主に病気をした時ですが、便秘になると腸内に悪玉菌が増えてしまいます。

この悪玉菌が毒ガスを発生させ熱が出ることがあるのです。

もちろん、便秘が必ず発熱につながるわけではありませんが、それだけ体に悪影響を与えてしまうことは間違いありません。

子供は体も小さく免疫力も弱いため、便秘による毒ガスはかなりダメージを与えてしまいます。

発熱自体体のどこかに異常が起きている証拠ですし、放置しては危険だと知らせてくれているのです。

便秘による発熱は判断しにくいものですが、便秘を解消すると同時に免疫力を高める生活が大切です。

実は、免疫力は腸内環境を整えることで高くなると言われていますので、善玉菌と悪玉菌のバランスを整える食生活を心掛けましょう。

他にもある意外な症状

発熱の他にも便秘になると様々な症状が出ると言われています。

私が一番気になるのは肌荒れやニキビです。

どんなに良い化粧品を使っても、便秘の時は何の効果もなく体内の毒素の怖さを感じてしまいます。

逆に便秘が解消された途端、肌荒れが一気に解消し顔色や質感まで変わるのですから、便秘がどれだけ体に悪いのかが分かります。

他にも、便秘が原因で精神的に落ち込んだリホルモンバランスが乱れることもあり、これは自律神経が乱れることで起こります。

便秘がちな人は腸の働きが鈍く、同時に自立神経が乱れがちになってしまいます。

腸は第二の脳とも呼ばれるほど精神的な部分とのつながりが大きいので、落ち込みやすかったりイライラするときは便秘が原因になっている可能性もあります。

あまり多くはありませんが、それがもとになりうつ病を発症することもあるので気を付けなくてはなりません。

便秘が原因で体臭、口臭がきつくなる

酷い便秘の人は口臭がきつくなると言われています。

口臭

同時に体臭やおならの臭いもきつくなるので、恥ずかしい思いをするかもしれません。

一般的な口臭は、歯磨きや唾液の分泌を促すことで解消しますが、それでも消えない臭いは便秘からきている可能性があります。

腸内にたまった古い便や悪玉菌から発せられる毒ガスは、血液に溶けて体中を巡ります。

毒ガスが体中を巡るなんて考えただけで怖くなりますね・・・

それが肺と通って口臭となって出てしまうのです。

便秘が原因の口臭ですから、強烈な臭いになるのは間違いありません。

実は、この便秘による口臭はまさに便の臭いがすると言われており、老化による加齢臭とは違った独特の臭いがします。

きれいな女性の口から便の臭いがしたらどうでしょう?

周囲の人は驚いてしまいますし、本人だって恥ずかしくて仕方がありません。

歯磨きやガムではこの臭いを解消することはできないのですから、便秘を解消し腸内環境を整えるしか方法がありません。

体臭やおならも同じで、全て毒ガスが原因なのです!

たかが便秘と考えてしまいがちですが、実際は様々な症状が出ることがあり、心と体にを健康に保つためには早めに解消しなくてはならないのです。

コメントを残す