自覚症状が全くない・・便秘って本当に体に悪いの?

毎日便が出なくても痛みや圧迫感などの症状がなければ便秘とは言えないと言われています。

しかし、これは1週間も出ない場合は話が違います。

2.3日でなくても・・と言うことであって、そこまでの場合は完全に便秘と言えるのではないでしょうか。

友人は子供のころからの便秘症で、それが慢性化したまま何も対策をしていないそうです。

あまりにも出ない時は下剤を使用して計画的に排便するそうで、まるで自由自在に操作しているかのようです。

朝、忙しい時間にトイレにこもらなくても良いので、逆に好都合なんてことまで言っているので、便秘の人が必ずしも悩んでいるとは限らないようです。

確かに、毎朝便をする習慣をつけるように言われますが、少しでも寝ていたい人にとっては、その時間を確保することが難しいのかもしれません。

1週間も便が出ないと普通はお腹の傷みや吐き気などの症状が出そうですが、慢性便秘の場合はそれが当たり前で何も感じないそうです。

ですから、特に何の不便も感じず生活ができると言うわけです。

確かに友人はすこぶる元気で食欲旺盛、肌もきれいです。

しかし、これは特殊な場合であって、普通は肌荒れや食欲不振など困った症状が出るのが一般的のようです。

 

体にどんな悪影響があるの?

自覚症状が全くなくても便秘は万病の元です!

きっと慢性的な便秘の人は、最初のころにはあったはずにお腹の傷みや苦しさに慣れてしまったのでしょう。

しかし、それは外に現れる症状のことであって、体には悪影響しかありません。

便秘は食べ物が長い時間体内に留まることです。

当然それは腐敗し、そこからガスが発生し血液中に溶け込んでしまい、ニキビや肌荒れなどを引き起こすします。

また、血流が悪くなることで肩こりや頭痛、抜け毛、生理不順など様々な症状が出るのです。

最近は、便秘が様々な病気にかかるリスクを高めると言われており、腸内環境を良く便秘とは無縁の人は、そのリスクが少ないと言われています。

そう言えば・・100歳近くまで生きた祖母はたくさん食べ、便秘とは無縁・・病院のお世話になることもなかったと思い出されます。

現代人は食生活や生活習慣の変化から便秘になりやすいと言われています。

日本人にはそれにあった食べ物があり、それ以外のものをたくさん食べてしまうと、どうしても負担になってしまうのです。

食物繊維や炭水化物、たんぱく質やビタミンなどバランス良く摂取できる和食を中心にした食生活に戻すことが、便秘改善には必要なのかもしれません。

コメントを残す