便秘、このような症状は危険

便秘になったらすぐに病院に駆け込むのか?

そんな人はいませんよね?

便秘が当たり前で、それが普通という人もいるかもしれません。

普段快便な人でも、何らかの原因で便秘になる場合もあり、食生活や運動不足だけではなく、老化やストレスも関係しているのです。

このような場合、しばらく様子をみてそれでも改善しない場合は病院に行くはずです。

慢性的な便秘の人は世間でよく言われるような便秘解消法では、全く効果が得られない場合が多く、効果があればそこまでひどくなることはなかったはずです。

長年便秘が改善しない場合は、すでに腸の機能が低下している場合が多く、?自力での回復は難しいかもしれません。

最近では便秘外来がある病院も増え、人気の医師は数か月待ちなんていうこともあります。

それだけ便秘で悩んでいる人が多いということですね。

また、便秘だけではなくほかの症状が伴う(例えば下痢や血便、腹痛)場合は、自分でも普通の便秘とは違うと分かるはずです。

このような場合は様子をみるのではなく、すぐに病院で検査することが大切です。

意外な病気が隠れており、急を要することもあり得るので、できるだけ早く受診しましょう!

 

この症状が出たら病院へ!

それでは、便秘を引き起こす病気とはどのようなものがあるのでしょうか?

・過敏性腸症候群

自律神経の乱れが原因で下痢や便秘になる病気で、近年とても増えています。

ストレスが多い環境の人や、元々神経質な人がかかりやすい病気です。

・橋本病

甲状腺機能が低下する病気で、全身の倦怠感とともに便秘の症状があります。

・大腸がん

大腸にできる癌で最近日本人にとても多い病気です。

便秘と下痢を繰り返す、血便が出るなどの症状があります。

このように、単なる便秘だと思っていたものが、実際は大きな病気が隠れていたなんてこともあります。

便秘が病気のサインの場合もあるので、何か変だと感じた場合は病院を受診しましょう!

コメントを残す