放置したら危険な便秘と病気の関係

「便秘を放置したら病気になるよ!」そんな言葉を聞いたことはありませんか?

便秘なんて多くの人が経験しているし、そんなに大げさなものではないと思うかもしれません。

なぜなら、便秘は現代病と言っても過言ではなく、食生活の変化から日本人が本来あまり得意としない肉や油を多く摂取するようになっのたことが原因と言われています。

便秘 放置
便秘になると腹痛は吐き気、肌荒れ、ニキビ、むくみなどの症状が出るため、健康や美容に悪影響があるのは間違いありません。

便が硬くなると腸を刺激しポリープを作る可能性や、排便時にうっ血し切れ痔やいぼ痔の原因になることもあるため、便秘を放置して健康に良いことは一つもありません。

しかし、便秘を放置したからと言って必ず深刻な病気になるのかと言えば、それはありません。

ほとんどの場合は便秘を長期間放置したから病気になるのではなく、病気によって便秘の症状が出たと考えたほうが正しいのです。

病気が隠れている便秘は、食生活や運動不足の場合とは違い、ほかにも何らかのサインがあるものです。

いつもと違う便秘や、何を試しても効果が出ないときは「もしかしたら・・」と疑ったほうが、病気の早期発見につながるのではないでしょうか?

コメントを残す