過敏性腸症候群 原因・予防法

過敏性腸症候群は最近良く聞く病気ですが、これは検査をしても特に異常が見つからないものの下痢や腹痛、便秘などが継続して起こるもので、はっきりとした原因は分からないものの精神的な不安やストレスなどが引き金になっていると言われています。

命に関係するものではないものの、通勤、通学、大切な仕事や試験の時に限って我慢できない腹痛や下痢に襲われることで、精神的に追い詰められ不安感からその症状がさらに悪化するなど悪循環が心配な病気なのです!

このような症状が出ることによって大切な場面で失敗してしまったり、チャンスを失うなどの支障が考えられるのです。

治療方法は生活や食生活の指導、薬物投与、精神的な治療があり、最初から精神的な部分まで踏み込むことが少ないようですが、投薬などでも効果が出ない場合は抗うつ薬や抗不安薬の投与が行われる場合もあり、それによって不安感がなくなり過敏性腸症候群の症状があらわれにくくなるケースも多いようです。

しかし、過敏性腸症候群は完治が難しい病気と言われており、治ったと思っても何かのきっかけで再発することも多いようです・・

一生付き合っていくことを覚悟することで、事前に薬を飲むなどの対策が取れるのではないでしょうか?

コメントを残す