大腸憩室症とは? 症状、予防、対策

大腸憩室症という病気をご存知でしょうか?

あまり聞きなれないかもしれませんが、腸管の圧力が上昇することで起こり大腸の粘膜の一部が腸壁の外に飛び出した状態です。

面白いことにこの症状は欧米ではこの症状は大腸の左側に起こるのが一般的ですが、日本は逆で右側なんです!

しかし、最近は日本でも欧米に似た食生活や生活習慣になってきたため左側に起こる場合も増えています。 

原因は食生活が大きく影響していると言われており、肉食の食事が中心になり食物繊維の摂取量が減ることで便秘や腸管内圧の上昇が起こりやすく、齢を取ると腸管壁の繊弱化によるものや、生活習慣など分からない部分も多い病気なのです。

症状がものすごくひどいように思いますが、実際は全く何も感じない人がほとんどで軽い場合は自然に治るので特に治療の必要はなく、症状が出る場合でも下痢や腹痛、便秘など過敏性腸症候群に似た症状なので、それほど気にしない人が多いようです。

しかし、憩室出血や憩室炎の合併症が心配で全体の10%~20%の割合で発症すると言われています。

この場合、激しい腹痛や下痢、発熱、血便の症状があり、進行すると穿孔や腸閉塞、腹膜炎などの危険があるため、大腸憩室症を発症した場合は経過観察と症状の悪化には注意が必要なのです。

治療方法は症状によって違い、特に目立った症状がない場合はそのまま治療する必要はありませんが下痢や腹痛などがある場合は投薬、憩室出血や憩室炎などの合併症を引き起こした場合は入院し腸を休めるために絶食、輸液、抗生剤投与などが必要で、それでも症状の改善が見られない場合や繰り返す場合、腹膜炎、腸閉塞で緊急を要する場合は手術をすることもあります。

予防としては肉だけではなく食物繊維も十分のい摂取するようにし、お腹の調子が悪いときは消化の良い物を食べる、もしくは腸を休ませるなどし無理をしないことが大切です。

私たちの腸は休むことなく働き続けています!

最近は腸の健康が寿命や病気の発症率にまで関わっていると言われており、腸を健康に保つことが健康で長生きするために一番大切なことだと分かってきたのです。

食べることが大好きな人でも健康のためには腸内環境を考え、お肉中心ではなく野菜や果物、海藻類、魚、乳製品などたくさんの栄養を取り入れ暴飲暴食は避けるようにしましょう!

何も症状がない場合は特に治療の必要はありませんが、何らかの症状が出た場合は合併症を防ぐためにも早めに病院を受診することをおすすめします。

コメントを残す