便秘で胃痛? 症状の特徴など

便秘と胃痛を併発することはありませんか?一般的な便秘は便が排出されずに腸にどんどんたまってしまう状態で原因は食生活の乱れや運動不足、ストレス、水分不足などが挙げられますが、この場合は便がたまり過ぎて下っ腹が痛くなることはあっても胃痛が併発することはありません!

ですから、もし便秘と胃痛が同時にまたは交互に起こる場合は何らかの病気のサインかもしれませんので、普通の便秘解消法を試すのではなくすぐに病院を受診するようにしましょう。

胃痛と便秘が併発する代表的な病気が腹膜炎、潰瘍性大腸炎、腸閉塞などがあり、他にも癌や消化器官の潰瘍などがあります・・今まで便秘になったことがある人は明らかにいつもとは違うと感じると思いますが、胃痛も便秘も良くあることではありますので見逃してしまうことも多いようです。

また、最近多いと言われているのが機能性消化管障害で消化器官を検査しても特に問題はないが、便秘や胃痛、吐き気などを繰り返す疾患で、ストレスが原因になっていることが多いと言われています。

そのため、そのストレスの原因が取り除かれることで簡単に治ることも多く、逆に状況を変えることが出来ない場合は長引くため、薬だけで完治するのは難しく自分に生活スタイルやメンタル面も変えていく必要があります・・会社や学校、満員電車、本屋、図書館などその人のよってストレスを感じる場所は違いますが、急に下痢になったり胃痛を感じ酷い場合は外に出ることができないほど重症化する場合がありますので、

まずは専門医に相談することとストレスの原因をできるだけ取り除く、ストレス発散できるものを見つける、腸内環境を整えることで改善していくことが多いようです。

政界にもこの病気を発症した人がいましたよね?きっと極度のストレスや環境の変化が原因で体が悲鳴を上げていたのでしょう・・今お元気そうなので治療が上手くいったのか精神的な余裕ができ病気を治すことができたのかもしれませんね。

胃痛と便秘が併発しているからと言って必ずしも大きな病気が隠れているとは限りません!ですが、普通の便秘とは違う症状を見逃さないことで早期に病気を発見し軽度なうちに治療を始めることにつながるので、やはり体のサインには敏感になるべきかもしれません。

このように、胃や腸の働きは食べ物や運動だけではなく精神的な部分とつながりが大きいことが分かります!大事な試験の前にお腹が痛くなった経験は誰にでもあると思いますが、ストレスに強い体を心を作ることが体の健康にもつながるのです。

コメントを残す