慢性の便秘は下剤よりも漢方薬?

多くの女性が便秘で悩んでいますよね?体質だと諦めて放置している人もいるようです。

なぜなら、テレビや本などで紹介されている便秘解消法を試してみても、長年頑固な便秘に悩まされている人には効果がないことが多いからです。

病院で薬を処方してもらうこともできますが、それでは今溜まっている便を無理やり出すだけで、便秘を解消する効果はありません。

だったら、時間やお金をかけてわざわざ病院に行かなくても、市販の便秘薬で十分だと考えるのは当然ではないでしょうか?

ドラッグストアや薬局にはたくさんの便秘薬が並び、専用のコーナーが用意されているお店もあります。

それだけ多くの人が便秘に悩み、市販の薬を頼っている証拠です。

そこに並んでいるのは、下剤や浣腸、整腸剤、漢方薬、お茶・・たくさんの種類がありますが、手っ取り早く今の苦しみから逃れるためには、やはり下剤が一番効果的です。

しかも、値段もかなり安く量も入っているので、常備しておけば安心と言う人も多いようです。

確かに下剤は飲んで数時間後に腹痛と共に溜まっていた便を出すことができますが、癖になりやすく依存しやすいと言われています。

特に若い女性は下剤を毎日服用してお腹が出ないように、太らないように気を付けている人も多く、危険な使い方が問題になっています。

長時間このような排便方法を行うと、腸本来の機能が低下し自力での排便ができなくなる恐れがあるそうです!

若くても腸が老化し働きを失ってしまったら・・こんな恐ろしいことは早く止めたほうが良いですね。

しかし、薬なしでの排便が無理な人もいると思います。

食生活や生活習慣に気を付けるのが一番大切ですが、どうしても薬が必要な場合は漢方を使った便秘薬をおすすめします。

これも市販で購入でき、腸の機能を高め自然なお通じを促す効果があるので、下剤よりもずっと体には良いのです。

 

薬の違い

慢性便秘の人にとって下剤は欠かすことにできない薬ではないでしょうか?

しかし、依存性が高く腸の機能を低下させてしまうのですから、どうしても薬を使用するなら漢方の方が良いようです。

漢方薬はすぐに効果が出ない、効果が薄いと考えがちですが、そんなことはないようです。

ドラッグストアなどで売られている便秘薬は生薬を使っており、下剤よりもマイルドな効き目が特徴です。

だからと言って効果がなのではなく、お腹がゴロゴロ鳴って急いでトイレに駆け込むような感じではなく、夜飲むと朝自然なお通じが期待できるというものです。

朝からお腹がすっきりすると、一日中気分が良いですよね!

一般的な下剤は強制的に便を排出させますが、漢方薬は自然な排便を促す効果が期待できるのです。

 

漢方にはどのような効果があるのか?

慢性的な便秘に漢方薬を使う場合、ドラッグストアで購入することができます。

一般的な下剤に比べると少し高いようですが、病院を受診してから便秘薬を処方してもらうよりは安いはずです。

ドラッグストア 漢方

漢方薬は即効性がないと言われていますが、便秘薬に使用されている生薬はそんなことはなく、腸を刺激して緩やかな効果が期待できるのです。

お腹が痛くなりにくいため、下剤が苦手な人でも安心して服用することができます。

また、もっと体質に合った漢方薬を服用したい場合は、漢方薬局かそれに詳しい医師がいる病院がおすすめです。

数か月分を処方してくれる所も多いので、便秘体質をじっくりと解消することができますね。

同じ便秘でも人それぞれ体質や体力、原因が違うため漢方医の診察を受けることで、意外なことが分かるかもしれません。

漢方薬を処方してもらう場合は、保険が適用されないことがあるので、事前に調べないと高額になる可能性があります。

市販でも効果的な漢方薬があるので、まずはそれを試してみてはいかがでしょうか?

コメントを残す