病院の便秘外来は具体的にどのようなどのようなことをするのか?

人気の便秘外来では数か月先まで予約でいっぱいというところもあるそうで、それだけ便秘で苦しんでいる人が多いと言うことではないでしょうか?

便秘で病院に行くなんてよっぽど腹痛を起こさない限りありえないと思っていましたが、最近はたくさんの便秘外来ができ治療を受ける人が増えているそうです。

便秘外来の医師が書いた本が大人気になるなど、腸内環境や便秘について考える人が以前よりも増えている証拠ですよね!

長期間便が腸の中に溜まることで毒素が血液に入り込み悪さをし、肌荒れやニキビ、イライラ、吐き気、頭痛などの症状があらわれ免疫力も低下すると言われているので、出来るだけ早く便秘を解消することが健康な体を手に入れることにつながります。

その事実を一般の人も知る機会が増えたことで、便秘は危険で早く改善するべきことだという認識が広がったのではないでしょうか?

医療の力で便秘を改善してくれる便秘外来ですが、具体的にどのような治療が行われているのか気になりますよね?

そもそも便秘に特別な治療方法などあるのでしょうか?結局下剤を出して終わりでは・・と不安に思っている人も多いはずです。

実際に便秘外来を受診すると、まず医師がその人の便秘の状態や生活環境を知るために問診が行われ、次に触診によって硬さや位置を確認します。

場合によっては血液検査や腹部X線検査などで便やガスの溜まり具合を確認し、大きな病気が隠れていないか大腸の内視鏡検査が行われることもありますが、このような検査は病院やその人の症状によっても違うようですが、一連の検査が終わると原因や症状に合った投薬や食生活などの指導を行います。

便秘の原因と今の腸の状態を正しく知ることで、どのようなことを注意することで腸の働きが改善し自然なお通じにつながるのかを知ることができます!

便秘の人は下剤やサプリメンとなどを長期間服用することで逆に腸の機能が低下し自然な排便が出来なくなっている可能性があります。

正しい治療を受けることで、薬で無理に出すのではなく腸本来の働きによって毎日すっきり排便がある体を手に入れることができるのです!

腸内環境が整い排便がスムーズになると体や肌の調子が良くなるだけではなく精神的にも安定し、イライラや不安感がなくなるので、便秘に悩む人は思い切って便秘外来を受診してみてはいかがでしょうか?そこで初めて自分の便秘の原因や生活や食生活の改善点が分かるはずです。

コメントを残す