妊娠中の便秘 簡単な対策、解消法

今まで便秘とは無縁だった人でも、妊娠した途端に便秘になる人は多いようで、妊婦さんの7割以上が経験すると言われています。

原因は妊娠中体内に多くなる女性ホルモンの一種のプロゲステロンで、このホルモンは妊娠を継続するためになくてはならないのですが、体の栄養を蓄え維持しようとする副作用として腸の働きも鈍くなり便秘になってしまう人が多いようです。

また、つわりや食事の偏り、ストレス、運動不足なども影響していて便秘に慣れていない人は苦しくてたまらないのではないでしょうか?

また、妊娠中はへその緒を通して赤ちゃんに優先的に必要な栄養分が送られ貧血になる人が多いのですが、その時に処方される鉄剤の副作用で便が硬くなり便秘になる人もいます。

特に妊娠後期になると便秘は本当に辛いもので、赤ちゃん大きくなると力を入れると生まれてしまうのではないかという恐怖から便秘になる人もいるそうです・・

実際はそんなことはないのですが、初めての出産の場合は慎重になってしまうのかもしれませんね。

妊娠中は安易に下剤や整腸剤などを服用できないので、多くの妊婦さんが悩むのではないでしょうか?

市販の下剤のなかには子宮収縮作用がある成分が含まれている物があり、それを安易に服用してしまうと流産や早産の危険があるので絶対にやめましょう!

妊娠中でも服用できる薬やサプリメントもあるので心配な人は薬剤師さんや医師に相談して服用してみてはいかがでしょうか?

便がすんなり出ないといきんでしまい切迫早産や出血などのトラブルにつながる場合もあるので、妊娠中の便秘はなるべく早く解消した方が良いようです。

もちろん、あまりにも酷い場合は病院で妊娠中でも服用できる整腸剤を処方してくれます。

出来れば毎日の食生活で便秘を解消してすっきりしたいのであれば、生野菜ではなく温野菜や海藻類などをバランスよく食べましょう!

便秘解消には水溶性食物繊維と不溶性食物繊維とのバランスを考えて適量摂るようにすると効果的です。

便秘だからと言って毎食サラダを大量に食べていても全く解消せず、逆に便秘を悪化させてしまい体を冷やしてしまうのでおすすめできません。

また、妊娠中は汗をかきやすくなるので水分もこまめに補給し、適度な運動を心がけると妊娠中も便秘知らずの毎日を送ることができます。

妊娠中は何かと心配事が多くストレスもたまりますが、今しかできないことを楽しんでみてはいかがでしょうか?

コメントを残す