便秘と職業の関係

便秘は体質や生活習慣、食生活だけが原因と思っている人が多いようですが、大人になると職業が便秘と関係していることが多いようです。

どのような職業でも人間だから便意を感じたら排便するのでは?と思いますよね・・

しかし、この便意を感じたときに必ずしもトイレに行ける状況ではないとしたら、我慢することで便意はなくなり便がどんどん硬くなってしまうのです。

もし、忙しい仕事だとしても規則正しい生活ができれば自然に排便のリズムもそれに合わせることができるのですが、不規則な職業ななかなか体内のリズムが整わず便秘に悩む人が多いと言われています・・

具体的には夜勤の多い看護師や医師、介護職などで、毎日同じリズムではなく日中働いたり夜働いたり・・当然睡眠時間や食事の時間もその日によって全然違うため、排便のリズムが狂ってしまうのです。

他にもトラックの運転手、タクシードライバー、事務職などは長時間座った状態が続くので腸の働きが鈍くなってしまうのです・・このような人たちは時間を見つけて伸びをしたり腰をひねる動作を取り入れることで、腸には刺激になり便秘が改善しやすくなります。

このように、便秘と職業には意外な関係があることが分かりますよね?勤務時間を自分で変えることは難しいので、その生活の中で何ができるのかを考えることが大切なのかもしれません。

 

コメントを残す