青汁で便秘は解消する?

便秘で悩んでいる人はお腹が痛くなったり肌の調子が悪くなったりしますので困っているのではないでしょうか。

様々な方法で便秘を解消しようとした人もいれば、まだ何も試さないでいる人もいるでしょう。

最近、よく耳にする便秘の解消方法に青汁を飲むという方法があり、テレビCMなどでも紹介されていますので多くの人が青汁を飲んで健康管理しています。

では、本当に青汁で便秘は解消するのでしょうか?

まず、便秘というのには定義があり、3日以上の排便がないことや排便後も残便感を抱くということです。

この定義にもある3日以上の排便と残便感がなくなれば便秘を解消したことになります。

これを踏まえた上で青汁は便秘を解消できるのかといえば、全ての人が解消されるわけではありませんが多くの人は解消できるでしょう。

青汁で便秘が解消できるのは食物繊維や乳酸菌、ビタミンB1やビタミンCなどが含まれているからです。

販売されているほとんどの青汁に含まれているのが食物繊維と乳酸菌です。

食物繊維は腸の働きを活発にして便秘を解消するのですが、食物繊維には水溶性食物繊維と不溶性食物繊維という2種類があります。

水溶性食物繊維は腸内の老廃物をからめとって排出させる働きがあり、不溶性食物繊維は腸内環境を整える働きがあります。

また、水溶性食物繊維は善玉菌のエサになりますし、不溶性食物繊維は便に水分を与えて柔らかくします。

2つの食物繊維の働きによって排便がスムーズになるのです。

乳酸菌は悪玉菌の増殖を防いで腸の蠕動運動を活発にさせますし、腸内に膜を張って腸の働きをサポートします。

ビタミンB1には自律神経を正常化させて腸の蠕動運動を活発にさせますし、ビタミンCは腸を刺激する成分を分泌させる働きがありますので蠕動運動が活性化されます。

このような便秘解消に必要な成分が青汁には含まれていますので、飲むだけで効率よく便秘を解消できるのです。

*青汁も多くの種類があり、良いものもあれば、?というものも少なくありません。

効果や成分に不安な方はこちらをご参考にして下さい=青汁ランキング

最も便秘に効果がある野菜

ほうれん草

便秘で苦しんでいる人は野菜を積極的に摂取すると良いのですが、では最も便秘に効果がある野菜は何でしょうか?

それは食物繊維を豊富に含んでいる青菜野菜です。

青菜野菜にはホウレンソウ、小松菜、春菊などがあり、ビタミンやミネラルなども豊富に含まれていますので腸の動きを活発にして便秘を解消しやすくできます。

また、サツマイモも便秘に効果がある野菜とされており、主成分はデンプンですが食物繊維やビタミン類、ミネラルやヤラピンといった効果的な成分も含まれています。

このサツマイモに含まれる食物繊維はセルロース・ペクチンというもので、便秘を解消できるだけではなく血液内のコレステロールを低下させたり血糖値をコントロールする作用もあります。

この他にはカボチャやゴボウ、ヌメリ野菜なども便秘を解消できるとされています。

 

腸の機能を高める食生活

便秘を解消させるには腸の機能を高めて腸内環境を整えることが重要となります。

腸内環境を整えるには食生活を正すことが必要不可欠となり、そのためには善玉菌を増やすさなければいけません。

乳酸菌で腸内に善玉菌を増やし、その善玉菌を増殖させるために食物繊維というエサが必要となります。

ですので、食物繊維を摂取できる食生活に心がけることで便秘を解消しやすい腸内環境ができ、それまで悩まされてきた便秘から解放されるのです。

また、腸の機能を高めるには正しい食生活にも心がけおかなければいけません。

1日3食を必ず食べるようにし、特に朝食はしっかり食べないと腸が活性化されません。

それと、決まった時間に食べるようにし、食事の量を減らし過ぎるのは便秘の原因になりますので注意してください。

コメントを残す