ガスピタンはどのような薬?

ガスピタンは、製造・販売ともに小林製薬株式会社です。
主な効能は以下になります。

・おなかの膨張した感じに直接働きかける
ガスピタンに含まれているジメチルポリシロキサンという成分が、胃や腸内で発生したガスに直接働きかけます。
そうすることで、ガスだまりをつぶしていくので、おなかが張るといった不快感を徐々に解消してくれます。

・習慣性のない成分だけを配合
ガスピタンは第3種医薬品です。
医薬品にありがちな長く飲み続けることで耐性ができて効果が薄れるということはありません。
習慣性のない成分だけを選択して配合しています。
ですので、腸の健康管理のためや膨張感の予防のために毎日飲むことができるのです。

・膨張感の解消だけでなく便秘にも効果を発揮
ガスタピンは膨張感やおなかの不快感を解消するための医薬品です。
そして、便秘改善薬としても飲用できます。乳酸菌を中心とした穏やかな成分を使用しているので、一般の便秘薬を飲むとおなかが痛くなるという人にも安心して飲めるようになっています。

どのような人におすすめ?

おなかが張って重いと感じている人、おなかに圧迫感がある人、おならが出やすい人、そして、ストレスや運動不足で腸内環境が乱れがちの人におすすめの商品です。

便秘解消の医薬品やサプリメントは数多く販売されています。
その中でも、膨張感やおならに対応する医薬品や補助食品はあまり多くはありません。
おならやおなかの張りに悩んでいる人には最適な商品がガスピタンなのです。
製薬会社が販売している医薬品であることも、安心感につながりますね。

お腹にガスがパンパンに溜まる原因

便秘でもないのにおなかがやたらと張るという人も少なくないようです。
そういうときは次の方法を試してみましょう。

「逆流性食道炎」の薬を飲む
おなかがやたらと張ってしまう人の多くが、実は「逆流性食道炎」なのだそうです。
この「逆流性食道炎」は最近よく耳にするのですが、多くの人が知らないうちにかかっている病気なんだそう。
おなかの胃酸が人より多く作られてしまい、その胃酸が食道に向けて上ってくるという厄介な症状なのです。
これが、おなかがパンパンに張ってしまう大きな原因となっているのです。
市販で売られている「逆流性食道炎」の薬を飲む事で緩和されるということなので、うまく利用するとよいでしょう。

「コーヒー」と「お酒」を飲まない
ガスが腸内で作られないように食事には気をつけていても、なぜかおなかが張るというのは「ガス」だけではないからです。
実は、消化器に「ある刺激」を与えてしまうことでおなかが張ってしまうのだそうです。
それが「コーヒー」と「アルコール」です。
長年おなかの張りに悩んでいた人がこの2つを止めたことで張りが一気に引いたというケースも少なくありません。

食べる時間が大切。
「体内に入れる物」ばかりに気を取られてしまって、肝心な「タイミング」を忘れている人が多いそうです。
身体にとても良い食べ物も、タイミングを誤ると翌日大変なことになるのだそうです。
食事の時間は決まった時間にすると身体の消化機能がアップします。
だからこそ、生活リズムならぬ「食事リズム」を作ると良いといことです。
そして、就寝2時間前には食事をしないことが大事ですね。

便秘とガスの関係

ガス

便秘のガスの正体とは、腸内の老廃物が腐敗することで発生するアンモニアや硫化水素などです。
いわゆる、「おなら」が体内にたまっている状態と考えたらわかりやすいですね。

通常は、便と同時にガスも体外へ排出できます。
しかし、便秘になるとガスがどんどん腸内にたまってしまうのです。

お腹(なか)にガスがたまるメカニズムについて
便が排出できない状態になると腸内の悪玉菌によって便が腐敗しやすくなります。

そうすると、腐敗した便からガスが発生していきます。
しかし、便秘などで便が詰まってしまうとガスもそのまま排出できない状態になるのです。
さらに腐敗が進むと、お腹の張りがひどくなってしまうのです。

便秘になると、お腹に便が詰まっているだけではありません。
便と同時に、大量のガスが発生していることも多いのです。

つまり、便秘の人は、便のほかにもガスがたまっていることも認識するべきです。
便秘でお腹が張る人は、便と同時にガスの排出や解消についても真剣に考えなくてはいけません。

コメントを残す