酷い便秘には塩が効く!デトックス効果が半端ない

酷い便秘の人は、様々な解消方法を試してきたはずです。

しかし、それでもなお悩んでいると言うことは、それほど効果がなかったか、その時は効果を感じたものの徐々に慣れてしまったのかもしれません。

結局は下剤を使って無理やり出すしか方法がないのでは・・・そんな風に諦めている人も多いのではないでしょうか?

日本人は特に便秘の人が多いと言われています。

その原因は、日本人の腸に合わない欧米化した食生活や、秩序や順番、規則正しさを重んじるため、便意を感じてもそれを優先できない生真面目さもあると言われています。

確かに、便意を感じても遅刻しそうなら我慢しますし、それが学校や会社などではなくて、友達のの約束でも同じなのです。

また、外で排便することが恥ずかしいと感じる人も多く、とにかく我慢してしまうことも便秘が悪化する原因です。

そんな生真面目な日本人の頑固な便秘にも絶大な興亜が期待できるのが、「塩」なのです!

塩が便秘に効果があるなんて意外だと思いませんか?

塩は摂り過ぎると血圧が上がり、むくみの原因にもなります。

喉が渇き水分が不足してしまいそうなイメージもありますが、実際は正しく使えば、長年悩んだ便秘から解放されるかもしれません。

話題の塩レモン水でデトックス

最近じわじわと人気を集めているのが、ハワイで昔から行われてきた便秘解消法である塩レモン水です。

なんとなく美味しそうな飲み物のような気がしますが、実際は美味しいものではありません・・・

腸にたまった便と老廃物を一気に出してデトックスするためのもので、レモンは単に飲みにくさを和らげるためだけに入れるそうです。

確かに、塩水って飲めませんよね。

やり方は色々紹介されていますが、一般的なのが水1リットルに塩小さじ2をとレモン汁適用を入れて混ぜる。

これを20分から30分以内にすべて飲み切ります。

「なんだ、簡単だ!」と思うかもしれませんが、実際にトライしてみると1リットルが恐ろしく多い量に感じてしまうのです。

なかには、水2リットルに溶かした方が良いと書いてあるサイトもありますが、2リットルを短時間で飲み干す、それも塩が大量に入っている水ですよね!

ちょっと辛いと思うので、私は1リットルがおすすめです。

これだけで完了ですが、即効性があるので学校や会社がある日は避けた方が良いかもしれませんね。

腸の中の不要物が一気に排出されるすっきり感はくせになりそうですが、あくまでも腸の働きを回復させるための方法なので、頻繁に行うのはNG。

塩分摂り過ぎで他の病気になってしまいますよ!

ただ、定期的に行うことでデトックス効果だけではなく、ダイエット効果、美容効果、血圧安定、むくみ解消などの効果が得られるそうです。

誰でもすぐに、しかもお金をかけずに行える方法ですね。

一つだけ、注意点があります。

塩はできるだけ良質なものを選びましょう!添加物などが含まれていない天然塩などがおすすめです。

朝の一杯で便秘解消

コップ

塩レモン水はハードルが高い人は、朝一杯の塩水がおすすめです。

塩水と言ってもコップ一杯の水にほんの少しだけ塩を入れるだけなので、それほど飲みにくいものではありません。

それを朝起きたらすぐに飲むことを習慣化するだけで、毎日の排便がスムーズになり、便秘解消につながります。

また、暑い夏は朝塩分を適量摂ることで熱中症予防につながり、一石二鳥ですね。

ただし、健康な人には問題ない方法でも、持病がある人や血圧が高い人には悪影響があるかもしれません。

勝手な判断で行わずに、必ず主治医に相談しましょう。

コメントを残す