夏は便秘が悪化しやすい

夏は普段快便な人でも便秘になりやすいようです。

夏と便秘はあまり結びつかないような気がしますが、実際は便が硬くなり排便しにくくなる季節なのです。

なぜなら、冬に比べて汗をかきやすく知らず知らずのうちに体内の水分量が低下しています。

そうなると、当然腸内の水分も不足するため便が硬くなってしまいます。

便が硬くなると腸の中で動かなくなり、石のようになってしまい便秘に陥ります。

そうなると、簡単には便秘は解消せず薬に頼ることになってしまいますね。

また、夏は食欲が低下する人が多く便の元になる食べ物が足りていないことも原因の一つです。

冷たい飲み物や食べ物ばかり口にすることで、腸内が冷え機能が低下することも考えられます。

ですから、特に夏は普段よりも多くの水分を摂取するように心がけ、飲み物もできるだけ常温か温かくして飲むように気を付けましょう。

ついのど越しの良いソーメンやアイスが食べたくなりますが、エネルギーが必要な季節だからこそ、栄養を考えた食事も大切ですね。

フルーツが美味しい時期でもあるので、旬のものを食べると便秘解消にもなりおすすめです。

汗をかきやすい人は便秘しやすい?

人よりも汗をかきやすい新陳代謝の良い人は便秘をしやすいのでしょうか?

確かに、ちょっと動いただけで汗が出てしまうのですから、体内の水分は不足しがちかもしれません。

しかし、その分しっかり水分補給をすることで代謝が良い人でも便秘になることはありません。

ただ注意しなくてはならないのが就寝前です。

寝ている時はコップ2杯分の汗をかくと言われていますよね。

代謝の良い人はそれ以上に汗をかいてしまうので、寝る前に必ず水を飲んでから寝るようにしないと、特に夏は脱水状態になってしまうのです。

代謝の良い人は便秘になりやすいと言う人がいますが、実際は体のめぐりが良いため快便の人が多いのです。

常に体の毒素が排出されているので、血液もサラサラな人は多く、腸内環境も整いやすい状態にあります。

ですから、普通の人に比べてむしろ便秘になりにくい体質と言えるのです。

新陳代謝が良いと、エネルギーを消費しやすく痩せやすいのです。

食べても太らない体を手に入れるのは、新陳代謝を高めることが大切で、そのために体温を上げる方法があります。

体温が少し上がるだけでエネルギー消費量がグンと上がるため、食べたものをどんどん消費してくれるのです。

そんな夢のような体を是非手に入れたいですよね。

体温を上げる方法

生姜

最近を上げると、痩せる、健康になるという本がたくさんありますよね。

テレビや雑誌でも取り上げられているので、知っている人は多いと思いますが、自分の平熱を上げるのは意外と大変です。

現代人は平熱が低いと言われており、昔の人は37度くらいが普通だったそうです。

私は平熱が35度台なので、もし37度もあればフラフラしそうです。

しかし、この体温がウイルスから身を守り抵抗力を高める効果があるそうです。

また、代謝が良くなるので食べも太りにくく、便秘知らず、肌のつるつるになり良いことばかりなんです。

その方法として挙げられるのが、筋肉量を増やすこととと食事です。

食事とは、生姜や黒ゴマなど体を温める効果があるものを中心に、サラダではなく根菜の温野菜などを摂取すると良いそうです。

生姜を毎日摂取するのが難しい人は、生姜紅茶がおすすめです。

朝食に暖かい紅茶の中にすりおろした生姜とハチミツを入れたもので、これを飲むだけで体が温まり代謝が上がります。

平熱は簡単には上がりませんが、毎日習慣にすることで無理なく代謝の良い体を手に入れることができます。

コメントを残す