お腹が痛くなりにくいオイルデルが気になる!

便秘がちな人はもうチェック済みかもしれませんが、最近テレビCMでよく観る「オイルデル」

お腹が痛くなる下剤とは違うようで、硬くなった便を柔らかくしすんなり動きやすくするための薬なんです。

お腹が痛くならないって言うのがポイントですよね?

ほとんどの便秘薬は予想外の時間に急にお腹が「ギュルギュル」鳴り出しトイレに駆け込まなくてはならないことがあります。

家にいる時ならばまだしも、外出先や仕事中などは本当に困りものです。

ですから、便秘で悩んでいるほとんどの人は、お腹が痛くならずしかも自然なお通じが得られる薬を望んでいるはずです。

そんな人たちにとって待望とも言える「オイルデル」名前を聞くだけで、力を入れなくてもつるんと硬くなった便が出てきそうですよね?

実際はどうなんでしょう?

飲んだ人のレビューを見てみると、あまり評価は良くないようです・・・

ほとんどの人が私と同じように硬くなって出にくくなった便にオイルが浸透し、つるんと出ると思って購入したようですが、実際はあまり良い効果は得られないようです。

「飲み続けているが、効果が分からない」「お腹が痛くなる」「下痢をする」という意見が多く、これでは普通の下剤と何ら変わりませんよね?

つるんという感覚が欲しいのですが・・・

しかし、なかには「数か月飲み続けて効果が出た」「カチカチで出にくくなった便が確実に柔らかくなった」と言う人もおり、一概には言えないのかもしれません。

普通の便秘には効果がないが、出口付近で固まってしまった便には効果があるのかもしれません。

とは言っても私たちが考えているような、飲んですぐに便がつるんと気持ち良く出る物ではないのは確かなようです。

常用しても大丈夫?

オイルデルは普通の下剤とは違い、依存性が少なく常用しても大丈夫です。

とは言っても薬であることに変わりはありませんので、できるだけ短期間の使用で解決するのは体には一番いいはずです。

便が硬くなってどうしても出ない時に短期間お世話になるには、とても良い薬ではありますが、あまりにも頼りきってしまうのはどうかというところです。

オイルデルは即効性もあまり期待できなそうですし、そもそも腸内環境を整える効果もないので、わざわざ使う必要ないような気がします。

しかし、人それぞれ体質や便の状態も異なりますので、薬と相性がとってもいい人もいるのは事実です。

気になる人は、一度使ってみると良いかもしれませんね。

私も購入予定でしたが、レビューがあまり良くないことを知り、オイルデルでなくてはならない理由がなくなってしまいました。

やはり、薬に頼らず腸内環境を整えることが、便秘の悩みを解決するために必要なことですね。

オイルで便秘は改善するのか

オイル

オイルデルは、オイルの特性を生かして便を柔らかくし出口付近で固まった状態を改善する薬です。

オイルには便秘を改善する効果が期待でき、海外では昔から便秘薬としてそのまま飲む習慣があるのです。

最近では、日本でも色々なオイルを使ったスキンケアやヘルスケアが大人気で、海外セレブやモデルが紹介する売り切れるほどです。

そんな中でも便秘解消に効果があると言われているのが、オリーブオイル、亜麻仁油、ココナッツオイルなどです。

ドレッシングや飲み物入れて摂取しても良いですし、一日ティースプーン一杯程度をそのまま飲んでも良いようです。

そのまま飲むと胸やけを起こす人もいるので、最初は何か飲み物や食べ物に混ぜた方が楽かもしれません。

オイルには様々な健康効果が期待できますので、上手に取り入れてみてはいかがでしょうか?

コメントを残す