玉ねぎには驚くほど便秘解消効果があった!

便秘がちな人は何をやっても一時的な効果しかえられないことが多いですよね?

特に下剤などの薬は依存が怖く、最悪の場合それに頼らないと排便ができないほど腸の機能が低下してしまう可能性があります。

若い人の便秘が目立ち、健康のことまで考えることなく、簡単に下剤に手を出してしまうのです。

昔と違い、どこにでもドラックストアがありますし、お店に行かなくても簡単に薬を手に入れることができるのです。

そうなると、止めようと思ってもつい手を伸ばしてしまいますし、面倒なことよりも簡単な方に頼ってしまうのかもしれませんね。

そんな便秘に悩む人たちにとって食べ物でも腸内環境の改善はとても重要です。

今までも色々試してきたと思いますが、玉ねぎの便秘解消パワーを知らない人が多いようです。

玉ねぎは水溶性の食物なので、女性のように腹筋が弱く押し出す力が弱い人、便が硬くなりやすい人におすすめです。

便に水分が不足すると石のように固くなり、腸内を移動しにくくなってしまいます。

当然後から作られた便も詰まってしまうため、腹痛や吐き気を伴うこともあります。

そんな時に、玉ねぎのように水溶性の食物繊維を積極的に摂取すると、便が柔らかくなりスムーズに移動するようになるのです。

また、玉ねぎはオリゴ糖を含んでいるため、腸内の善玉菌を増やす効果が期待できます。

特に玉ねぎに含まれるオリゴ糖は難消化性なので、善玉菌の餌になるだけではなく腸内を酸性に保ってくれるのです。

腸内を酸性に保つとどのような効果があるのでしょう?

悪玉菌はアルカリ性を好み酸性を嫌います。

そのため、玉ねぎの効果で酸性になった腸内では善玉菌は生息しにくくなるのです。

ですから、今まで悪玉菌が優位になり腸内環境が悪化していた人の腸内に善玉菌が増えます。

善玉菌が増えた腸内は排便をスムーズにし、便秘とは無縁になるのです。

同時に免疫力が高くなるので、病気になりにくい健康な体も手に入れることができるのです。

今まで、大根やキャベツ、レタスなどの野菜が便秘解消に効果的だと思われていましたが、水溶性食物繊維とオリゴ糖の両方の効果が得られる玉ねぎは便秘解消に最適な野菜と言えます。

効果的な摂取方法と注意点

玉ねぎ

これだけ便秘解消効果が高い玉ねぎですから、毎日摂取したいと思いますよね?

しかし、玉ねぎをそのまま食べるオニオンスライスは苦手な人も多く、どのように食べたら良いのか分からない人も多いはずです。

できれば生で食べたいものですが、辛みや独特の味が気になって続けにくいかもしれません。

この辛み成分が胸やけや胃痛につながる人もいるので、無理して生で食べることがありません。

また、大量に食べれば効果が上がるわけではないので、適量を守ることも大切です。

頻繁に食べられるように、みそ汁やスープ、かき揚げ、ドレッシング、サラダ、炒め物などいつものメニューにプラスするようにしましょう。

最近は玉ねぎの健康効果にも注目が集まり、高血圧や高脂血症、高コレステロールなどの成人病の原因となる不調に効果があると知られています。

ですから、玉ねぎの成分を丸ごと摂取できるようなサプリメントやお茶なども人気です。

玉ねぎが苦手な人は、このような摂取方法もおすすめです。

玉ねぎは一般的なものだけではなく、季節や産地によって様々な種類があります。

新玉ねぎや紫玉ねぎなど甘みや風味の違いを楽しむのも続ける秘訣かもしれませんね。

玉ねぎを積極的に摂取して、健康な体と便秘解消を目指しましょう!

 

コメントを残す