簡単に体重を落とすには宿便を出すのが一番早い!

長年の便秘が解決し、1週間で3キロ体重が落ちた!なんて話をよく耳にしますが、これは当然痩せたわけではなく、お腹の中にたまっていた便が一気に排出されたにすぎません。

体重

毎日排便がある人は一日に1回腸内のものが空になっていると思っているようですが、実際は便秘ではない人でも腸の中には古い便が残っているのです。

腸は私たちが想像する以上に長く、そして曲がっており意外と複雑な構造になっています。

ですから、ひだの間などに便のカスが溜まりやすく、それが長い時間かけて蓄積されてしまいます。

ですから、自分は宿便など関係がないと思っている人でも、想像以上の便が残っていることになります。

私たちは、痩せたい!きれいに見せたい!と思う時だけではなく、一時的にでも体重を減らしたいときがあります。

例えば、人まで体重計に乗らなくてはならない時。

身体測定やジムでの計測、健康診断などの時は、短期間でできるだけ多くの体重を減らしたいと思うものです。

私も、学校の身体測定の前は下剤を使って排便を促し、少しでも体重を少なく見せるようにしたものですが、そんな時は決まって予期せぬ時に便意や腹痛に見舞われ苦しんだ記憶があります。

もし、1週間も便が出ないような頑固な便秘の人が、腸内の便を宿便ごと一気に出したらどれだけの量が出るでしょうか?

普通に3食1週間分の食べ物が全く外に出ずに溜まっていたのですから、その量はものすごいことになるでしょう・・・

また、便秘がちな人は宿便もたまりやすく、それがなくなるだけでも体重がかなり減りそうですね。

宿便って何?本当に存在するの?

宿便を出すとお腹がすっきりすると言われるようになったのもつかの間、医師の中には「宿便などそもそも存在しない!」と断言する人が現れました。

それ以来、あまり宿便に関する情報が出なくなり、その真偽は曖昧なままになっています。

私たちが今まで信じてきた宿便とは、普段の排便では出切れない便のカスのようなものではないでしょうか?

それがいつの間にか蓄積され、かなりの量になることで健康や美容に害が出ているのではないかと思っています。

実際は、その宿便の存在を確認することは素人には難しく、普通の便との違いさえ分からないのです。

宿便が存在しないと言い切る医師がテレビでそれを解説しているのを観たことがあります。

内視鏡による腸内検査の様子を映していたのですが、確かにそこにはつるつるの腸の内膜しか見えず、便らしきものも宿便のようなカスも見えませんでした。

それを見ながら「宿便などないでしょ?」とおっしゃっていたので、確かにそうだと納得したのですが・・・よくよく考えてみると、腸の中をすべてきれいに掃除した後だからでは?という疑問が。

そんな疑問を持ちネットで調べてみると、私と同じようなこと書いているサイトがあったのです。

腸の中にカメラを入れる時は、必ず大量の下剤を使ってすべてに便とカスを出してから行うそうです。

ですから、普通に生活し排便をした後の腸とは全く違い、きれいに掃除した後と言うことです。

実際は、排便しきれず残る便はたくさんあり、特に便秘の人はその量が多いそうです。

ほとんどの場合は、軽度ですが重度の宿便は自力で外に出すことができず、石灰化し腸に穴を開けてしまうことがあります。

これはとても危険な状態で、最悪の場合は手術が必要になることもあるそうです。

 

宿便は長い時間腸にとどまっているため、腐敗が起こり毒素を発するため、体や美容に悪影響を与えます。

ですから、便秘を解消することはもちろん、便秘の意識がない人でも宿便をため込まないように注意しなくてはならないのです。

宿便を出すには?

それでは、お腹の中にたまってしまった宿便は、どのようにしたら取れるのでしょうか?

宿便

一番効果的なのが、断食だと言われています。

自分でできる酵素断食はこちらをご覧ください

体内の毒を排出することで、同時に宿便も出すことができるのです。

しかし、素人体内の毒を出すほど断食をすることは難しく、普通は半日や1日程度しか安全にできないようです。

本格的に行いたい場合は、専門の道場や施設があるので時間とお金に余裕がある方は、是非お試しください。

また、病院で腸内洗浄を行うことで、今までたまっていた便を一気に出すことができます。

サプリメントや乳酸菌飲料、マッサージでも腸の中をきれいに掃除することは可能です。

腸内洗浄などに比べると時間がかかりますが、私たちでも簡単に取り入れることができるはずです。

宿便は便秘ではない人でも3キロもあると言われていますし、便秘の人はその倍と言う話もあります。

あと3キロ痩せたい・・・と願っている女性は多いと思います。

短期間で脂肪を落とすことは難しいですが、宿便を出すことは健康になることでもあるので、積極的に取り入れたいですね。

ただ、素人には難しいことも多いので、できれば医療機関を利用したり、食事や運動で宿便を出すようにしましょう。

コメントを残す