便秘には種類があるんです!

便秘で苦しんでいる人はたくさんいると思いますが、自分がどうして便秘なのかを知らない人が意外と多いようです!

原因が分かれば改善方法が見つかりやすいのですが、適度な運動とバランスの取れた食生活を心がけていてもなぜか便秘だという人もいるため、自分でもなぜ便秘になってしまうのかが分からないのです!

実は一言で便秘と言ってもいくつかの種類があるため便秘を解消する方法を試しても改善しないない場合は自分の便秘の種類に合っていない可能性が高いようです。

まずは、一般的な便秘と言える弛緩性の便秘で、大腸の筋肉が緩み便を押し出す力が弱くなってしまうもので、元々筋力の弱い女性やお年寄りに多い便秘なのです。

最近では男性や子供にも見られる便秘で、運動不足や水分不足、ダイエットが引き金になっていることもあります。

こういう場合は、便が押し出されずに腸にたまるためガスが発生し、お腹が張ったり肌荒れや食欲不振などの症状が現れる場合が多く、汗をかきやすい夏だけではなく寒い冬も水分を十分に摂取し、食物繊維を豊富に含んだ食品を積極的にメニューに加えることが大切です。

また、腹筋を中心に鍛えることで腸の働きが良くなるため、無理のない程度に運動を取り入れると便秘改善に役立ちます。

もう一つの便秘は痙攣性の便秘で、これは何らかの理由で腸の押し出す力が強くなりすぎたり弱くなることで便が正常に排出されなくなるものです。

この原因はストレスなどによる自律神経の乱れによって腸の働きが鈍るためで、痙攣性の便秘は便が硬くなるだけではなく緩くなる特徴もあり、便秘と下痢を繰り返す人はこの痙攣性の便秘なので、食べ物や飲み物で便秘を改善しようとしてもなかなか効果が現れないことが多いようです。

急に痛みを感じてトイレに駆け込んだり、コロコロの便が出ることが多い便秘で現代のストレスが多い社会ではこの便秘に悩んでいる人が多いと言われています。

他にも内臓機能の低下や疾患によって起こる便秘があり、この場合は専門医を早めに受診し適切な治療を受ける必要があります!

生活習慣やストレスが原因ではない便秘は放置すると大変なことになる可能性があるため、いつもと違う腹痛や嘔吐、血便などのサインを見逃さないようにしましょう。

このように便秘はいくつかの種類があるため同じ改善方法が合っているとは限りません!

特に弛緩性の便秘で効果があると言われている食物繊維は痙攣性の便秘の症状を悪化させることがあるので、まずは自分がどの便秘なのかを知ることが大切なのではないでしょうか?

 

コメントを残す