腸閉塞(イレウス)とは?

腸

腸閉塞という病気を聞いたことがある人は多いのではないでしょうか?しかし、聞いたことはあるけどどのような症状で何が原因なのか知らない人がほとんどです。

意外と多い病気という印象があるため腸の機能が低下し便秘や腹痛を起こす程度の病気だと勘違いしている人もいるかもしれませんが、腸閉塞は自然に治るものではなく命の危険もある怖い病気なんです!主な症状は激しい腹痛、嘔吐、膨満感で腹痛は最初は激しい痛みだったものが、徐々に和らぎまた激しい痛みが襲ってくると言った波があるのが特徴で、これが腸閉塞の症状だと知らない人が多いため発見が遅れるケースも多いようです。

嘔吐物は最初は胃液など透明ですが症状が進行してくると腸の中のものが逆流してくるため下痢のようなものに変わり、腸の一部が圧迫されているため中の便が逆流するので悪臭がするため、さすがに胃腸炎や食べ過ぎとは違い危険な状態だと自分でも分かるはずです。

腸

腸閉塞が起こる原因はいくつかあり何らかの病気で腹部の手術を行った経験がある人が腸と腸壁、腸同士の癒着が起こりますが、その部分が折れ曲がったりねじれたりすることで腸が狭くなるタイプが一般的で、他には高齢女性に多い体の様々なくぼみに用が入り込むことで起こる腸閉塞、便秘が原因で起こる腸閉塞などがあります。

治療法はこれ以上癒着することを防ぐために開腹手術はなるべく避けるようにし保存的治療が一般的ですが、緊急の場合はすぐに手術が必要な場合もあります。

飲み物や食べ物を中止し腸の機能を高める方法で、一週間ほど様子を見ても回復傾向にない場合や緊急を要する場合は手術を行う場合もあり、重症化すると腸がねじれたり癒着がひどくなり腸がほとんど機能しない状態になるため血流が遮断されたり腸の一部が壊死するなどの危険があり、早急に治療を始めることが大切です。

腸閉塞は予防が難しいと言われており、普段と違う腹痛や吐き気、膨満感がある場合は我慢せずに受診するようにしましょう!緊急の処置が必要な場合もあるので、夜や休日は診察時間まで待たずに夜間診療などを利用し、痛みや吐き気が強い場合はすぐに救急車を呼ぶようにします。

特に小さなお子さんは自分の症状を訴えることが出来ない場合はありますので、明らかにいつもとは違う腹痛や下痢、嘔吐などがある場合はすぐに受診しましょう!子供の体は未熟な部分が多いので、手術経験がない子でも何らかの原因で突然腸閉塞を起こす可能性があるのです。

小さい子供からお年寄りまで発症する可能性がある病気ですので、家族が腸閉塞の症状を知っておくことがとても大切なことではないでしょうか?

便秘で胃痛? 症状の特徴など

便秘

便秘と胃痛を併発することはありませんか?一般的な便秘は便が排出されずに腸にどんどんたまってしまう状態で原因は食生活の乱れや運動不足、ストレス、水分不足などが挙げられますが、この場合は便がたまり過ぎて下っ腹が痛くなることはあっても胃痛が併発することはありません!

ですから、もし便秘と胃痛が同時にまたは交互に起こる場合は何らかの病気のサインかもしれませんので、普通の便秘解消法を試すのではなくすぐに病院を受診するようにしましょう。

胃痛と便秘が併発する代表的な病気が腹膜炎、潰瘍性大腸炎、腸閉塞などがあり、他にも癌や消化器官の潰瘍などがあります・・今まで便秘になったことがある人は明らかにいつもとは違うと感じると思いますが、胃痛も便秘も良くあることではありますので見逃してしまうことも多いようです。

また、最近多いと言われているのが機能性消化管障害で消化器官を検査しても特に問題はないが、便秘や胃痛、吐き気などを繰り返す疾患で、ストレスが原因になっていることが多いと言われています。

そのため、そのストレスの原因が取り除かれることで簡単に治ることも多く、逆に状況を変えることが出来ない場合は長引くため、薬だけで完治するのは難しく自分に生活スタイルやメンタル面も変えていく必要があります・・会社や学校、満員電車、本屋、図書館などその人のよってストレスを感じる場所は違いますが、急に下痢になったり胃痛を感じ酷い場合は外に出ることができないほど重症化する場合がありますので、

まずは専門医に相談することとストレスの原因をできるだけ取り除く、ストレス発散できるものを見つける、腸内環境を整えることで改善していくことが多いようです。

政界にもこの病気を発症した人がいましたよね?きっと極度のストレスや環境の変化が原因で体が悲鳴を上げていたのでしょう・・今お元気そうなので治療が上手くいったのか精神的な余裕ができ病気を治すことができたのかもしれませんね。

胃痛と便秘が併発しているからと言って必ずしも大きな病気が隠れているとは限りません!ですが、普通の便秘とは違う症状を見逃さないことで早期に病気を発見し軽度なうちに治療を始めることにつながるので、やはり体のサインには敏感になるべきかもしれません。

このように、胃や腸の働きは食べ物や運動だけではなく精神的な部分とつながりが大きいことが分かります!大事な試験の前にお腹が痛くなった経験は誰にでもあると思いますが、ストレスに強い体を心を作ることが体の健康にもつながるのです。

便秘で胃痛? 症状の特徴など

胃痛 便秘

便秘と胃痛を併発することはありませんか?一般的な便秘は便が排出されずに腸にどんどんたまってしまう状態で原因は食生活の乱れや運動不足、ストレス、水分不足などが挙げられますが、この場合は便がたまり過ぎて下っ腹が痛くなることはあっても胃痛が併発することはありません!ですから、もし便秘と胃痛が同時にまたは交互に起こる場合は何らかの病気のサインかもしれませんので、普通の便秘解消法を試すのではなくすぐに病院を受診するようにしましょう。

胃痛と便秘が併発する代表的な病気が腹膜炎、潰瘍性大腸炎、腸閉塞などがあり、他にも癌や消化器官の潰瘍などがあります・・今まで便秘になったことがある人は明らかにいつもとは違うと感じると思いますが、胃痛も便秘も良くあることではありますので見逃してしまうことも多いようです。

便秘 胃が痛い

また、最近多いと言われているのが機能性消化管障害で消化器官を検査しても特に問題はないが、便秘や胃痛、吐き気などを繰り返す疾患で、ストレスが原因になっていることが多いと言われています。

そのため、そのストレスの原因が取り除かれることで簡単に治ることも多く、逆に状況を変えることが出来ない場合は長引くため、薬だけで完治するのは難しく自分に生活スタイルやメンタル面も変えていく必要があります・・会社や学校、満員電車、本屋、図書館などその人のよってストレスを感じる場所は違いますが、急に下痢になったり胃痛を感じ酷い場合は外に出ることができないほど重症化する場合がありますので、まずは専門医に相談することとストレスの原因をできるだけ取り除く、ストレス発散できるものを見つける、腸内環境を整えることで改善していくことが多いようです。

政界にもこの病気を発症した人がいましたよね?きっと極度のストレスや環境の変化が原因で体が悲鳴を上げていたのでしょう・・今お元気そうなので治療が上手くいったのか精神的な余裕ができ病気を治すことができたのかもしれませんね。

胃痛と便秘が併発しているからと言って必ずしも大きな病気が隠れているとは限りません!ですが、普通の便秘とは違う症状を見逃さないことで早期に病気を発見し軽度なうちに治療を始めることにつながるので、やはり体のサインには敏感になるべきかもしれません。

このように、胃や腸の働きは食べ物や運動だけではなく精神的な部分とつながりが大きいことが分かります!大事な試験の前にお腹が痛くなった経験は誰にでもあると思いますが、ストレスに強い体を心を作ることが体の健康にもつながるのです。

 

ブロッコリースプラウトとは? 便通との関係は?

ブロッコリースプラウト

先日テレビ番組の企画でブロッコリースプラウトを使ったダイエットを紹介していました!

私は以前からブロッコリースプラウトは体に良いと知っていたので、時々千切キャベツと一緒に食べていましたが、ダイエットや便秘解消効果があるなんて知りませんでした!

ブロッコリースプラウトとは、ブロッコリーの発芽直後の新芽のことでこれが成長してブロッコリーになるんですね・・

ブロッコリースプラウトはスルフォラファンというデトックス効果の高い成分が含まれ、普通のブロッコリーの20倍も多いのでダイエットや老化防止、がん予防などに効果があると言われています。

ダイエットには老廃物を外に出すことがとても大切ですが、ブロッコリースプラウトを食べることによって代謝が上がりどんどん要らない物を排出するようになり、便秘も簡単に解消することができます!

病気の予防とデトックス、便秘解消がこんなに簡単に出来るなら、毎日でも食べたいですよね?しかし、このブロッコリースプラウトのすごいところは持続性なのです!

一度食べたら三日は効果が持続するので毎日食べる必要はなく、適量を一週間に二回ほど食べれば十分なので、忙しい人でも続けることができますよね。

よく噛んで食べると便秘に良いらしい

よく噛んで食べる

昔から「よく噛んで食べなさい」と言われますが、噛む回数を多くすることで食べ物を細かく砕くことができるため胃に負担がかからないのは何となく想像できますよね?

しかし、よく噛むことが便秘にも効果があるらしいのです!

口に入れた食べ物をよく噛むことで唾液が十分に分泌され水分を含んだ状態で消化器官に送られるため、腸のぜんもう運動が盛んになり短時間で便として排出することができるのです。

逆にあまり噛まずに食事をすると、消化するべきものがどんどんたまってしまい胃や腸に負担がかかり働きが鈍くなります・・それだけではなく唾液や水分をあまり含んでいない食べ物は腸にたまりやすく硬い状態で留まってしまうため、便秘になってしまうのです。

よく噛むことによって唾液が分泌され、これが消化にはとても重要な役割をはたしているのです!

時間短縮になるからとお茶漬けを好んで食べる人がいますが、あれは消化が良いようで全く噛まずに飲んでいるため胃腸には意外と負担になっているそうで、お茶漬けなどの水分と一緒に食べる物でも、そのまま飲み込むのではなくきちんと噛んでから飲み込むことで胃腸にも負担がかからず、十分な水分も得られるため便秘になりにくいと言えます。

また、このよく噛むということは便秘解消だけではなく唾液の分泌を促すため口の中の清潔にし虫歯や口臭を予防することがで、なんとダイエットにも効果的なのです!

よく噛むことで脳は正しく満腹だと判断することができるのですが、噛まずに飲んでいると満腹中枢にはなかなか指令が送られず、たくさん食べてもお腹がいっぱいだと判断できないのです。

肥満気味の人を観察してみるとほとんどの人が食べるスピードが速く、ほとんど噛まずに飲み込んでいることが分かります!

ですから、食事を我慢するのではなく噛む回数を増やすだけでたくさん食べなくてもお腹がいっぱいだと思えるため常に適量で抑えることができるのです。

ダイエット指導を受けるとまずは食事の際に口に食べ物を入れたら一度箸をを置き30回以上噛むことから始めるそうで、これによって自分にとっての適量を知ることができ、今まで食べていた半分程度で満腹になる人もいて、これ以上食べられないと感じるようになるそうです。

このように、よく噛むことは便秘だけではなく体の健康にも大いに関係があると分かります!「ゆっくりよく噛んで食べる」子供の頃に大人に言われたことが今になってどんな意味があるのか分かりました。

 

意外な食べ物が便秘の原因だった!!

ワイン 便秘

私たちがもし便秘になったら、すぐに病院に行ったり下剤を使うよりは食べ物で開場できないか考えますよね?

それは最近の食生活に便秘解消につながる食品があまり含まれていなかったのではないかと反省するからで、例えば野菜や海藻を食べていなかったり忙しくて栄養が偏っていいるとどうしても便秘になってしまうのです。

しかし、便秘解消に効果的な食品が足りない場合だけではなく、便秘になりやすい食品を多く摂り過ぎていることも考えられるのです!

便秘解消については積極的に情報を集めますが、便秘の原因になる食品について知っている人は意外と少ないのではないでしょうか?

実は、私たちが口にしている食品や飲み物には便秘を引き起こす成分が含まれるものがあり、それを知らずに摂取しすぎていることが原因になっているかもしれません。

例えば体に良いと言われている赤ワインや干し柿はタンニンが多く含まれるため摂取量に注意が必要なんです!

他にもコーヒーや緑茶などのカフェインも注意が必要で、肉類も食べ方によっては便秘につながるため、肉だけを大量に食べるのではなく野菜もたくさんとるようにしましょう!

このように当たり前のように口にしているものが、摂取量や摂取の仕方によって便秘の原因になっている可能性があるので気を付けなくてはなりません。

病院の便秘外来は具体的にどのようなどのようなことをするのか?

便秘 病気

人気の便秘外来では数か月先まで予約でいっぱいというところもあるそうで、それだけ便秘で苦しんでいる人が多いと言うことではないでしょうか?

便秘で病院に行くなんてよっぽど腹痛を起こさない限りありえないと思っていましたが、最近はたくさんの便秘外来ができ治療を受ける人が増えているそうです。

便秘外来の医師が書いた本が大人気になるなど、腸内環境や便秘について考える人が以前よりも増えている証拠ですよね!

長期間便が腸の中に溜まることで毒素が血液に入り込み悪さをし、肌荒れやニキビ、イライラ、吐き気、頭痛などの症状があらわれ免疫力も低下すると言われているので、出来るだけ早く便秘を解消することが健康な体を手に入れることにつながります。

その事実を一般の人も知る機会が増えたことで、便秘は危険で早く改善するべきことだという認識が広がったのではないでしょうか?

医療の力で便秘を改善してくれる便秘外来ですが、具体的にどのような治療が行われているのか気になりますよね?

そもそも便秘に特別な治療方法などあるのでしょうか?結局下剤を出して終わりでは・・と不安に思っている人も多いはずです。

実際に便秘外来を受診すると、まず医師がその人の便秘の状態や生活環境を知るために問診が行われ、次に触診によって硬さや位置を確認します。

場合によっては血液検査や腹部X線検査などで便やガスの溜まり具合を確認し、大きな病気が隠れていないか大腸の内視鏡検査が行われることもありますが、このような検査は病院やその人の症状によっても違うようですが、一連の検査が終わると原因や症状に合った投薬や食生活などの指導を行います。

便秘の原因と今の腸の状態を正しく知ることで、どのようなことを注意することで腸の働きが改善し自然なお通じにつながるのかを知ることができます!

便秘の人は下剤やサプリメンとなどを長期間服用することで逆に腸の機能が低下し自然な排便が出来なくなっている可能性があります。

正しい治療を受けることで、薬で無理に出すのではなく腸本来の働きによって毎日すっきり排便がある体を手に入れることができるのです!

腸内環境が整い排便がスムーズになると体や肌の調子が良くなるだけではなく精神的にも安定し、イライラや不安感がなくなるので、便秘に悩む人は思い切って便秘外来を受診してみてはいかがでしょうか?そこで初めて自分の便秘の原因や生活や食生活の改善点が分かるはずです。