便秘でお腹が痛い!薬を飲まずに解消する方法

便秘 痛い

便秘を経験したことがある人は多いと思いますが、最近は食生活の欧米化から常に便秘で悩んでいる人も少なくありません。

特に女性は元々腹筋が弱く、便秘になりやすい条件がそろっていると言われ、赤ちゃんの頃からずっと便秘だと言う人も少なくありません。

便秘は病気ではないからある程度放置して、苦しくなったら薬を飲む。

それが当たり前になっている人もいるようですが、最近では、この便秘が健康に様々な影響を及ぼすことが分かってきました。

腸が健康な人ほど病気になりにくく、寿命にまで関係しているという研究もあるくらいです。

そんな厄介な便秘は、その期間が長いほど便が硬くなり、やがて痛みを伴うようになります。

これは、便の水分が吸収され、石のように硬くなったことで起こる痛みで、便が腸内に詰まっているのに、後から後から食べ物が送り込まれてくる・・腸の中はぎゅうぎゅうなのです。

痛みを伴う便秘は、薬を使いたくあんりますが、便秘薬は下剤は使い続けることで効果が薄くなり、やがて大量に飲まないと効果が出なくなってしまうのです。

また、薬を飲むことが習慣になってしまうと、それに依存してしまい大変危険です。

できるだけ、薬を使わずに便秘を解消する方法を身に着けることが、その先の健康にもつながるのです。

 

簡単解消法

硬くなった便は簡単に排出できません。

ですから便を柔らかくすることから始めなくてはならないのです。

その方法がいくつかあるので、ご紹介します。

・いつもよりも水分を多く摂取する

水が一番効果的ですが、朝起きてすぐに冷たい水を飲み腸を活性化させ、その後は水分補給のために常温を細かく分けて飲むようにしましょう。

水は冷たい方が良いという人も多いようですが、体が冷えると便秘が悪化してしまうので常温がベストです。

・腸をマッサージ

痛みが伴うほど便が硬くなった場合は、その便をマッサージすることで柔らかくすることができます。

仰向けに寝ておへそのの周りや骨盤周辺を軽く押してみると、カチカチの部分があると思います。

それが硬くなった便なので、力を入れすぎないように優しくマッサージしてみましょう。

早い人は、すぐに腸が動き出し便意を感じるはずです。

・オリーブオイルを飲む

オイルを飲むことで便がスルッと動くようになります。

一日スプーン一杯程度を飲むと、硬くなった便をオイルがコーティングし動きが良くなることで排便効果が期待できます。

いかがでしょう?薬を使わなくても簡単な方法で便秘によるお腹を痛みを解消することができるのです。

食事のバランスと、生活習慣にも気を付けて便秘を解消しましょう!

お腹の苦しさはガスが原因ではなかった!

便秘 ガス

実際に私が経験した話です・・

便秘とは無縁の私が、妊娠中は酷い便秘に苦しみました。*この時の話はこちら=http://www.mentae.net/symptoms/184/

しかし、それで病院に行こうとは思わず、妊娠中は誰にでも起こることだと簡単に考えていたのです。

妊娠中の便秘 ガス
ある日、熱が出てしまい風邪かと思い寝ていたのですが、その方向を向いてもお腹が苦しい・・

ガスがお腹中に溜まっているかのようにパンパンで、赤ちゃんが急に成長したかのようでした。

それでも痛みはなかったので、安静にすればガスも治まると思っていたのですが、どんどん苦しくなり翌日病院へ。

すると、そのお腹の苦しさはガスではなく腹水が溜まっていたのです!

原因ははっきりわかりませんでしたが、風邪か何かのウィルスに感染したことで起こったようです。

妊娠中は、体質が変わったり赤ちゃんを守るために色々な拒否反応が起こりやすいようで、普段は大したことのない風邪でも妊婦の体には負担になります。

幸い、症状は徐々に治まり腹水もなくなったのですが、便秘やガスで苦しいとしても何かいつもと違うと思った場合は、すぐに病院に行くべきだと反省。

このように、妊娠中の便秘やガスが溜まったお腹の苦しさを自分で判断するのはとても難しいのです。

便秘にならないような生活はもちろん、痛みや張りを感じたらすぐに病院に行くのも大切ですね!

こちらもどうぞ=妊娠中の便秘対策.com

 

食べる青汁のレビュー おいしかったし、出ました!

黒糖抹茶青汁寒天ジュレ

40歳を目前に体に色々な変化を感じるようになりました・・そして「このままオバサンになっていくのかな~」と不安な気持ちになることも多く、元気だけが取り柄の私にとって辛いものです。

一番感じる体の悩みはやはり代謝が落ちてきたことで、そのため食事内容は以前と変わらないのに体重がどんどん増え締まりのないたるんだお腹とお尻、体重が増えた分動くのも億劫になってしまうため外に出ることも少なくなってしまい、元々便秘だったのですが、更にそれが悪化しお腹が硬いのが自分でも分かります。

このまま家に引きこもっていては自分らしくないと思うようになり、何か始めようと色々調べてみると黒糖抹茶青汁寒天ジュレが効果的だという情報が!

青汁寒天ジュレ

青汁抹茶寒天ジュレ

美味しい青汁

そこですぐに試してみることにし「とりあえず1か月分注文しよう」と思いましたが、定期購入の方がかなりお得で、いつでも一時停止でき送料も無料になるのでそちらで契約。

この黒糖抹茶青汁寒天ジュレですが、最近ネット通販でもかなり人気があるようで試したことがある人も多いのではないでしょうか?

青汁が体に良いことは分かっていますが、一度試飲したところ渋みや独特の味が好きになれず断念・・黒糖抹茶青汁寒天ジュレも青汁がメインなので味が一番心配でしたが、これはホント美味しい!

まるでデザートのような感覚で見た目とのギャップに驚きますよ。

食べる青汁

この黒糖抹茶青汁寒天ジュレはどのような効果が期待できるかと言うと・・

・野菜不足の解消

・善玉菌を増やし腸内環境を整えることで便秘解消

・ダイエット

・老廃物を排出することで美肌効果

これだけの健康効果が期待できるのですから、一度試すしかありませんよね!通販で人気なのはきっと女性が求める効果が全て含まれているからではないでしょうか?

黒糖抹茶青汁寒天ジュレはとは、どのようなものなのかいまいち想像できませんでしたが、ゼリーよりは硬く寒天や羊羹に近く飲む物ではなく、しっかり噛んで食べるタイプです。

味は、青汁っぽさはそれほどなく黒糖と抹茶の味が強いので「健康のために我慢して食べる」という気持ちではなく、毎日の楽しみになり思わず何個も食べてしまいそうになります・・もちろん、一日一個で十分なので摂取量は守った方が良いかもしれませんね。

便秘 青汁

おいしい青汁

寒天青汁ジュレ

私はダイエット効果も期待しているため夕食前に食べることにしましたが、いつもよりも早くお腹がいっぱいになるので食べ過ぎ防止にも効果的な摂取方法ではないでしょうか?

初めて食べた翌日ですが、すぐに排便があり驚きました!しかも、数年ぶりにスルッと出たので、もしかしたら黒糖抹茶青汁寒天ジュレの効果ではないかと期待が膨らみます。

初めて1週間後には硬かったお腹が柔らかくなり体重もすでに1キロ減りました!運動も食事制限もしていないので黒糖抹茶青汁寒天ジュレの効果なのは明確で、毎日排便がある生活は10代以来なのでホント嬉しい限りです。

もちろん、減った1キロは便秘が解消したからだと思いますが、それだけでも体が軽くスカートやズボンが緩くなってきたため、お洒落をして出かける気になってきました!人間はこんなちょっとした変化で気分が良くなり行動まで違ってくるんですよね~しっかり野菜を摂取できているので体の調子も良く、朝の目覚めがすっきりなので子供たちを送り出す時も笑顔でいられますし、今までダラダラやっていた家事もテキパキこなせるようになりました。

一箱なくなるころには肌に変化を感じるようになり、今までシミやシワ、くすみは年齢のせいだと思っていましたが、どんどん肌の色が明るくなり透明感が出てきたためファンデーションをこってり塗るのが勿体ないくらいです。

体の老廃物が体に溜まっていると、体臭がきつくなり肌荒れ、シミ、シワ、抜け毛、精神疾患まで引き起こす可能性があるそうで、必要な栄養をしっかり摂取して不要な物は出すことが大切なんですね!それによって肌がきれいになるだけではなく、ダイエット効果もあるそうです。

どんな高価な化粧品やサプリメントを使うよりも黒糖抹茶青汁寒天ジュレの方が美肌には効果的で、健康と美容両方を手に入れることが出来る今までにない健康食品ではないでしょうか?黒糖抹茶青汁寒天ジュレは現代人にとって必要な栄養素をたっぷり含んでいるので、栄養のバランスが気になる人や忙しくても毎日元気に過ごしたい人にもおすすめです!

私も半信半疑で始めた黒糖抹茶青汁寒天ジュレですが、今ではこれがないと本当に困ってしまいます・・もちろん旅行の時もカバンに忍ばせて毎日欠かさず食べていますし、定期購入にしたため注文し忘れることもなく、最後の一個になる前に届くため安心です!これからも長く続けて美しく元気な40代を目指したいと思います。

人気の青汁ならこちらも=人気の青汁比較

便秘に似ている危険な症状

便秘 病気

妊娠中は何かとトラブルが起こりやすい時期ですが、出血やお腹の痛み、張りには細心の注意が必要です。

それらの症状は子宮で何かのトラブルが起こっているサインの場合が多く、自己判断はせずに病院で診察を受けるようにしましょう。

妊娠中は自分の腸や胃がどこにあるのかが分からないなる時期があります。

なぜなら、大きくなった子宮によって普段ある場所とは違うところに移動しているからです。

そのため、妊婦さんたちは「背中の方から腸が動く音がする!」と驚く人が多いのです。

そんないつもとは違うお腹のなかの構造が原因で、痛みや苦しさがどこで起こっているのか判断できない、もしくは間違った判断をしてしまう場合があります。

よく言われるのが、お腹の調子が悪い時の痛みと子宮の収縮の傷みが似ているということです。

特に、初産の人にとって陣痛は初めての経験で、どのような種類の痛みなのかが分かりにくいのかもしれません。

そのため、切迫早産の痛みと便秘や下痢の痛みを勘違いして放置してしまったり、子宮に何らかの異常が起こっているお腹の張りをガスが溜まっている苦しさと勘違いしてしまうのです。

その結果、処置が遅れてしまうこともあり、とても危険です。

妊娠中はそのようなトラブルに早く気づくためにも、便秘にならないように気をつけなくてはならないのです。

妊娠中にお腹が苦しいのは便秘によるガスとは限らない!

妊娠中の便秘

妊娠中はホルモンバランスが通常とは異なるため、体に色々な変化が出るものです。

特に便秘になる人はとても多く、ふだん経験したことがないお腹の張りと苦しさを何とかしたいと思うはずです。

妊娠中は簡単に便秘薬を飲むことができないので、食事などで便秘解消を考えるしかありません。

ひどい場合は、妊娠中でも退治に影響のない薬を処方してもらえますが、できれば薬の服用は極力避けたいですよね。

妊娠中だけに限りませんが、便秘になると腸内には便だけではなくガスが発生し、お腹が苦しくなることがあります。

後期になると、胎児の成長によって内臓が圧迫されることで、その苦しさは普段以上かもしれません。

それを防ぐには便秘にならないように予防する、なるべく早く改善することが大切です。

食生活では、食物繊維を多めに取り、便のかさを増やしてくれる白米も重要です。

妊娠中は体重の増加が気になり、炭水化物を抜く人が多いようですが、とても危険なのでやめましょう!

パンやパスタなどを控えるのはおすすめですが、白米は貴重な栄養になり、便秘解消に不可欠なのでバランスよく取り入れるようにしてください。

それほど便秘ではないけど、お腹がパンパンで苦しい・・

痛みや出血がない場合、つい便秘やガスが溜まっているせいだと勘違いしてしまいますが、実は危険な場合があるので自己判断はせずに、病院に行くことも大切です。

大人ニキビは便秘が原因だった!

便秘 肌荒れ

大人ニキビに悩む人は多いようで、特に女性はメイクをすることで悪化するため、なかなか改善しない厄介なものです。

ニキビと言えば、10代でできる青春ニキビを思い出す人がほとんどで、20歳を過ぎると吹き出物と表現する人もいます。

この大人ニキビと青春ニキビは同じようで、実は原因が異なるためケア方法も違うのです。

ですから、大人ニキビに悩んでいる人は、若い人と同じケアを続けているため、なかなか治らないのかもしれませn。

大人ニキビの原因は食生活や生活習慣、飲酒、喫煙、睡眠不足、ホルモンバランス、ストレス・・などたくさんあるため、自分のニキビの原因が分からない人や、何個かが重なっている人もいるかもしれません。

忙しい生活の中で、つい栄養バランスを考えないジャンクフードやレトルト食品に頼ったり、野菜不足を感じながらもなかなか食べる機会がない人も多いのではないでしょうか?

この食生活の乱れは、油や砂糖の摂りすぎや栄養不足だけではなく、食物繊維が不足することによって便秘になっている可能性があるのです。

何をやってもニキビが改善しない場合は、便秘が原因かもしれません!

便秘になると、古い便が腸内にたまってしまいます。

そこから毒素が発生し、血液に溶け込んで体内を循環することで、肌や体に悪影響を及ぼしニキビが発生してしまうのです。

ですから、便秘が原因の大人ニキビは、体の中から改善しない限り再発し続けるのです。

スキンケアもお忘れなく=大人ニキビをなくす ラ・ミューテ

 

改善方法

便秘が原因の大人ニキビは、食生活の見直しが一番大切です。

とは言っても便秘がちな人は、野菜を多く食べても、ヨーグルトを食べても簡単には改善しないものです。

ですから、まずは腸内環境を整えることを意識してみてはいかがでしょうか?

腸内環境を整えるためには、一時的に便秘に効果があるものを食べても意味がありません。

時間をかけて腸を元気にすることを考えてみましょう。

乳酸菌飲料
腸を元気にするためには、善玉菌を増やす必要があります。

善玉菌の餌になるビフィズス菌を豊富に含む、乳酸菌飲料やヨーグルトを毎日摂取しましょう。

詳しくはこちらを=乳酸菌の理想的な摂り方

また、納豆や食物繊維を豊富に含んだバナナや根菜などもおすすめです。

水分が足りないと、便が硬くなり便秘になるので、水分補給にはジュースではなく、水を飲むようにします。

朝起きたら、冷たい水を一杯。

その後は常温の水をこまめに飲むようにすると、効果的です。

便秘を改善するとニキビだけではなく、肌荒れや体臭などにも効果があるので、早めに解消しましょう。

便秘、このような症状は危険

便秘 病気

便秘になったらすぐに病院に駆け込むのか?

そんな人はいませんよね?

便秘が当たり前で、それが普通という人もいるかもしれません。

普段快便な人でも、何らかの原因で便秘になる場合もあり、食生活や運動不足だけではなく、老化やストレスも関係しているのです。

このような場合、しばらく様子をみてそれでも改善しない場合は病院に行くはずです。

慢性的な便秘の人は世間でよく言われるような便秘解消法では、全く効果が得られない場合が多く、効果があればそこまでひどくなることはなかったはずです。

長年便秘が改善しない場合は、すでに腸の機能が低下している場合が多く、?自力での回復は難しいかもしれません。

最近では便秘外来がある病院も増え、人気の医師は数か月待ちなんていうこともあります。

それだけ便秘で悩んでいる人が多いということですね。

また、便秘だけではなくほかの症状が伴う(例えば下痢や血便、腹痛)場合は、自分でも普通の便秘とは違うと分かるはずです。

このような場合は様子をみるのではなく、すぐに病院で検査することが大切です。

意外な病気が隠れており、急を要することもあり得るので、できるだけ早く受診しましょう!

 

この症状が出たら病院へ!

それでは、便秘を引き起こす病気とはどのようなものがあるのでしょうか?

・過敏性腸症候群

自律神経の乱れが原因で下痢や便秘になる病気で、近年とても増えています。

ストレスが多い環境の人や、元々神経質な人がかかりやすい病気です。

・橋本病

甲状腺機能が低下する病気で、全身の倦怠感とともに便秘の症状があります。

・大腸がん

大腸にできる癌で最近日本人にとても多い病気です。

便秘と下痢を繰り返す、血便が出るなどの症状があります。

このように、単なる便秘だと思っていたものが、実際は大きな病気が隠れていたなんてこともあります。

便秘が病気のサインの場合もあるので、何か変だと感じた場合は病院を受診しましょう!