花粉症の時期に便秘になる!もしかしたら私だけ?

杉

冬は寒くて外に出るのが辛いですよね?

早く春が来ないかな~なんて思うものの、春の暖かさと同時にやってくるのが花粉です。

花粉症の患者さんは、年々増えているそうで前年は全く症状がなかったのに、突然発症することが多いようです。

よく花粉症はコップの水にたとえられます。

コップに徐々に溜まっていった水が、満タンになって溢れる。

これが花粉症の症状が急に現れる原因で、今まではコップの中で収まっていた症状が、今年はもう満タンになって入るスペースがなくなり症状として出てしますのです。

花粉症の経験がない人は、その辛さが全く分からないと言いますが、本当に辛いですよね?

鼻水、鼻づまり、目のかゆみ、頭痛・・・

人によってその症状や強さは違いますが、鼻炎薬を服用している人も多いはず。

しかし、この薬がなかなか難しい。

成分の中に眠気が出るもの、口や目が乾くもの、胸やけや頭痛など様々な副作用がでるものが含まれているのです。

私は、この症状が辛いので薬は服用しないようにしていますが、とにかく鼻水は滝のように出てくるので、外出時はポケットティッシュではなくボックスもちです!

そして、必ずこの時期は便秘に悩まされるのです。

あまりに大量の鼻水が出るため、体の水分が不足することが原因でしょうか?

花粉症と便秘の関係はあまり有名ではありませんが、実際はどのような関係があるのでしょうか?

花粉症と便秘の関係

私は、花粉症の時期に必ずひどい便秘になりますが、その原因は鼻水が大量に出るために体内の水分が不足することだと思っていました。

しかし、調べてみるとそれは間違いだったと分かりました。

花粉症で便秘を伴う人は意外と多く、その原因は必要ではないようです。

まず、考えられるのは花粉が腸内に入ることによるアレルギー反応!これ、全く考えが及ばなかったので驚きです。

花粉が腸の中に入ると、便秘や下痢の症状が出る人がいるそうです。

鼻水は鼻づまり、目のかゆみと同じようなアレルギー反応による症状だと言うのです。

また、花粉症の薬による副作用という考えもあります。

私の場合は、薬を服用していないので当てはまりませんが・・・

市販の薬は成分が弱いと言われていますが、花粉症の薬に関しては病院で処方されるものとそれほど効果が変わらないように感じます。

あれだけ酷かった鼻水がピタッと止まりますし、喉の渇きが半端じゃない。

この水分をストップさせてしまう副作用によって便秘が引き起こされるのかもしれませんね。

便秘で花粉症が悪化

鼻水

先ほどまでは、花粉症で便秘になる話をしましたが、実は便秘の人は花粉症になりやすく、悪化しやすいそうです。

元々、花粉症だけではなく様々なアレルギー反応は腸内環境と関係があると言われています。

ですから、アレルギー体質の人は腸内環境を整えることで症状が穏和するのです。

花粉症にヨーグルトが効果的と言われるのは、このためなのです。

腸内環境を整えることで、辛い花粉症と決別することができるかもしれませんね!

ウォシュレットの刺激で便秘解消は危険?

便秘

お尻を綺麗にしてくれるウォシュレット、使い人もいれば使わない人もいますよね。

でもウォシュレットを使用する方の中には綺麗にするためではなく、便秘解消のために使用するという方も少なくはありません。

ただその使い方、ちょっと危険なので、やっている方は今すぐにでもやめた方が良いですね。

ウォシュレットを肛門に当てることで、刺激されて便意を感じるというか違います。

そのため定期的に排便の前に使用されるという方もいますが、あまり頻繁に使いすぎてしまうと、後が大変です。

便秘の際にウォシュレットで肛門に刺激を与えることで、解消されている方、その刺激がなくなれば便秘がひどくなってしまいます。

つまりもう刺激に慣れてくれば、ウォシュレットなしでは排便することができなくなりますし、慣れすぎてウォシュレットの刺激でも排便できなくなる可能性があるのです。

そのため薬を使用しなければ排便できなくなるという悪循環となり、自分で自然に排便するということができなくなってしまうのです。

ウォシュレットで便秘が解消できるなら、薬よりも便利かもしれませんが、体にとっては悪影響となるので、すぐにでもやめなければなりません。

ウォシュレットより自然な排便を心がけ、使用する回数を減らしていきましょう。

ウォシュレットで便意を感じる理由

ウォシュレットを便秘解消のために使用している方がいますが、なぜウォシュレットを使用すると、便意を感じるのでしょうか。

実は肛門付近にウォシュレットの水をかけて刺激すると、その刺激により排便反射が起きるため、便意を感じることができるのです。

よく赤ちゃんなど便秘している時には、ベビーオイルを綿棒につけて優しく肛門を刺激すると、排便するといわれています。

その方法と同じような仕組みで、ウォシュレットを使用することで、肛門が刺激を受けて便意を感じるのでしょう。

またウォシュレットの水が強すぎる場合、稀に肛門内に水が入る可能性があります。

そうなると浣腸と同じ状態になってしまうので、より一層便意を感じてしまうことになります。

この場合は細菌が入ってしまう可能性もあるため、十分に注意しなければなりません。

このように肛門はちょっとした刺激でも便意を感じるようになっているため、ウォシュレットの使用はなおさら便意を感じてしまうのでしょう。

ただこれで便秘が解消されるという方も多いですが、ウォシュレットの刺激に肛門が慣れてしまうと、よほど強い刺激にならないと便意を感じられなくなってしまうので注意も必要なのです。

便利かもしれませんが危険な場合もあるため、自然な便意を逃さないようにすることが大切ですね。

おすすめ?それとも・・・

トイレ

ウォシュレットでの便秘解消ですが、とてもひどい便秘の方にとっては便利なアイテムかもしれません。

ですが危険も伴うため、はっきり言ってお勧めはできません。

ウォシュレットの刺激に慣れてしまうと、肛門お刺激がないと自然な便意が生まれなくなってしまいます。

また慣れず着て便意を感じなくなってしまうと、さらに強い刺激か、薬に頼る他に方法がなくなってしまいます。

できれば便秘は自力で治せるようにして、自然の力に任せることが一番良いですよね。

意識すればしっかりと便秘を改善することはできます。

ウォシュレットにも薬にも頼らないことが一番良い方法となります。

またウォシュレットの使いすぎで、肛門が水で荒れてしまう場合があります。

とてもデリケートな場所ですし、ひどくなる年に至る可能性もあります。

洗いすぎも常在菌が流れて、感染症を引き起こす可能性もあるため、お勧めはできません。

どうしても便で肛門がすごく汚れてしまったという場合などに使用し、できるだけ他の目的で使用するのは控えるようにしましょう。

便秘の解消法はいくらでもありますし、そのためのお助けアイテムもたくさんあります。

まずは便秘解消目的でのウォシュレットの使用をやめ、腸が働くような方法などを取り入れていくようにしましょう。

お腹が張って苦しい!その意外な原因とは?

下っ腹がパンパンに張って苦しい経験はありませんか?

便秘とはまた違った苦しさがありますよね。

何が原因なのか分からず、不安になることも多いこの症状。

実際は、どのようなことが原因で起こるのでしょうか?

実は、私の場合ですが・・・

風邪をひいた時に今までに感じたことのないお腹の張りがあり、とにかく苦しかったのです。

ガスが溜まっている気がしたので、市販薬の「ガスぴたん」を買ってきてもらい服用したのですが、全く効果がない・・

便秘をしているわけでもないので、原因が分からず苦しみました。

次の日には風邪の症状は落ち着いたものの、お腹の張りは相変わらず・・・

仕方がなく病院に行くと「腹水が溜まっています」とのこと。

量はそれほど多くなかったので、とりあえず様子をみることになりました。

翌日にはお腹の苦しさはなくなり、腹水もほとんど確認できないほどになりました。

まさか、風邪が引き金になって腹水が溜まるなんて思っていなかったので、驚きましたが、便秘でもないのにお腹が張るのは危険な病気の可能性もあると言うことです。

主な原因

私のお腹の張りは腹水が原因でしたが、これはとても稀なケースと言えます。

それでは、お腹の張りの主な原因とは、どのようなことでしょう?

まず一番多いのが便秘です。

便秘になると、当然腸の中に便が溜まりますし、ガスを発生させることで腸がパンパンになりお腹の張りにつながります。

また、女性はホルモンバランスの乱れや生理の前にお腹が張る人が多いようです。

これは、暴飲暴食の時と同じで腸の機能が低下することが原因の、一時的なお腹の張りです。

実は、これ以外にも危険なお腹の張りもあるので、注意しなくてはなりません。

例えば・・・大腸がん、腸閉塞、卵巣嚢腫、子宮筋腫、虫垂炎。

お腹の張りだけではなく、痛みや血便を伴う場合は、自己判断はせずに早めに病院を受診することをお勧めします。

一般的なお腹の張りは、腸内環境を整えることで解消することができます。

食べ物や運動、生活習慣を見直すことで腸の働きを活性化し、張りのないすっきり腸を手に入れましょう。

ガス溜まり解消法

腸

ガスが溜まってお腹が張る時は、腸の働きを活発にすることが一番の解消法です。

特に女性は便秘に敏感で、野菜などをたくさん食べることで解決しようとします。

しかし、この食物繊維の大量摂取が、ガスを発生させるので、できるだけたくさん食べれば良いというものでもないようです。

ガスの発生を抑えるためには、発酵食品が最適です。

納豆やみそ、漬物などがおすすめで、和食を中心に食べることで簡単にガス溜まりを解消することができるのです。

このように見てみると、昔から食べられてきた和食は、ご飯にみそ汁、納豆に漬物など腸内環境を整えるために必要な成分がたっぷり含まれていますね。

やっぱり日本人の腸には和食が一番適しているようです。

また、腸をマッサージすることでガスの発生を抑え、腸の働きを活発にすることができます。

適度な運動も効果的です。

汗をかくほど激しい運動は必要ありませんが、歩いたりウエストをひねるだけでも腸の働きがよくなるので、無理をしないで長く続けましょう。

便秘解消の主食は白米?パン?麺?

ジュース

便秘解消方法はたくさんありますが、一番大切なのは食生活ではないでしょうか?

近年、日本人は和食から離れて色々な国の食べ物を口にするようになりましたが、それによって便秘人口が増えていると言われています。

元々、日本人は肉よりも魚、白米に野菜、発酵食品であるみそ汁や納豆などを食べていましたが、最近自分が食べた食事内容を思い出してください。

きっと、和食よりも肉、パンや麺などが含まれるのではないでしょうか?

ファーストフードやコンビニが街中にあふれ、24時間いつでもジャンキーな食べ物を食べることができるのです。

お母さんやお祖母さんが作ってくれた和食を思い出してください。

時間をかけて出汁から取った栄養満点の味噌汁や煮物、とにかく手をかけ、愛情をかけて作ってくれたものばかりです。

実は、この和食こそが日本人の体にあった食べ物で、肉や揚げ物などは私たちの腸には負担が大きすぎるのです。

また、白米には食物繊維が豊富に含まれているため、わざわざ便秘解消メニューを考えなくても主食を白米にするだけで十分なのです。

もちろん、野菜や豆類も毎日に献立に取り入れたいものですが、面倒だから菓子パン一個で済ませるよりは、おにぎりを一個食べた方が便秘解消には適していると言えます。

野菜ジュースで便秘が改善する?

野菜

健康やダイエット、便秘解消を目的に、朝手作りの野菜ジュースやスムージーを飲んでいる人が増えています。

芸能人もブログなどで紹介しており、それによって美肌効果があると人気を集めています。

朝一でたくさんのフレッシュな野菜をふんだんに使って作ったジュースは、当然栄養満点で一日に必要なビタミンや食物繊維をすべて補えるような気がします。

もちろん、市販のものやサプリメントを使うよりはずっと体に良いことは間違いありません。

便秘に効果がある野菜やフルーツを使うことで薬いらずの体を作ることができますし、良いことづくめのような気がします。

しかし、朝一の野菜ジュースやスムージーは栄養が満点という反面、ダイエットや血糖値を考えると決して最高ではないのです!

野菜やフルーツには私たちが思っている以上に糖質が含まれていますが、これを料理して食べる分には全く気にする必要はありません。

ところが、噛まずに一気に飲めるジュースとなると、凝縮し吸収力が高まった糖質が一気に体内に流し込まれることになります。

朝一は胃の中が空っぽですから、さらに吸収力が高い状態になっています。

もともと血糖値が高い人がこの方法で野菜やフルーツを摂取すると、血糖値が一気に上昇し危険なのです。

ダイエットのために野菜ジュースを飲んでいるのに、全く効果がない、むしろ太ってしまった人は、この血糖値の上昇が原因かもしれませんね。

便秘にも効果が高い野菜ジュースは、朝一ではなく何かと一緒に摂取するなど、飲み方を変えることでより体に良いものになるのです。

口臭の本当の原因は腸にあった!解消方法とは?

若いころは気にならなかったけれど、歳をとると口の臭いが気になりますよね?

特に中年男性の口臭は、若い女性にとってはかなり嫌なもので、上司と話をするときは、なるべく息をしないなんて人もいるくらいです。

口臭は、口に中の雑菌が原因だと言われていますが、口臭予防の歯磨き粉やマウスウォッシュを使っても、その時だけすっきりするものの、すぐに効果がなくなります。

色々試しても口臭が治らない人の多くは、原因は口の中ではなく腸にあるのです。

口臭が腸と関係あると言うのは、食べ物を考えると分かりますよね。

例えば、前日にニンニクたっぷりの餃子やアルコールを飲んだ時、朝口臭が気になりますよね?

げっぷをするとまだ臭いが残っているなんてことも・・

自分では気づかなくても、周囲の人から口臭を指摘されることもあるかもしれません。

また、胃や腸の調子が悪い時や病気の時は独特の口臭がすることがあります。

私が子供の頃は、調子が悪いと母に「息を吐いてごらん」と言われました。

私がハ~っと息を吐くと、母はそのにおいを嗅いで「病気のにおいがするね!」と言って熱を測ってくれた記憶があります。

この方法は、今は私が子供に使っており、調子が悪いとすぐに独特の病気臭がするので分かりやすいのです。

以前、友達の子供からこの病気ににおいがしたことがあり、「○○ちゃん、具合悪い?」と聞いてみたところ「うん」」と答えました。

熱を測ってみるとやはり熱があったのです!

人間の体は病気をすると胃や腸の調子が悪くなり、口臭にも変化が出るのです。

このように、口臭は口の中のトラブルだけではなく、腸に原因があることがとても多いので、何をやっても解消しない人は、腸の機能を高めることが大切かもしれません。

解消法

ニンニク

それでは、口臭はどのように解消したら良いでしょうか?

実は、歯ブラシや歯磨き粉で口臭を改善に解消することはできません。

一時的には臭いをごまかせるかもしれませんが、一日に何度も殺菌してしまうと、口の中に必要な菌までいなくなってしまいます。

口の中が原因の場合は、唾液をたくさん出すことで解消することができます。

顎に唾液腺があるので、それをマッサージすることで、年齢と共に減少してしまう唾液を出すことができます。

また、ガムをかむことで唾液がどんどん出てくるので、口臭予防につながります。

口の中がべたついている時は、唾液が不足している証拠です。

意識して唾液を出すようにしましょう。

また、腸が原因の口臭は腸が汚れている可能性があります。

特に便秘の人は悪玉菌によって悪臭が出ている可能性があり、早めに腸内環境を整えた方が良いでしょう。

腸内環境を整えるために一番大切なのが食生活です。

善玉菌は多ければ多いほど良いと思ってる人がいますが、実はそうではありません。

善玉菌と悪玉菌、そして他の菌とのバランスがとても大切で、それをお花畑に例えたのが腸内フローラです。

腸内フローラがきれいな人ほど、バランスが良い腸を持った人と言え、寿命にまで影響を与えるのです。

バランスの良い食生活と適度な運動が大切で、飲酒や喫煙は悪影響をあたえるので、できるだけ避けるようにしましょう。

また、乳酸菌も腸にはとても良い成分なので、ヨーグルトや発酵食品を積極的に摂るようにしましょう。

口臭は、体のバロメーターともいえるものです。

健康的な体を手に入れて、口臭を退治しましょう!

冬は便秘になりやすい!その原因とは?

暖房

冬になると便秘が悪化する人が多いそうです。

私もようやく改善してきたひどい便秘が寒さと共に元に戻りつつあります。

その原因はいくつかあるようで、一つは水分不足。

夏は暑さから水分を補給しなくてはならないという気持ちになりますが、冬になると逆に寒さから水などを飲むことが少なくなります。

お茶などの温かい飲み物を飲めばいいのですが、手軽に飲めるのはやはり水なのです。

あまり喉が渇かなので水分が不足している実感がありませんが、実は空気が乾燥していることと、暖房によって体内の水分は自分が思っている以上に不足しているそうです。

また、もう一つの原因は運動不足です。

冬は寒さからじっとして過ごすことが増え、お腹の周りの筋肉も緩んでしまうのです。

適度な運動は腸の働きを活発化させ、排便を促す効果があるので、冬こそ運動をするように心がけましょう。

そして最後に冷えです。

冬はどんなに暖かな服装を心掛けていても、体の芯が冷えているものです。

手足が一日中冷たいなんて人も多いですよね?

私も、かなり厚着をして出かけますが、顔だけが暑くなり手足が冷たいまま、なんてことが多いので、結局どんな服装が良いのか分からなくなります。

これは、服装に頼り過ぎるのではなく、体内の血流を改善し、体温を上げることで解消した方が良いようです。

体温が上がると、免疫力や代謝が上がり女性のとっては嬉しいことばかりなのです。

対策

冬に便秘が増える原因がお分かりいただけたと思います。

それでは、これらの原因からくる便秘は、どのように解決したら良いのでしょうか?

まずは、体ん巡りを改善するためにサラサラの血液を目指しましょう!

夏は水分不足からドロドロ血になりやすいと言われていますが、冬も脱水しやすく体も冷えるため、血液がドロドロになります。

おすすめは、湯船に浸かる際に体を温める効果のある入浴剤を使い、ゆっくり浸かります。

その後、温かい飲み物をゆっくり飲んで水分補給し、ストレッチをしましょう。

冬はお風呂に入ってから時間が経つと体が冷えてしまい、湯冷めしてしまうので早めに布団に入るようにします。

寝る前に体の巡りを改善してあげると、リラックス効果があり質の良い眠りを得ることもできますし、便秘改善にもつながります。

ちょっとした工夫で、便秘改善だけではなく病気に負けない体まで手に入れることができるのです。

冬におすすめ!便秘を一気に解消する料理とは?

便秘を改善するには、食べ物もとても大切です。

とは言っても、良いと言われる食品を毎日毎日食べ続けなくてはならないのは、苦痛でしかありません。

できれば、自分が好きな料理に使って美味しく便秘改善したいですね。

冬は便秘になりやすいと言われていますが、毎日の食事で解消することができます。

おすすめは、野菜たっぷりの鍋です。

夏はさすがに暑すぎて鍋を食べる気になれませんが、冬は寒い外からかえってきてアツアツの鍋なんて最高です。

どんな鍋でも良いので、白菜や大根、ニンジン、こんにゃくなど食物繊維たっぷりの美味しい野菜を入れます。

もちろん、肉や魚も入れてOKですが、野菜を中心に食べるのがおすすめです。

野菜が便秘解消に効果があると言うのは、誰でも知っていることですが、生野菜をいくら食べても効果はありません。

逆に体を冷やす原因になってしまうので、気を付けなくてはなりません。

鍋は、そういう意味でも温野菜としてたっぷり食べられるので、一気に便秘を解消できる可能性があります。

 

大腸がんと便秘の関係・・・早期発見で90%異常が治癒!

検査

女性の部位別がん死亡率第一位が大腸がんです!

乳がんや子宮がんを発症する女性が多いイメージがあり、大腸がんは少ないと思っていたので意外でした。

これは、発症数ではなく死亡率なので早期発見しにくいがんとも言えます。

なぜ、大腸がんは早期発見できないのでしょう?

大腸がん自体が発見しにくいがんと言うわけではなく、早期発見する機会が少ないのが現実なのです。

女性は乳がんや子宮がん検診を積極的に受ける傾向にありますが、大腸がん検診となると極端にその数が減ってしまうのです。

女性にとって婦人科検診は妊婦検診の時と同じ感覚で受けることができますが、大腸がん検診となると全く別ものです。

前日から断食をして当日は下剤を大量に飲み腸の中を空っぽにする。

肛門から内視鏡を入れられると考えただけで誰でも躊躇してしまうのではないでしょうか?

そのため、早期発見し治療をすれば日帰りや2.3日の入院で手術ができ、5年生存率はなんと99%と言われています。

ほとんどの人が治癒するにも関わらず、女性の部位別死亡率第一位なんて悲しいですよね?

もし、早期発見できなければ辛い治療が待っています!

他の部位への転移があれば、5年生存率は18%にまで下がってしまうのです。

恥ずかしい気持ちと天秤にかけてみてください。

どちらが自分のため、そして家族のためになるのかすぐに分かるはずです。

大腸がん検査は辛い?

大腸がんを発見するためには、定期的な検診が必要です。

先ほど説明したような内視鏡を使ったものの他にも、検便の簡易検査もあります。

各自治体でもこの大腸がん簡易検査を実施しているところが多く、私もこれを利用しています。

これなら病院に行かなくても自宅で簡単にできます。

やり方は、送られてきた検査キットを使い、2日間分の便を採取し、問診票と共に郵送するだけです。

その後数週間で検査結果が送られてくるので、もし陽性だった場合は病院で内視鏡による検査を受けることになります。

これならストレスなく受けることができますし、費用も最小限に抑えられます。

一定の年齢に達してる人は無料で受けられる自治体が多く、各健康保険組合などで実施している場合もあります。

もし実費で受ける場合でも2200円程度なので、年に一度は必ずこの検査を受けて早期発見したいものですね。

予防法

和食

昔は日本人の大腸がんは少なかったようですが、最近は食生活の変化から急増しているそうです。

食生活を見直すことは大腸がんを防ぐために最も大切なことで、肉や油、砂糖、塩など過剰に摂取することが問題です。

野菜や豆類、魚など本来日本人が食べてきたものをしっかり取り入れ、栄養バランスを考えることが大切です。

また、飲酒や喫煙、無理なダイエットも腸には大きな負担になりま。

そして気になるのが便秘と大腸がんの関係です!

昔から便秘をすると大腸がんになると言われてきましたが、最近の研究でそれは間違いだと分かりました。

2.3日に1回しか排便がない人と毎日排便がある人で調査した結果、大腸がんの発症率に違いがありませんでした。

もちろん、便秘は健康に良いことは一つもないので、早く解消することが大事ですが、大腸がんに関しては心配することはなさそうです。

ただ気を付けなくてはならないのが、毎日排便があった人が急に便秘や下痢が続いたり、便秘だった人が下痢になったなどの今までの排便リズムの変化です。

このような症状がある人は、なるべく早く大腸がん検査を受けることをお勧めします。

このように、大腸がんは簡単に直すことのできる病気です。

しかし、自らそのチャンスを逃しているのであれば、これほど残念なことはありません。

特に康診断を受ける機会が少ない女性は、自ら積極的に大腸がん検査を受けるようにしましょう。