煙草を吸うと便秘解消につながるというのは本当?

たばこ便秘解消

喫煙者に便秘の人が少ないと言う事実をご存知でしょうか?

ですが「これは真っ赤な嘘!」なんて言う人もいるのですが、実は本当のことなのです・・

煙草にはニコチンが含まれており、その効果によって腸が刺激され排便が促されると言うわけです!

ただしこれは刺激性の下剤のようなもので腸の働きが良くなるわけではないのです!

逆にニコチンは血流を悪くするので内臓機能も低下し腸の働きも鈍くなるので、煙草を吸って便秘が改善するのは下剤を飲んでいるようなもので、体には決して良いことではないのです!

煙草は百害あって一利なしと言う言葉がぴったりのもので、世界中で禁煙運動が盛んになっており日本も例外ではありません。

喫煙者は煙草を吸いながら排便をするクセがある人が多く、トイレでの喫煙を日常的に行っているのです!

禁煙のデパートのトイレなどで煙草を吸ってブザーが鳴るなどのトラブルも多いようで、慌ててしまった経験がある人も多いのではないでしょうか?

煙草を吸わないと便が出ないのは下剤を乱用しているのと同じで、続けることによって腸が自ら働くことをやめてしまうのです!

ですから、便秘を改善するために煙草を吸うなんて考えは絶対にやめ、腸の機能を高める方法を見つけることが体のためにも良いのではないでしょうか?

 

便秘と職業の関係

便秘になりやすい職業

便秘は体質や生活習慣、食生活だけが原因と思っている人が多いようですが、大人になると職業が便秘と関係していることが多いようです。

どのような職業でも人間だから便意を感じたら排便するのでは?と思いますよね・・

しかし、この便意を感じたときに必ずしもトイレに行ける状況ではないとしたら、我慢することで便意はなくなり便がどんどん硬くなってしまうのです。

もし、忙しい仕事だとしても規則正しい生活ができれば自然に排便のリズムもそれに合わせることができるのですが、不規則な職業ななかなか体内のリズムが整わず便秘に悩む人が多いと言われています・・

具体的には夜勤の多い看護師や医師、介護職などで、毎日同じリズムではなく日中働いたり夜働いたり・・当然睡眠時間や食事の時間もその日によって全然違うため、排便のリズムが狂ってしまうのです。

他にもトラックの運転手、タクシードライバー、事務職などは長時間座った状態が続くので腸の働きが鈍くなってしまうのです・・このような人たちは時間を見つけて伸びをしたり腰をひねる動作を取り入れることで、腸には刺激になり便秘が改善しやすくなります。

このように、便秘と職業には意外な関係があることが分かりますよね?勤務時間を自分で変えることは難しいので、その生活の中で何ができるのかを考えることが大切なのかもしれません。

 

便秘と大腸がんの関係

便秘 病気

便秘が長く続いていると体に悪影響があると分かっていますが、便秘がちな人にとって最も心配なのは腸に古い便が溜まることで発がん性物質が体内に留まってかもしれないと言うことではないでしょうか?

便秘が大腸がんの原因になるという話をよく聞くので心配になります・・大腸がんにならないためにも腸内環境を整えることが大切だと考えるはずです。

その話はもっともな感じがしますが、実は最近の研究や調査で便秘が大腸がんと直接の関係がないことが分かったのです!

関係ないなんて驚きですが調べてみるとひどい便秘の人も毎日快便の人も大腸がんの発症率は変わらなかったそうです・・

しかし、腸内環境を整えることで免疫力を上げ様々な病気やがん発症リスクを下げることは分かっているので便秘を改善して毎日すっきり出すことはとても大切なことなのです。

便秘が大腸がんの原因ではないものの、大腸がんによってひどい便秘になることは多いようです!

ですから今まで快便だったのに急にひどい便秘になり薬も効果がないとか、常にお腹にガスが溜まって苦しい、便に血が混ざったり黒い便が出る、下痢と便秘を繰り返すなどの症状がある人は一度検査を受けたほうが良いかもしれません。

 

オリゴ糖で便秘解消

オリゴ糖

便秘が健康に悪影響を及ぼすことは誰でも分かっているはずですが、かなり頑固な便秘の人は効果的な方法と言われていることを試してもなかなか改善しないようです!

例えば食物繊維や水分をたくさん摂取するとか、お腹をマッサージするとか・・軽度の便秘の場合はこれだけで改善するかもしれませんが、年季の入った便秘の人はびくともしません。

便秘が原因で腹痛や吐き気、頭痛、食欲不振、肌荒れ、むくみ、イライラを感じる人が多く、お腹もポッコリ出てしまうので服のサイズまで変わってしまう人もいるようで、体内に何日も便が溜まっていると腐敗して毒ガスを発するので体臭やおならも臭くなってしまいます。

女性は特に便秘になりやすいのですが、それによってお腹が出たり肌荒れを引き起こすなんて本当にイライラしますよね!

友人は一週間出ないのも珍しくないほどのひどい便秘なので「これが良い」と聞くとすぐに試していたのですが、どれもいまいち効果がなく悩んでいたんです!そこで知り合いがすすめてくれたオリゴ糖を毎日摂取するようにしたところ、だんだん排便の感覚が短くなり最近ではほとんど毎日出るようになったそうで体重も3キロくらい減ったそうです!それだけたくさんの便がたまっていたと言うことでしょう。

オリゴ糖が便秘改善に有効だと言うことは前から知っていましたが、どのオリゴ糖でも効果があるわけではないらしいのです!

オリゴ糖は善玉菌の餌になり数を増やすことで腸内環境を改善することができるのですが、この善玉菌はどのオリゴ糖でも相性がいわけではないらしく、自分の善玉菌と相性がいい物を選ぶ必要があるそうです!

これってすごく難しいことだと思いませんか?自分のお腹の中にいる善玉菌の好みまで把握することは当然できませんし、全く見当違いのオリゴ糖を摂取しても効果は出ないと言うことですよね・・

そこで、オリゴ糖を選ぶ際は「すべての善玉菌と相性がいい」というものを選ぶと誰でも効果が出やすいそうです。

便秘は辛いものですが特別な方法を取り入れることも忙しい毎日では面倒でストレスになりますよね?

オリゴ糖ならば毎日の食事に少し加えるだけでOKなので負担に感じることもなく続けることができますね!

便秘解消にはこの続けることがとても大切で、数回便が出たから大丈夫ではなく、腸内環境をきちんと整えて体の中から便秘を改善することで食べた物をきちんと消化し不要なものは早めに排出する体になるのです。

オリゴ糖についてはこちらでも解説していきます=オリゴ糖について知っておくべきこと

 

何日便が出ないと便秘と言えるのか?

便秘

毎日便が出ないと必ず便秘と言えるのでしょうか?

ほとんどの人は健康な体は毎日排便があり一日でも出ない場合は便秘だと勘違いしているそうです!

しかし、便は必ずしも毎日出るわけではなく人それれぞれリズムが違うため二日や三日に一度でも柔らかくも硬くもなく残便感もなければ便秘ではなく快便なのです。

 

もともと便秘の定義はなく毎日便が出るひとでも量が少なかったり硬い、すっきり感がない場合は便秘と言え、回数や日数だけで判断できるものではないらしいのです!

だからと言って1週間も出ていないけど苦しくないから便秘ではないと言うのは間違いで、やはりきちんとした食生活を送っているのに1週間も出ないのは便秘と言え、お腹を触って見ると一部分にこりこりとした石のような感触が合ったり押すと痛みを感じる場合が多いようです。

 

また、整腸剤や下剤を服用しないと出ない場合も便秘と言え、手軽に手に入り自分でコントロールしやすいからと言って薬にばかり頼っていると腸本来の機能が低下し、自力での排便が出来なくなってしまうので気を付けましょう!

出来るだけ薬に頼らずに食生活や腹筋を鍛えることで自然な排便を促し、便秘知らずの生活が送れる努力が必要なのかもしれません。

 

お手軽下剤ダイエットの恐怖

以前バイトの後輩が「下剤で簡単にダイエットできるんですよ~」と言うのでびっくり!

下剤ってダイエット薬ではなくひどい便秘の時に飲むあれですよね・・最近の若い子は~なんて思いながらも「簡単に・・」なんて言葉にちょっと興味津々。

元々便秘がちらしく下剤を服用することに抵抗はなかったそうで、それを集中的に使うことで体内の不要物と水分を排出することができ、宿便がたっぷり出るとか・・

私にとって下剤とはあの恐ろしい腹痛を伴う便秘薬という印象しかないので考えただけで冷や汗が出てしまいます。

下剤は頻繁に飲むと効果が薄れ飲む量がどんどん増えてしまうそうで、頼り過ぎると下剤がないと不安という状態になってしまうらしいのです!

これってちょっと危険ですよね?くすりの量が増えてしかも手放せなくなるなんて・・ダイエットをためにこの下剤を利用する人は意外と多いようで、ネットで「下剤ダイエット」と検索するとたくさんの情報があり、毎食後に飲むと栄養が吸収されずに排出されるとか、体内の水分も出るのでむくみが解消するとか良いことばかり書いてあるサイトも多く、これを真に受ける人はとても危険なダイエットを実際にやってしまうのではないかと不安になります。

下剤ダイエットを実行している後輩は痩せる必要がないほど細いのに、なぜか食後に下剤を服用しているそうでバイト中もトイレにこもってしまうことがしばしば・・

生活に支障が出るほど下痢になるのになぜ続けるのか・・食べたものをすぐに排出することで食べても罪悪感がなく欲求も満たされるので下痢をしても腹痛に襲われても辛くないおうです・・ここまでくると依存症ですよね。

実際は下剤を使っても体内の便と水分が排出されるだけで脂肪が減るわけではないそうです!

下剤ダイエットでは体内に必要な水分まで排出されるため脱水症状に陥りやすく命の危険もあるので、体重にだけ支配されるのではなく健康的にきれいに痩せることが大切なんですよね・・

このように下剤をむやみに乱用すると腸が傷つき機能も弱まるそうで、最終的には自発排便できない体になってしまうそうで、芸能人でこのダイエットをした人は腸や肛門が傷つき血が出るようになり怖くなって止めたそうです!

体の大事な臓器を傷つけてまでダイエットをするなんて馬鹿げていますよね!

  • 「簡単に」
  • 「すぐに」
  • 「楽して」

は、とても魅力的な言葉ですが、それには犠牲が伴うことが多いことは忘れてはいけませんね。

宿便にはそのための解消方法があります、こちらも御覧ください=宿便解消方法

 

困ったお年寄りの便秘・・その解消法とは?

高齢者の便秘

年齢とともに腸の働きも鈍くなるため便秘がちになるお年寄りが多いようで、いつも通っている病院で便秘薬を処方してもらう人もいるようです。

誰でも老化はおとずれるもので避けては通れませんよね?

しかし、年をとっても腸内環境が整っている人は病気になりにくく健康に人生を全うできるという研究結果があり、最近は腸内環境が寿命にまで影響を及ぼしていると言われています。

しかし、お年寄りの便秘解消は若い人と同じでは危険が生じることがあり「○○をすれば便秘が治るよ!」と安易に勧めることはとても危険なのです!

例えば、朝起きて冷たい水を1杯飲むことで腸を目覚めさせ排便を促す効果があると言われていますが、これをお年寄りがやると内蔵が冷えてしまい他の機能まで鈍くなってしまう可能性があるのです!

お年寄りが体を急に冷やすこと自体とても危険なことなんですよね・・もう一つ私たちにとって便秘解消と言えば食物繊維ですが、お年寄りが食物繊維をたくさん摂取してしまうと逆に便秘が悪化してしまう可能性があるのです!

そのため、消化力が落ちているお年寄りに大量のサラダや海藻類を食べさせることは避けた方が良いようです。

良かれと思ってやっていることが逆の体の機能を悪化させている可能性があるので、もし家族などで便秘に悩むお年寄りがいたら注意してあげないといけませんね!

若い人に効果がある事でもお年寄りには逆効果なことが多いと理解しないと体調を崩すことにもつながります。

それではお年寄りの便秘には何が効果的なのでしょう?もちろん規則正しい生活と食生活、無理のない程度の運動は必要ですが、それに加えて善玉菌を増やす効果が高い食品を上手に摂取することが必要なのです!

善玉菌は腸内環境を整えてくれるのでその餌になるオリゴ糖を含んだ食品がおすすめで、手軽に摂れる顆粒のものやシロップもありますがヨーグルトや牛乳などからも摂取できるので、毎日少しずつ続けてみてはいかがでしょうか?

食事量が少ないお年寄りは体を全く動かさない傾向にあります。

どこも悪いところがない人は積極的に外に出て散歩をしたり地域の人との交流を深めることで、生活にメリハリができ動いた分お腹が空き食事量も増えるはずです!

激しい運動はできなくても家事をこなしたり買い物に行く、ゴミだしをするなど自分の役割を見つけて適度に動くことが大切なのかもしれません。

健康で長生きするためにも便秘を解消して毎日の生活と食事を楽しめるようにしたいですね!