野菜をたくさん食べても便秘なのはなぜ?

野菜を食べても便秘

便秘解消には野菜をたくさん食べれば効果的だということは誰でも知っていることですが、人よりも野菜を食べているにも関わらず効果がないと言う人も少なくないのはなぜでしょう?

なるべく薬に頼らなくても良いように毎食野菜をたくさん食べているにも関わらず、解消しないのは実は野菜に便秘解消の効果がないのではないかと疑いたくなりますよね・・

なぜそのようなことが起こるのでしょうか?

野菜と一言で言っても緑黄色野菜から根菜まで色々な種類があり、それらのなかから何でも良いからたくさん食べれば便秘知らずのすっきり生活ができるわけではなく、便秘に効果のある物とそうではない物があり食べ方にも工夫が必要なのです。

実は、健康のため便秘解消のためと毎日食べている野菜が逆に便秘を悪化させている可能性があるのです。

野菜と言えば食物繊維が豊富で健康にも良いのは事実ですが、不溶性食物繊維をたくさん摂取してしまうと便秘の種類によっては便のカサが増えすぎ腸の働きが鈍くなる可能性があり、余計に便秘がひどくなるケースがあります。

便秘改善のために食物繊維を摂取する場合は、この不溶性食物繊維とサトイモや蒟蒻、海藻に含まれる水溶性食物繊維をバランス良く食べることが大切なのです!

水溶性食物繊維は固くなった便を柔らかくする効果があるため、水分が足りなく排便がスムーズに行われない便秘に効果があります。

また、女性は特にサラダが健康や美容、便秘の改善に効果があると思いがちで、ダイエットのために食事を生野菜のサラダだけで済ませるなんて人もいますよね?

実はこれも間違った方法で、生野菜は体を冷やし新陳代謝を下げてしまうだけではなく、腸の働きを鈍くしてしまうのです。

これではせっかくたくさんの野菜を食べていても便秘になるのは当然で「毎日草食動物みたいにサラダばかり食べているのに便秘が治らない・・・」という人は、きっとこれが原因ではないでしょうか?

便秘解消のために食べていた野菜によって体が冷え、便秘を悪化させているなんて考える人はあまりいませんよね?

サラダに使われるトマトやキュウリ、大根、レタス、キャベツなどの野菜には元々体を冷やす効果があるので、体温を下げ腸の働きを鈍らせる可能性があるのです。

便秘解消を目的に野菜を食べるのであれば、生よりも火を通したスープや温野菜がおすすめで、体を温めることととバランスの良い食物繊維、適度な運動で便秘解消はばっちりです!

 

オリゴ糖について知っておくべきこと

オリゴ糖

健康のために砂糖の代わりにオリゴ糖を取り入れている人は多いのではないでしょうか?テレビや雑誌で度々オリゴ糖のメリットを取り上げているので、目にしたことがある人も多いはずです。

このオリゴ糖は、砂糖のカロリーの半分とも言われていて体内に吸収されずに排出される量が多いので、血糖値が気になる人やダイエット中でも安心して甘いものが楽しめると若い人を中心に人気が広がっています。

オリゴ糖は善玉菌の餌になるため便秘解消にも効果が高く、朝ヨーグルトや飲み物に入れて健康管理をしている人も多いのではないでしょうか?

しかし、ここで知っておかなくてはならないのがオリゴ糖は適量であれば便秘に効果がありますが、人によってはおなかが緩くなり一日中トイレに駆け込むなんてことにもなりかねないのです。

また、腸内環境そのものを改善する効果はなく、薬のように即効性もないのでの長期間気長に取り入れてこそ効果が出る補助的な物として考えたほうが良いようです。

とは言っても、カロリーが低く便秘予防にも効果があるのならば是非取り入れたい食品ですよね!

最近はスーパーやドラッグストアなど色々なところで購入できるようになりましたが、なかには安価で成分が薄い物もあるので信頼できるメーカーのものを選ぶのも大切かもしれません。

 

オリゴ糖の摂り方

健康のためにオリゴ糖を食事に取り入れたい人は多いのではないでしょうか?雑誌などにも色々な使い方が紹介されているのですが、難しいメニューは続けることができないので簡単に考えたほうが良いかもしれません。

オリゴ糖は蜂蜜のようにドロドロの液体になっているものや、粉状、サプリメントタイプがありますので生活スタイルや好みに合わせて選ぶことができるので便利ですよね?もし、食事に取り入れるのであれば液体が良いのではないでしょうか?

砂糖と同じようにコーヒーや紅茶に入れたりヨーグルトやフルーツにかけて食べることができるので、こうすると毎日無理なく摂取することができ特別な使い方をする必要はないのです。

忙しく食事に取り入れるのが難しいと言う人はサプリメントをカバンにしのばせておくと、いつでも気が付いた時に摂取でき便利ではないでしょうか?

ただ気を付けなくてはならないのが、普段摂取している砂糖類をすべてオリゴ糖に代えてしまうと、一日の摂取量を超えてしまう可能性がありお腹が緩くなる可能性があるので注意が必要です。

便秘は肌荒れだけではなく様々な病気の原因になり、腸内環境を整えることが健康で病気になりにくい体を手に入れる近道と言われています!オリゴ糖を毎日の食事に上手に取り入れ、便秘知らずの体を手に入れましょう。

オリゴ糖を安価で効果的に摂取する方法は、下記のサイトをどうぞ。

こちら=オリゴ糖の摂り方

 

妊娠中の便秘 簡単な対策、解消法

妊娠中の便秘

今まで便秘とは無縁だった人でも、妊娠した途端に便秘になる人は多いようで、妊婦さんの7割以上が経験すると言われています。

原因は妊娠中体内に多くなる女性ホルモンの一種のプロゲステロンで、このホルモンは妊娠を継続するためになくてはならないのですが、体の栄養を蓄え維持しようとする副作用として腸の働きも鈍くなり便秘になってしまう人が多いようです。

また、つわりや食事の偏り、ストレス、運動不足なども影響していて便秘に慣れていない人は苦しくてたまらないのではないでしょうか?

また、妊娠中はへその緒を通して赤ちゃんに優先的に必要な栄養分が送られ貧血になる人が多いのですが、その時に処方される鉄剤の副作用で便が硬くなり便秘になる人もいます。

特に妊娠後期になると便秘は本当に辛いもので、赤ちゃん大きくなると力を入れると生まれてしまうのではないかという恐怖から便秘になる人もいるそうです・・

実際はそんなことはないのですが、初めての出産の場合は慎重になってしまうのかもしれませんね。

妊娠中は安易に下剤や整腸剤などを服用できないので、多くの妊婦さんが悩むのではないでしょうか?

市販の下剤のなかには子宮収縮作用がある成分が含まれている物があり、それを安易に服用してしまうと流産や早産の危険があるので絶対にやめましょう!

妊娠中でも服用できる薬やサプリメントもあるので心配な人は薬剤師さんや医師に相談して服用してみてはいかがでしょうか?

便がすんなり出ないといきんでしまい切迫早産や出血などのトラブルにつながる場合もあるので、妊娠中の便秘はなるべく早く解消した方が良いようです。

もちろん、あまりにも酷い場合は病院で妊娠中でも服用できる整腸剤を処方してくれます。

出来れば毎日の食生活で便秘を解消してすっきりしたいのであれば、生野菜ではなく温野菜や海藻類などをバランスよく食べましょう!

便秘解消には水溶性食物繊維と不溶性食物繊維とのバランスを考えて適量摂るようにすると効果的です。

便秘だからと言って毎食サラダを大量に食べていても全く解消せず、逆に便秘を悪化させてしまい体を冷やしてしまうのでおすすめできません。

また、妊娠中は汗をかきやすくなるので水分もこまめに補給し、適度な運動を心がけると妊娠中も便秘知らずの毎日を送ることができます。

妊娠中は何かと心配事が多くストレスもたまりますが、今しかできないことを楽しんでみてはいかがでしょうか?