卵角膜の効果は? 卵殻膜 美菜(ビサイ)を飲んでみたレビュー

卵殻膜

最近色々な場所で「腸内フローラ」という言葉を耳にしますよね?テレビの健康情報番組でもこの腸内フローラについて特集すると視聴率が良いらしく、それだけみんな気になり注目していると言うことではないでしょうか?

この腸内フローラが長生きにも関係しているというすごいデータもあるそうで、ご長寿が多い地域の人たちを調べてみるとお年寄りでもみんな腸内フローラのバランスがとても良いらしいのです!

ってことは腸の健康が直接体の健康や長きにまで影響していると言うことですね。

そもそも腸内フローラという言葉だけが独り歩きして本当の意味を知らない人が多いのではないでしょうか?実は私も正しい意味を知らずに「腸を健康にすれば腸内フローラが生まれる」なんて勘違いしていたのですが、最近読んだ雑誌にそのことが詳しく説明されていたので、そこで初めて本当の意味を知りました。

腸内フローラとは

腸内に住む細菌たちの生態系のことで、そのバランスが良いとお花畑のようなので名づけられたもので、そのなかには乳酸菌のような善玉菌だけではなくて悪玉菌やどちらにも属さない日和見菌が存在しているそうで、腸のなかに悪玉菌がいるのは決して悪いことではないらしいですよ!

要はそのバランスが大切で、常に善玉菌が優位に立っていると良い腸内フローラと言えるそうです。

この腸内フローラのバランスが崩れると便秘だけではなく、アレルギーやアトピー、喘息、肌荒れ、肌の老化の加速、癌、糖尿病など恐ろしい症状が出る可能性が高くなり、この肌荒れと便秘は私にぴったり当てはまりこのままでは病気を引き起こしてしまうのではないかと不安になってしまいます・・・息子も便秘症でアレルギー体質です。

 

卵殻膜 美菜を飲んでみました。

今すぐ何かできることはないかと色々調べてみると、良いものがありました~「卵殻膜 美菜」という体の中からキレイになるためドリンクで、東京大学と共同研究で「卵殻膜」という21世紀のスーパー美容新素材と11種類の野菜、食物繊維、乳酸菌、スピルリナなどが配合された美しさと健康を同時に手に入れることができるすごい成分だけで作られているそうです。
これは試してみるしかありませんよね~

薬を使えば簡単に便は出るかもしれませんが、それでは腸内環境が改善したことにはなりませんし、その場しのぎの応急措置でしかありませんよね?

特に最近は便秘が健康や美容に与える影響について分かってきたので、出来るだけ早く腸内環境を整えて健康な体を作ってあげたいですし、私もそろそろ自分の健康について心配な年齢になってきたので効果があると嬉しいのですが・・・

早速注文して届いた説明書などを読んでみると、普段の食事でなかなか摂れない栄養素がぎっしりで、今までサプリメントで「あれもこれも・・・」と摂っていたのが全てこの「卵殻膜 美菜」に入っているので節約にもつながりそう。

卵殻膜 ビサイ

 

卵殻膜

色は青汁に似ているが・・

恐る恐る水で溶かしてドリンクを作ってみると・・・なんと私が嫌いな青汁の色!

匂いは青汁ではなく青りんごなんですが・・・ちょっと抵抗があったので便秘がちな息子に先に味見してもらうことに!

息子の最初の一言は・・・「これ美味い!ジュースみたい」でした。
色からしてそんなわけないでしょう!と疑ったのですが、このままでは味見どころか全部飲まれてしまいそうなので慌てて私も一口・・・「本当に美味しい!」青汁系の独特の味がなく、リンゴジュースみたいに美味しいのでゴクゴク飲めちゃいます。

 

卵殻膜 美菜 水
私が嫌いな青汁は体に良いと分かっていても青臭くてダメなんですよね・・・流行ったものの未だに続けている人はあまり見かけないのは、やはり飲むのが苦痛になってしまうからではないでしょうか?

それに比べて「卵殻膜 美菜」は体のために飲まなくてはならない!という嫌な気持ちは全くなく、むしろ「美味しいから飲みたい!」と思える味なんです。
これだけの栄養が詰まっているのに、そうやってこんなに美味しく作れたのか不思議なくらいです。

すっかり「卵殻膜 美菜」が気に入った私は次の日は水ではなく牛乳で作ってみることに。

卵殻膜 美菜 牛乳

前日水で割った味と少し違い、抹茶ミルクのようなマイルドな感じ、息子は牛乳よりも水の方が美味しいと言っていましたが私はこっちの方が好きかな・・・

 

感じた効果は?

一杯飲むとお腹がいっぱいになり現在ダイエット中の私はおやつ代わりとしても良いかもしれません!気分や飲む時間によって違った味を楽しめることを発見したので、また楽しみが増えたような気がします。
結局、体に良いと分かっていてもマズイ物は続きませんからね~美味しくて健康に良いものこそ長く続けられるはずで、「卵殻膜 美菜」はまさにそんな存在になりそうな予感。

腸内フローラを整えるつもりで飲み始めたのですが、やはり気になるのは「卵殻膜」ですよね!腸内環境を整える働きのある野菜と乳酸菌が含まれるのは納得なのですが、この「卵殻膜」はどのような働きをするのでしょうか?

「卵殻膜」は、その名の通り卵の殻の内側にある膜のことで、あれ料理する時邪魔なんですよね~実はその膜にこそ自然由来の栄養素やコラーゲン、ヒアルロン酸などの美容成分がぎっしり詰まっていて年齢とともに減少するⅢ型コラーゲンを体の中からサポートし、腸内環境にも大きな関わりがあるそうなんです。

卵殻膜 美菜 レビュー

この「卵殻膜」は東京大学との共同研究で商品化することができたものなので「絶対効果がある!」と確信でき、信頼して続けられるのではないでしょうか?

「東京大学」という名前だけですごい研究をしているのは明らかで、これは続けたら息子の便秘も私の肌の老化も改善するかもしれません。

「卵殻膜 美菜」、女性の美容だけではなく子供の栄養補給や便秘予防、免疫力を上げる効果も期待できるので最近疲れやすいお父さんや年齢肌が気になるお母さん、成長期の子供たちみんなの健康をサポートしてくれる強い味方になってくれそうです。

家族みんなで腸内フローラのバランスを整えて、健康で強い体を手に入れましょう。

 

コーヒーと便秘の関係 便秘になる?改善する?

便秘とコーヒー

コーヒーを飲み過ぎると便秘になると言う人や逆に下痢をすると言う人がいるのですが、本当はどちらの作用があるのでしょうか?

コーヒーにはカフェインが含まれるためそれが胃や腸を刺激し便意を感じる人がいる一方、利尿作用によって体内の水分が奪われ便が硬くなるため便秘になる人がいます!

カフェインはコーヒーにかぎった物ではなく緑茶や紅茶にも含まれるので同じことが言えるかもしれません。

どちらの効果が出るのかは人それぞれで胃腸が比較的敏感で弱い人はコーヒーを飲むだけで下痢をし、胃腸が強く毎日何杯もコーヒーを飲む人は便秘しやすいのでもしコーヒー好きで便秘の人は少し量を減らすことで解消するかもしれませんね!

また、水分不足や腸の筋力が低下することで起こる弛緩性の便秘の人はコーヒーの利尿作用でより便秘がひどくなることがあるので気を付けましょう!

コーヒーを便秘薬に使うのはあまり良いことではなく、胃腸が弱い人は特に過剰摂取によって胃腸を傷めてしまう可能性があので、やはり便秘解消には適度な運動と食生活の改善が一番重要です!

コーヒーを飲むことが毎日の習慣で楽しみと言う人も少なくありませんが、もう一度自分の体調とコーヒーの量が合っているのか考えてみてはいかがでしょうか?

 

煙草を吸うと便秘解消につながるというのは本当?

たばこ便秘解消

喫煙者に便秘の人が少ないと言う事実をご存知でしょうか?

ですが「これは真っ赤な嘘!」なんて言う人もいるのですが、実は本当のことなのです・・

煙草にはニコチンが含まれており、その効果によって腸が刺激され排便が促されると言うわけです!

ただしこれは刺激性の下剤のようなもので腸の働きが良くなるわけではないのです!

逆にニコチンは血流を悪くするので内臓機能も低下し腸の働きも鈍くなるので、煙草を吸って便秘が改善するのは下剤を飲んでいるようなもので、体には決して良いことではないのです!

煙草は百害あって一利なしと言う言葉がぴったりのもので、世界中で禁煙運動が盛んになっており日本も例外ではありません。

喫煙者は煙草を吸いながら排便をするクセがある人が多く、トイレでの喫煙を日常的に行っているのです!

禁煙のデパートのトイレなどで煙草を吸ってブザーが鳴るなどのトラブルも多いようで、慌ててしまった経験がある人も多いのではないでしょうか?

煙草を吸わないと便が出ないのは下剤を乱用しているのと同じで、続けることによって腸が自ら働くことをやめてしまうのです!

ですから、便秘を改善するために煙草を吸うなんて考えは絶対にやめ、腸の機能を高める方法を見つけることが体のためにも良いのではないでしょうか?

 

便秘と職業の関係

便秘になりやすい職業

便秘は体質や生活習慣、食生活だけが原因と思っている人が多いようですが、大人になると職業が便秘と関係していることが多いようです。

どのような職業でも人間だから便意を感じたら排便するのでは?と思いますよね・・

しかし、この便意を感じたときに必ずしもトイレに行ける状況ではないとしたら、我慢することで便意はなくなり便がどんどん硬くなってしまうのです。

もし、忙しい仕事だとしても規則正しい生活ができれば自然に排便のリズムもそれに合わせることができるのですが、不規則な職業ななかなか体内のリズムが整わず便秘に悩む人が多いと言われています・・

具体的には夜勤の多い看護師や医師、介護職などで、毎日同じリズムではなく日中働いたり夜働いたり・・当然睡眠時間や食事の時間もその日によって全然違うため、排便のリズムが狂ってしまうのです。

他にもトラックの運転手、タクシードライバー、事務職などは長時間座った状態が続くので腸の働きが鈍くなってしまうのです・・このような人たちは時間を見つけて伸びをしたり腰をひねる動作を取り入れることで、腸には刺激になり便秘が改善しやすくなります。

このように、便秘と職業には意外な関係があることが分かりますよね?勤務時間を自分で変えることは難しいので、その生活の中で何ができるのかを考えることが大切なのかもしれません。

 

便秘と大腸がんの関係

便秘 病気

便秘が長く続いていると体に悪影響があると分かっていますが、便秘がちな人にとって最も心配なのは腸に古い便が溜まることで発がん性物質が体内に留まってかもしれないと言うことではないでしょうか?

便秘が大腸がんの原因になるという話をよく聞くので心配になります・・大腸がんにならないためにも腸内環境を整えることが大切だと考えるはずです。

その話はもっともな感じがしますが、実は最近の研究や調査で便秘が大腸がんと直接の関係がないことが分かったのです!

関係ないなんて驚きですが調べてみるとひどい便秘の人も毎日快便の人も大腸がんの発症率は変わらなかったそうです・・

しかし、腸内環境を整えることで免疫力を上げ様々な病気やがん発症リスクを下げることは分かっているので便秘を改善して毎日すっきり出すことはとても大切なことなのです。

便秘が大腸がんの原因ではないものの、大腸がんによってひどい便秘になることは多いようです!

ですから今まで快便だったのに急にひどい便秘になり薬も効果がないとか、常にお腹にガスが溜まって苦しい、便に血が混ざったり黒い便が出る、下痢と便秘を繰り返すなどの症状がある人は一度検査を受けたほうが良いかもしれません。

 

オリゴ糖で便秘解消

オリゴ糖

便秘が健康に悪影響を及ぼすことは誰でも分かっているはずですが、かなり頑固な便秘の人は効果的な方法と言われていることを試してもなかなか改善しないようです!

例えば食物繊維や水分をたくさん摂取するとか、お腹をマッサージするとか・・軽度の便秘の場合はこれだけで改善するかもしれませんが、年季の入った便秘の人はびくともしません。

便秘が原因で腹痛や吐き気、頭痛、食欲不振、肌荒れ、むくみ、イライラを感じる人が多く、お腹もポッコリ出てしまうので服のサイズまで変わってしまう人もいるようで、体内に何日も便が溜まっていると腐敗して毒ガスを発するので体臭やおならも臭くなってしまいます。

女性は特に便秘になりやすいのですが、それによってお腹が出たり肌荒れを引き起こすなんて本当にイライラしますよね!

友人は一週間出ないのも珍しくないほどのひどい便秘なので「これが良い」と聞くとすぐに試していたのですが、どれもいまいち効果がなく悩んでいたんです!そこで知り合いがすすめてくれたオリゴ糖を毎日摂取するようにしたところ、だんだん排便の感覚が短くなり最近ではほとんど毎日出るようになったそうで体重も3キロくらい減ったそうです!それだけたくさんの便がたまっていたと言うことでしょう。

オリゴ糖が便秘改善に有効だと言うことは前から知っていましたが、どのオリゴ糖でも効果があるわけではないらしいのです!

オリゴ糖は善玉菌の餌になり数を増やすことで腸内環境を改善することができるのですが、この善玉菌はどのオリゴ糖でも相性がいわけではないらしく、自分の善玉菌と相性がいい物を選ぶ必要があるそうです!

これってすごく難しいことだと思いませんか?自分のお腹の中にいる善玉菌の好みまで把握することは当然できませんし、全く見当違いのオリゴ糖を摂取しても効果は出ないと言うことですよね・・

そこで、オリゴ糖を選ぶ際は「すべての善玉菌と相性がいい」というものを選ぶと誰でも効果が出やすいそうです。

便秘は辛いものですが特別な方法を取り入れることも忙しい毎日では面倒でストレスになりますよね?

オリゴ糖ならば毎日の食事に少し加えるだけでOKなので負担に感じることもなく続けることができますね!

便秘解消にはこの続けることがとても大切で、数回便が出たから大丈夫ではなく、腸内環境をきちんと整えて体の中から便秘を改善することで食べた物をきちんと消化し不要なものは早めに排出する体になるのです。

オリゴ糖についてはこちらでも解説していきます=オリゴ糖について知っておくべきこと

 

何日便が出ないと便秘と言えるのか?

便秘

毎日便が出ないと必ず便秘と言えるのでしょうか?

ほとんどの人は健康な体は毎日排便があり一日でも出ない場合は便秘だと勘違いしているそうです!

しかし、便は必ずしも毎日出るわけではなく人それれぞれリズムが違うため二日や三日に一度でも柔らかくも硬くもなく残便感もなければ便秘ではなく快便なのです。

 

もともと便秘の定義はなく毎日便が出るひとでも量が少なかったり硬い、すっきり感がない場合は便秘と言え、回数や日数だけで判断できるものではないらしいのです!

だからと言って1週間も出ていないけど苦しくないから便秘ではないと言うのは間違いで、やはりきちんとした食生活を送っているのに1週間も出ないのは便秘と言え、お腹を触って見ると一部分にこりこりとした石のような感触が合ったり押すと痛みを感じる場合が多いようです。

 

また、整腸剤や下剤を服用しないと出ない場合も便秘と言え、手軽に手に入り自分でコントロールしやすいからと言って薬にばかり頼っていると腸本来の機能が低下し、自力での排便が出来なくなってしまうので気を付けましょう!

出来るだけ薬に頼らずに食生活や腹筋を鍛えることで自然な排便を促し、便秘知らずの生活が送れる努力が必要なのかもしれません。