便秘が原因で出来た大人ニキビのケア

便秘が原因の大人ニキビでも、毎日のスキンケアを怠ってはいけません。

大人ニキビは、体の中と外両方のケアが必要だからです。

若い頃は肌が荒れても一晩ぐっすり寝るだけで、肌の調子が良くなることが多いものですが、大人になるとそんなに簡単にはいきません。

原因になることを解決し、それと同時に大人ニキビ専用のスキンケア用品を使うことで、肌の調子を整えることができます。

ニキビ専用のスキンケア用品はたくさんありますが、若いころと同じものでは全く効果がありません!

逆に肌を乾燥させ、ニキビを悪化させることもあるので、大人ニキビ専用を選びましょう。

おすすめは、ラ・ミューテという素敵なボトルに入ったスキンケア用品で、女性の不安定になりがちな肌を整えニキビができにくい強い肌に導いてくれます。

ラ・ミューテは、肌のターンオーバーを正常に保つことができ、大人ニキビを改善、予防することができるのです。

治ってはまた繰り返す大人ニキビを根本から改善することで、透明感のある美しい肌を手に入れることができます。

詳細はこちらで=大人ニキビ用美容液ラ・ミューテ

大人ニキビは色々な原因がありますが、便秘がちな人は腸を健康にすることと、スキンケアで改善することができるのです。

 

できる場所で分かる!大人ニキビと便秘の関係

大人ニキビと青春ニキビは原因や症状、できる場所まで違います。

ですから、ケア方法にも違いがあるのです。

青春ニキビは、成長に伴うホルモンバランスの影響で、皮脂が過剰に分泌されることが原因です。

この場合は、皮脂の分泌を抑えるケアが効果的で、さっぱりタイプのケア用品が多いようです。

キメの細かな泡で毛穴の奥までしっかり洗い、清潔に保つことと、こまめに皮脂を取り除くことで徐々にニキビも治まるでしょう。

これに比べて大人ニキビは、様々な原因によって肌のターンオーバーが正常に行われなくなることでできることが多く、さっぱりタイプのケアでは逆に悪化してしまうのです。

また大人ニキビは、何度も同じところにでき治っては再発してしまうため、悪化しやすく跡も残りやすい特徴があります。

できる場所は、青春ニキビはおでこや鼻が多いようですが、大人ニキビは顎や口の周り、首や頬にできやすいのです。

実は、大人ニキビはできる原因によってできる場所が違うと言われており、それを知ることで体のどこに不調があるのか分かります。

ストレスやホルモンバランス、食生活、飲酒、胃腸の不調、食生活の乱れなど自分では気付かない原因が隠れているかもしれません。

 

便秘だとどこにニキビができやすい?

大人ニキビは便秘が原因でできることが多いと言われています。

ニキビと便秘はあまり関係がないように思うかもしれませんが、実際は便秘がちな人ほど大人ニキビができやすいのです。

便秘が原因のニキビは過去に解説した記事があります。こちら=大人ニキビは便秘が原因だった!

大人ニキビはできる場所によって原因が異なりますが、便秘の場合は頬や顎にできることが多いようです。

頬のニキビがなかなか治らない、治っても同じところに再発する、このような場合は便秘が原因になっている可能性があります。

便秘になると長期間便が腸内に留まります。

便は体の中の不要物で、本来はすぐにでも外に排出されるべきものなのです。

それが溜まることで、毒ガスが発生し血液に溶け出してしまい、体内をめぐることで様々な健康被害が出るのですが、ニキビもその一つと言えます。

大人ニキビは体の中と外から、両方のケアが不可欠なので、頬や顎にニキビができやすい人は便秘を治すことから始めなくてはなりません。

正しい食生活や睡眠を心掛け、大人ニキビ専用のケア用品を正しく使うようにしましょう!

これらを続けることで、ニキビはもちろん肌荒れなどの悩みもなくなり、肌本来の美しさを取り戻すことができます。

大人ニキビは跡が残りやすいので、できるだけ早く原因を見つけ、ケアすることをおすすめします。

コメントを残す