何をしても改善しない便秘はねじれ腸かも!

和食

「ねじれ腸」という言葉を聞いたことはないでしょうか?

酷い便秘で苦しんでいる人、何をしても改善しない人は、もしかしたら「ねじれ腸」が原因かも入れません。

腸がねじれるなんて恐ろしいと思いませんか?

ものすごい痛みが伴いそうですが、この病気、日本人にとても多いそうで気づかないうちに悪化している場合も。

ねじれ腸は「腸管形態異常」という病名があり、なんと日本人の8割もこの病気ではないかと言われているんです。

8割なんて驚きの数字ですが、ほとんどの人がこの病気なんですね。

腸が所々、不規則にねじ曲がった状態で、それが原因でスムーズに便が動かないため便秘になってしまうのです。

なぜ、日本人にねじれ腸が多いのかは、はっきり解明されていませんが、おそらく腸の長さが関係しているのではないかと言われています。

日本人は欧米人に比べて腸がとても長いのですが、これは昔からの食生活の違いが元になっているようです。

腸が長いためねじれやすいと言うわけです。

また、急速な食生活の変化から日本人の腸が追い付けない可能性もあります。

このように、ねじれ腸は決して珍しい病気ではありませんが、普通の便秘解消法を試しても、全く効果がないと嘆いている人は、腸がねじれているのかもしれません。

改善方法

それでは、ねじれてしまった腸を自力で治すことはできるのでしょうか?

手術をしてねじれた部分を元に戻すしか方法がないのでは・・・と不安になってしまいます。

実は、ねじれ腸に効果がある薬は今のところありません。

病院を受診しても便秘を解消するための、整腸剤や下剤が処方されることが多いようです。

また、よっぽどのことがない限り、手術をすることもありません。

ただ一つ効果があるのが、自分で腸をマッサージすることなのです。

もちろん、自分で腸のねじれている部分を知ることはできないので、全体をマッサージすると良いかもしれません。

やり方はとても簡単で、仰向けになって寝た状態で膝を立てます。

肋骨の下から骨盤のあたりまでに腸があるので、その部分を指を使ってマッサージしてみましょう。

柔らかい部分と硬い部分があるのが分かるはずです。

固い部分には便が溜まっているので、そこを中心にマッサージすると、早い人はすぐに便意を感じるようです。

このマッサージは力を入れすぎても、やさしすぎてもいけません。

適度な力で痛みを感じない程度に毎日行ってください。

一度で腸のねじれが治るわけではないので、毎日続けることが大切です。

それでも、改善しない場合は、他に原因があるかもしれないので病院を受診することをおすすめします。

理想的な腸

お花

それでは、健康で理想的な腸とはどのような状態なのでしょう?

最近よく言われているのが、腸内フローラのきれいさが腸の健康に関係していると言うことです。

腸内フローラとは、腸に存在する様々な菌の比率のことです。

私たちは、善玉菌こそが便秘を解消するために必要なものだと思い、それだけが増えれば良いと思いがちですが、実際は違うようです。

様々な腸内細菌は、それぞれの役割を持っており、悪玉菌もなくなっては困る菌なのです。

ただ増えすぎると悪影響が出るので、善玉菌と悪玉菌のバランスが重要なのです。

健康的な腸とは、消化吸収がきちんと行われ、便秘や下痢をしない腸のことですが、腸内フローラをきれいにすることで、それらすべてが叶うのです。

そのためには、ありきたりではありますが食事のバランス、特に日本人の腸に合った和食を多く摂取し、適度な運動と睡眠、ストレスをためないことが大切ですね。

生理前に便秘になるのはなぜ?

普段は便秘とは無縁の人でも、生理前になると必ずと言っていいほど便秘で苦しむ人が多いようです。

生理前と言えば・・・体は水分をため込みむくみやすくなるので、便秘にもなりにくいような気がしますよね?

しかし、実際には黄体ホルモンの影響で腸内機能が低下し、普段よりも腸の働きが鈍くなってしまうのです。

それに加えて、体内の水分は生理のためにためているもので、腸内は水分が不足していることが考えられます。

食欲がなくなるからという説もありますが、逆に食欲は増しますよね?

駄目だと分かっていてもつい食べてしまう・・・そんな時期なので、これは当てはまらないと個人的に思っています。

生理前は色々な体の変化があり、イライラ、腹痛、頭痛、不眠・・本当に不快なものばかりなに、これに加えて便秘なんてたまりません!

生理前の便秘の特徴は、とにかく便の水分がなくなりコロコロとしたウサギの糞のような状態になります。

出たとしてもすっきり感がなく、腹痛を伴うケースも多いようです。

元々、肌荒れをしやすい時期ですが、便秘が重なるとより深刻な状態になってしまいます。

生理前は体温が低下する時期なので、なるべく温かい飲み物を選び、体を冷やさないことが大切です。

逆に下痢になる人も

生理前は便秘になりやすい時期ですが、逆に下痢になる人もいます。

実は、この便秘と下痢に時期は微妙にずれており、生理まえ1週間は便秘気味、直前から生理中は下痢になるのが一般的です。

もちろん、どちらも当てはまらない人も多いのですが、お腹が弱い人は特にこのような状態になりやすいのです。

これは、先ほど説明した黄体ホルモンが減少することで腸の働きが活発になるためです。

生理の1週間前は黄体ホルモンが急激に増えて腸の働きを抑制しますが、生理直前から生理中は黄体ホルモンが減るのです。

腸が急に働き出すことで下痢になってしまう人がいると言うことなのです。

また、生理前はストレスが溜まりやすくイライラしてしまいますよね?

それが心理的な要因で下痢になる人もいるようです。

便秘もとても嫌なものですが、下痢は仕事や勉強中に襲ってくる可能性が考えられます。

市販でも下痢止めがあるので、上手に利用して気楽にとらえた方がよさそうです。

考えすぎると余計下痢が止まらなくなってしまうそうなので注意しましょう。

ホルモンバランスと腸内環境を整える

ほっと

生理前の便秘を解消するには、ホルモンバランスと腸内環境の両方を整える必要があります。

とは言っても、生理前には黄体ホルモンの量が増えたり減ったりしますので、ある程度は仕方がないのです。

しかし、女性ホルモンのバランスが崩れると、生理不順や生理痛など様々な不調が出てしまい、酷い便秘や下痢もその中に含まれます。

女性ホルモンを整える方法は、ありきたりではありますが食生活や生活習慣を整えることと、適度な運動、それに加えて豆乳などの豆製品を摂取するのがおすすめです。

特に年齢を重ねると女性ホルモンの分泌量が減るので、その代わりになると言われている豆乳はとても効果的な飲み物です。

また、体を冷やさないように冷たい飲み物を避ける、エアコンで冷やしすぎないのも大切です。

できれば夏でも湯船に浸かった方が良いと言われていますが、これはのぼせる可能性も考えられるので、真夏はぬるめに設定するかシャワーで十分だと思います。

実は腸内環境もホルモンのバランスを整える方法とほぼ同じで、特に食生活に注意しバランスよく食べることが大切です。

 

本当は怖い便秘の話

腹痛

便秘は誰でも起こることで、あまり深刻に考えていない人が多いようです。

特に若い人はファーストフードやレトルト食品に頼った食生活で便秘になりがちです。

酷い人は1週間以上便が出ないのが当たり前で、苦しくなったら便秘薬でまとめて出すのを習慣にしている人までいるのです。

何をやっても便秘は解消しない、遺伝だと諦めている人も・・・

最近は、便秘についての研究も進んでおり、専門外来まであります。

便秘解消グッズや書籍も人気ですが、ネットなどによって情報も溢れています。

そのためか、便秘が病気のサインかもしれず、普通の便秘ではない危険な状態もあり得ると不安になる人も。

確かに、何らかの病気が原因で便秘になることもありますが、逆に便秘を放置することで便秘になることだってあるのです。

便秘はとても身近なもので、お腹が苦しい、痛いなどの症状があっても、それが病気につながるなど考えることはないはずです。

私自信、長く便秘で悩んできましたが、先日その話を耳にし、もっと真剣に自分の体と向き合わなくてはならないと反省しました。

便秘が原因で命を落とす大きな病気になる可能性だってあるのです。

これって、とても恐ろしいことですよね?

もし、自分が便秘を放置せずに早く解消していれば、いくらだって防ぐことができるのですから。

腸閉塞の症状

救急車

便秘が原因の病気に腸閉塞があります。

よく耳にする病気ですが、実は最悪の場合は命を落とすケースがあります。

腸閉塞は何らかの原因で腸の一部が塞がり、便が排出されずに溜まり、吐き気や腹痛、お腹の張りの症状が出ます。

放置すると便の圧力で腸に穴が開いたり、破裂することがありとても危険です。

便秘だけが原因ではなく、何らかの病気の後遺症や老化、薬の副作用なども挙げられます。

治療は、食事と水分摂取を制限して自然に腸の圧を下げる方法と、すでに重症だと判断された場合は手術を行うこともあります。

便はたまるほどに水分がなくなり、石のようにカチカチになることがあります。

石が腸を塞ぐと考えてみてください。

新しく作られた便は先に進めずにどんどん腸内にためってしまい、破裂しそうなくらい膨らむ様子が想像できるはずです。

若い人は体力があるから大丈夫だと思いがちですが、健康で若い人にも起こる病気です。

ですから、便秘はなるべく早く解消するように努力し、万が一お腹が張って苦しい、いつもと違う傷みがあると感じた場合は、便秘薬を服用せずに病院を受診するようにしましょう。

他にもある、便秘が原因の病気

腸閉塞のように、便秘が原因で最悪の場合は命を落とす可能性がある病気になることがあります。

他にもいくつか、便秘が原因の病気があります。

・痔

命に関わることはほとんどありませんが、生活に支障が出やすく、特に女性の場合は病院を受診するのが恥ずかしいため、悪化することが多いようです。

痔が悪化すると、椅子に座ることも困難になり、トイレに行くたびに出血することがあります。

・大腸ポリープ

大腸にできるおできのようなもので、放置すると大腸がんに変異するタイプがあるので、注意が必要です。

・アレルギー

近年急増しているアレルギー症状(アトピー、花粉症、鼻炎)なども、便秘が原因だという見方が増えています。

もちろん体質もありますが、便秘によって悪玉菌が溜まると、毒素が血液によって体中に運ばれることで症状が出ます。

他にも、ニキビやむくみ、頭痛、食欲不振など健康に良いことは一つもありません。

便秘は万病の元とと考え、なるべく早く改善する努力をしましょう。

妊婦あるある!貧血予防の鉄分が便秘の原因!

妊娠中は血液検査で貧血だと診断されることが多く、鉄剤を処方されることが多いようです。

妊娠中ではなくではなくても、女性は貧血になりやすく予防のためにサプリメントを服用している人もいるはずです。

私も妊娠中は酷い貧血だと診断され、鉄剤を毎日処方され、それでもダメな時は点滴で鉄分を直接体内に送り込んでいました。

これは、胎児を育てるために血液が優先的に子宮に送り込まれるため、普段から貧血気味の人は特に大変です。

私の場合は自覚症状がありませんでしたが、血液検査のたびに貧血だと診断されていました。

妊娠中は体調を崩しやすい時期なので、外で貧血によるふらつきなどが起こって倒れてしまっては大変ですよね。

ですから、医師の指示に従ってきちんと処方された薬を服用することが大切です。

鉄剤

しかし、この処方される鉄剤にはデメリットもあります。

それが便秘になりやすいことです。

多くの妊婦さんが経験したことがある「妊婦あるある」かもしれませんが、鉄剤はとにかく便が固くなってしまうのです!

普段なら簡単に下剤に手を出すことができるかもしれませんが、妊娠中はそうはいきません。

ただでさえお腹が苦しいのに、酷い便秘になってしまうと、本当に辛いのです。

妊娠中でも出来る便秘解消法

それでは、なぜ鉄剤は便秘の原因になるのでしょうか?

病院などで処方される鉄剤は高濃度で、貧血を解消するためには優れた効果を発揮します。

しかし、この高濃度という点が消化器官にとっては大きな刺激になり、胃腸の働きを抑制してしまうのです。

鉄剤を飲むと気持ち悪くなると言う人が多いのも、この刺激によるものなのです。

胃腸の働きが急激に弱まると、排便するための繊毛運動も弱くなり便秘になってしまうのです。

妊娠中の便秘は危険を伴うことも多いので、薬を処方してもらう時に相談するようにしましょう。

できれば、同じ鉄分を補給するという意味では、薬だけに頼るのではなく食べ物で摂ることも考えた方が良いようです。

鉄分を多く含む食品は、レバー、ひじき、赤身、ほうれん草・・・毎日の食事の中で取り入れやすいものがたくさんありますので、栄養バランスを考えて加えてみましょう。

プルーン

ちなみに、私は鉄剤を飲むと吐き気と便秘が酷くなる体質なので、毎日適量のプルーンを食べるようにしました。

すると、いつしか貧血も治り便秘も解消したので、今でも続けています。

便秘を引き起こす成分

それでは、私たちが毎日健康のために摂取しているサプリメントなどの中には、便秘の原因になるものもあるのでしょうか?

先ほど説明した通り、鉄剤が便秘の原因になることは多いようで、当然サプリメントも注意が必要です。

しかし、病院で処方される薬ほど高濃度ではないので、便秘にならない人も多いようです。

また、カルシウムのサプリメントも便秘になる人が多いようです。

カルシウムは水分を吸収する働きがあるので、大腸に成分が留まると便を固くする可能性があるのです。

しかし、適量ならば問題はなく十分な水と一緒に摂取することをお勧めします。

カルシウムが不足しても便秘になるので、一度のたくさん摂取するのではなく、できるだけ食べ物で摂るようにし、それでも足りない分をサプリメントに頼るようにしましょう。

ネットの情報では、ダイエットサプリの中にも便秘になりやすいものが多いようです。

痩せたくて摂取しているサプリで、便秘になってしまっては逆効果ですよね?

やはり、健康な体と便秘を解消するには、できるだけ食品で有効成分を摂取するように心がけたいですね。

急な発熱!実は便秘が原因のことも

熱

便秘は万病のもとと言われていますが、実は発熱することもあるのです。

特に子供は免疫力が弱くちょっとしたことで熱が出てしまいますよね?

しかし、その原因が便秘だと考える人は少なく、疲れや風邪でだと勘違いしてしまうのです。

大人は免疫力が子供ほど弱くはないので、便秘が原因で発熱するケースは少ないようですが、疲れがたまっていたり強いストレスを感じている場合は、一時的に免疫力が低下しているため発熱の可能性もあります。

発熱

それでは、なぜ便秘になると熱が出ることはあるのでしょう?

熱が出る時は主に病気をした時ですが、便秘になると腸内に悪玉菌が増えてしまいます。

この悪玉菌が毒ガスを発生させ熱が出ることがあるのです。

もちろん、便秘が必ず発熱につながるわけではありませんが、それだけ体に悪影響を与えてしまうことは間違いありません。

子供は体も小さく免疫力も弱いため、便秘による毒ガスはかなりダメージを与えてしまいます。

発熱自体体のどこかに異常が起きている証拠ですし、放置しては危険だと知らせてくれているのです。

便秘による発熱は判断しにくいものですが、便秘を解消すると同時に免疫力を高める生活が大切です。

実は、免疫力は腸内環境を整えることで高くなると言われていますので、善玉菌と悪玉菌のバランスを整える食生活を心掛けましょう。

他にもある意外な症状

発熱の他にも便秘になると様々な症状が出ると言われています。

私が一番気になるのは肌荒れやニキビです。

どんなに良い化粧品を使っても、便秘の時は何の効果もなく体内の毒素の怖さを感じてしまいます。

逆に便秘が解消された途端、肌荒れが一気に解消し顔色や質感まで変わるのですから、便秘がどれだけ体に悪いのかが分かります。

他にも、便秘が原因で精神的に落ち込んだリホルモンバランスが乱れることもあり、これは自律神経が乱れることで起こります。

便秘がちな人は腸の働きが鈍く、同時に自立神経が乱れがちになってしまいます。

腸は第二の脳とも呼ばれるほど精神的な部分とのつながりが大きいので、落ち込みやすかったりイライラするときは便秘が原因になっている可能性もあります。

あまり多くはありませんが、それがもとになりうつ病を発症することもあるので気を付けなくてはなりません。

便秘が原因で体臭、口臭がきつくなる

酷い便秘の人は口臭がきつくなると言われています。

口臭

同時に体臭やおならの臭いもきつくなるので、恥ずかしい思いをするかもしれません。

一般的な口臭は、歯磨きや唾液の分泌を促すことで解消しますが、それでも消えない臭いは便秘からきている可能性があります。

腸内にたまった古い便や悪玉菌から発せられる毒ガスは、血液に溶けて体中を巡ります。

毒ガスが体中を巡るなんて考えただけで怖くなりますね・・・

それが肺と通って口臭となって出てしまうのです。

便秘が原因の口臭ですから、強烈な臭いになるのは間違いありません。

実は、この便秘による口臭はまさに便の臭いがすると言われており、老化による加齢臭とは違った独特の臭いがします。

きれいな女性の口から便の臭いがしたらどうでしょう?

周囲の人は驚いてしまいますし、本人だって恥ずかしくて仕方がありません。

歯磨きやガムではこの臭いを解消することはできないのですから、便秘を解消し腸内環境を整えるしか方法がありません。

体臭やおならも同じで、全て毒ガスが原因なのです!

たかが便秘と考えてしまいがちですが、実際は様々な症状が出ることがあり、心と体にを健康に保つためには早めに解消しなくてはならないのです。

妊娠中、エコーに大量の便が映って恥ずかしい!

妊娠中 エコー検査

妊娠中、赤ちゃんが元気に育っているのかを自分の目で確認できるエコー検査を楽しみにしてる人も多いと思います。

小さな点だった赤ちゃんがどんどん大きくなり、一か月後には赤ちゃんの形になり、手足がはっきり見えます。

本当に元気に育っているのか不安だった人も、実際に我が子を見ると安心できるのです。

そして、最近は夫婦で検診する人たちも増え、我が子の成長を感じることができない男性にとってもエコーは大切なものです。

夫婦でエコーの映像を見ることで、赤ちゃんの存在や成長を確認でき、父親になる準備ができるからです。

しかし、酷い便秘の場合エコーに大量の便が映ることがあるのをご存知ですか?

もしそこの旦那さんが一緒にいたら・・恥ずかしいと思いですよね。

旦那さんが一緒じゃなくても、医師や看護師さんにお腹に溜まった便を見られたくありません。

実際のエコーに便が映ることはよくあることですが、はっきり便だと分かる人は少ないようです。

もちろん、医師が「ここにこんなに溜まってるよ!」なんて教えてくれたら、ばれてしまいますが・・

あまりにも便秘がひどい場合、検診時に赤ちゃんが隠れてしまい、きちんと成長の確認ができないそうです。

妊娠中の便秘は、赤ちゃんが健康に育っているのかを確認する邪魔になることがあるので、早めに解消しなくてはなりませんね。

妊娠中・・酷い便秘だと赤ちゃんは苦しいのか?

妊娠中の便秘 ガス

妊娠中はホルモンの変化から、今まで便秘を経験したことがない人でも、ひどい便秘に悩まされるます。

酷い人は1週間以上便が出ず、お腹がパンパンなんてこともあります。

自分でもお腹の張りや重さで苦しくなるのですから、小さな赤ちゃんはもっと苦しいのではないかと思いませんか?

腸と子宮はとても近くにあるので、そのように感じてしまうのも仕方がないことかもしれません。

自分の便秘が大切な赤ちゃんを苦しめているとしたら・・考えただけで悲しくなってしまいます。

実際に、ひどい便秘になると赤ちゃんは苦しくなってしまうのでしょうか?

赤ちゃんは子宮の中で羊水に浮いた状態で成長します。

羊水が入った子宮は便秘程度の圧迫で形が変わったり、赤ちゃんに影響が出るくらい押し込んだリすることはありません。

ですから便秘で赤ちゃんが苦しい、窮屈になることはまずありません。

しかし、医師の中には便秘の改善を促すために「赤ちゃんが苦しくなっちゃうよ!」と言う人もいるため、それを真に受ける人がいるようです。

妊娠中は特に神経質になってしまうため、医師の言葉には敏感になってしまいますよね。

とは言っても便秘は百害あって一利なしです!

特に妊娠中の便秘は様々なトラブルの原因になるため、早めに便秘を解消するようにしましょう。