下剤乱用から抜け出せない人が続出

下剤

ドラッグストアで下剤を購入しようとすると、驚くほど多くの種類が並んでいます。

メーカーは同じでも、マイルドタイプ、即効性があるタイプ、値段も様々です。

これだけ多くの下剤が並んでいるのはどこかおかしいと思いませんか?

これだけ下剤の乱用は危険だとテレビなどで取り上げられているにも関わらず、簡単にしかも未成年でも購入できるのですから、まだまだ判断力がない高校生や中学生は購入してしまうはずです。

下剤の乱用は一度初めてしまうと抜けだせない依存性があるようで、飲まないと不安でたまらないなど、心の病気につながる可能性もあります。

女性にとって便秘は美容やダイエットの大敵で、多少痛みを感じても良いからすぐに大量に便を排出できる方法を選んでしまいます。

それによってペタンコになったお腹を見ると、余計に依存したくなり、少しでも便が残っている状態が気持ち悪くてたまらないのです。

ここまでくると、もう自分で下剤を絶つことは難しく、なんと一日に一箱飲み切ってしまう人もいるので、専門医に相談するしかありません。

あれだけ強力な薬を毎日大量に摂取していると、当然体には悪影響です。

そうならないためには下剤は最終手段と考え、できるだけ服用しないで済むようにしたいものです。

便秘改善よりもダイエット目的が多い

インスタグラムでも、たびたびダイエット目的で下剤を乱用している人の記事を見かけます。

多くの若い人が見るインスタなどで、このような情報を発信していると、つい自分も試したくなってしまうのです。

危険だと分かっていても、どうしても痩せたい、食欲が止まらないそんな人たちが楽して痩せる方法として手を出してしまうようです。

 

下剤はどうしても便が出ない時にとても役立つ薬で、決して悪いものではありません。

しかし、使い方を間違えると便秘解消どころではなく、腸の機能が全くなくなってしまうかもしれません。

下剤乱用をしている人の腸は黒くなると言われています。

それだけ体に影響がある成分だと十分に理解して、正しく使うようにしましょう。

やはり、便秘解消にはその場限りの方法ではなく、食生活や生活習慣の見直しによって腸の機能を高めるのが一番です。

長い人生を元気に過ごすためにも、下剤の乱用は絶対にやめましょう!

青汁で便秘解消は本当?野菜の方が良い?

ジュース

少し前に青汁ブームとも言える時期がありましたよね?

色々なメーカーから青汁が販売され、多くの人が健康のために毎日飲んでいました。

日本人が青汁を好むには、やはり日ごろから野菜が不足していると感じているからではないでしょうか?

青汁を飲むことによって、一日分の緑黄色野菜をしっかり摂取できると思っているからです。

確かに、メーカーの説明では一日に必要とする野菜の多くを青汁一杯で摂取できると書いてあるものもあります。

正直、野菜はあまり好きではないけど、健康のためにイヤイヤ食べていると言う人にとっては、青汁一杯だけでその憂鬱から解放されるのですから、選ばれるのは当然かもしれません。

青汁の飲み方は、本当に簡単です。

水や牛乳などの好みの飲み物に一パック入れるだけですから、忙しい朝やお弁当の置きなど、自分の好きな時間に摂取することができるのです。

青汁と一言で言っても、粉状のものだけではなくおやつ感覚で食べることができるジェル状のものもあります。

野菜不足が心配な子供でも美味しく食べることができるので、重宝している人も多いようです。

健康のために、緑黄色野菜はとても重要な栄養素がたっぷり含まれた食べ物です。

青汁を上手に利用して、健康的な毎日を送りたいですね。

青汁が便秘に効果がある理由

青汁が健康のために重要な栄養を含むことを説明しましたが、便秘解消のためにも効果的なのです。

便秘の人は、腸内環境がとても悪く、下剤を服用している人は特に注意が必要です。

野菜や食物繊維が便秘解消のために大切だと分かっていても、忙しい毎日の中で十分摂取することが難しいかもしれません。

よく、ダイエットか便秘解消のために昼食にコンビニのサラダを食べている女性を見かけます。

たしかに、野菜を手軽に食べることができて便利ではありますが、このコンビニの冷え冷えサラダは、逆に腸を冷やし便秘を悪化させる可能性が高いのです。

せっかく、野菜や食物繊維をたっぷり摂取するのであれば、効果的な方法でないと意味がないと言うことです。

その点、青汁は便秘解消に最適です。

特にオリゴ糖や乳酸菌を含んだものを選ぶと、効果も倍増。

多量の野菜を無理に食べなくても、コップ一杯の青汁で便秘解消できるのですから、是非試したいですね。

青汁を便秘解消のために飲む際の注意点

野菜

先ほども説明した通り、便秘解消のためには腸や体を温める必要があります。

便秘の人の体温は、普通の人に比べて低いと言われており、血行の悪さも便秘の原因と言えます。

ですから、便秘解消を目的に青汁を飲む場合は、できれば温かい状態がおすすめです。

最近の青汁は昔のように「マズイ!」と言いたくなるものは少なく、ジュースやお茶感覚で長く続けられるような味付けになっています。

どんなに健康に良いものでも、マズイと分かっているものは避けたくなってしまいます。

美味しく苦にならないものだからこそ、長く続けることができるのです。

ですから、お気に入りの味を見つけることも、便秘解消につながるのです。

便秘解消を目的に青汁を飲む場合は、温かい状態が良いと言いましたが、朝一に冷たい水を一気に飲むことで腸を目覚めさせると言います。

その一杯を青汁に代えることで、より効果を発揮させることができるかもしれません。

しかし、この方法は腸が弱い人や極端に冷え性の人はやめた方が良いでしょう。

白湯に青汁を溶かしてゆっくり飲むのが一番おいしく、続けやすいかもしれませんね。

整腸剤?意外と知らないエビオスの効果とは?

麦芽

実家にはいつもエビオスが常備してあります。

一人暮らしをするようになると、月に一回母が荷物と一緒にエビオスを入れてくれました。

当時はなぜいつもエビオスなのか知らずに、体に良い栄養補助食品なんだろう・・・と思っていました。

しかし、今ではどこのドラッグストアでも購入できるほど一般的なものとなり、CMまでやっていますよね。

そんな誰もが知るエビオスですが、体に良いという大雑把な効果だけではなく何にどのように効くのか知りたいと思いませんか?

腸を元気すにする!というイメージがありますが、他にはどのような効果があるのでしょうか?

エビオスは、天然成分のビール酵母で作られています。

ビール酵母は弱った胃腸を元気にする成分がたくさん含んでいるので、エビオスを飲むと食べ物の消化吸収力が回復するのです。

大人だけではなく、5歳以上の子供やお年寄り、妊婦さんの栄養補給にも最適なんです。

歳を摂ると前日に少し食べ過ぎただけで翌朝の胃もたれや食欲不振などが起こりやすくなりますよね。

焼肉なんて食べた次の日は朝食はパス!なんてことになりがちです。

これは、加齢によって胃腸の機能が低下している証拠で、エビオスを飲むことで調子を整えることができるのです。

不規則な生活とバランスの悪い食生活を心配し、私の健康を考えて母は欠かさず送ってくれていたんですね。

エビオスの噂は本当?

「エビオスは何に効果があるのかな?」そんな疑問をネットなどで調べた人は多いと思います。

検索してみると分かりますが。エビオスにはいろいろな情報があり、どれが本当なのか分からなのです。

例えば、「エビオスを飲むと太る」女性にとって太るという言葉は聞き捨てなりませんよね?

便秘が解消しても太るなら避けたいと思うのは当然です。

それについても色々な意見があるのですが、総合的に判断すると胃腸の機能が低下し食欲不振になってしまった人がエビオスを飲むことで、食欲が回復する。

その結果、以前よりも食べる量が増え太る!ということではないかと思います。

元々、何らかの理由で食欲がなく痩せてしまった人が、元の食欲に戻って元気になり太ってしまったのかもしれません。

決して、誰もがエビオスを飲むと太るということではなく、胃腸の機能が回復して健康になり、食事を美味しく食べることができるようになるのです。

もちろん、食べ過ぎると太りますが、健康な胃腸は消化吸収が良いので、便秘も解消します。

美容と健康は腸から

エビオス

最近は、寿命の長さや病気をするかしないかは、腸内環境が大きく関係していると言われるようになりました。

それは、長寿の人が集まる地域を調べてみると、みんな腸内環境が良く、便秘とは無縁の生活です。

食べ物が大きく関係しているようですが、忙しくて食生活が乱れがちな人や、食欲がない人は、エビオスに頼るのが良いですね。

食べたくないのに、無理に食べても栄養にはならないと言われています。

まずはエビオスで胃腸の調子を整えて消化吸収力を高めてから、食生活の見直しをするのが良いのかもしれません。

特に、暑い夏は冷たいものばかり食べたくなりますよね?

結果、胃腸の機能が低下して食欲不振、夏バテになってしまうので、エビオスを飲むことで予防することができます。

家族が便秘知らずの健康体でいられるように、毎日のエビオスを習慣にしてみてはいかがでしょうか?

我が家では、疲れた時は必ずエビオス!と誰もがなんとなく手に取っていますが、詳しく知ると毎日しっかり摂りたい成分だと分かりました。

 

 

お腹が痛くなりにくいオイルデルが気になる!

薬

便秘がちな人はもうチェック済みかもしれませんが、最近テレビCMでよく観る「オイルデル」

お腹が痛くなる下剤とは違うようで、硬くなった便を柔らかくしすんなり動きやすくするための薬なんです。

お腹が痛くならないって言うのがポイントですよね?

ほとんどの便秘薬は予想外の時間に急にお腹が「ギュルギュル」鳴り出しトイレに駆け込まなくてはならないことがあります。

家にいる時ならばまだしも、外出先や仕事中などは本当に困りものです。

ですから、便秘で悩んでいるほとんどの人は、お腹が痛くならずしかも自然なお通じが得られる薬を望んでいるはずです。

そんな人たちにとって待望とも言える「オイルデル」名前を聞くだけで、力を入れなくてもつるんと硬くなった便が出てきそうですよね?

実際はどうなんでしょう?

飲んだ人のレビューを見てみると、あまり評価は良くないようです・・・

ほとんどの人が私と同じように硬くなって出にくくなった便にオイルが浸透し、つるんと出ると思って購入したようですが、実際はあまり良い効果は得られないようです。

「飲み続けているが、効果が分からない」「お腹が痛くなる」「下痢をする」という意見が多く、これでは普通の下剤と何ら変わりませんよね?

つるんという感覚が欲しいのですが・・・

しかし、なかには「数か月飲み続けて効果が出た」「カチカチで出にくくなった便が確実に柔らかくなった」と言う人もおり、一概には言えないのかもしれません。

普通の便秘には効果がないが、出口付近で固まってしまった便には効果があるのかもしれません。

とは言っても私たちが考えているような、飲んですぐに便がつるんと気持ち良く出る物ではないのは確かなようです。

常用しても大丈夫?

オイルデルは普通の下剤とは違い、依存性が少なく常用しても大丈夫です。

とは言っても薬であることに変わりはありませんので、できるだけ短期間の使用で解決するのは体には一番いいはずです。

便が硬くなってどうしても出ない時に短期間お世話になるには、とても良い薬ではありますが、あまりにも頼りきってしまうのはどうかというところです。

オイルデルは即効性もあまり期待できなそうですし、そもそも腸内環境を整える効果もないので、わざわざ使う必要ないような気がします。

しかし、人それぞれ体質や便の状態も異なりますので、薬と相性がとってもいい人もいるのは事実です。

気になる人は、一度使ってみると良いかもしれませんね。

私も購入予定でしたが、レビューがあまり良くないことを知り、オイルデルでなくてはならない理由がなくなってしまいました。

やはり、薬に頼らず腸内環境を整えることが、便秘の悩みを解決するために必要なことですね。

オイルで便秘は改善するのか

オイル

オイルデルは、オイルの特性を生かして便を柔らかくし出口付近で固まった状態を改善する薬です。

オイルには便秘を改善する効果が期待でき、海外では昔から便秘薬としてそのまま飲む習慣があるのです。

最近では、日本でも色々なオイルを使ったスキンケアやヘルスケアが大人気で、海外セレブやモデルが紹介する売り切れるほどです。

そんな中でも便秘解消に効果があると言われているのが、オリーブオイル、亜麻仁油、ココナッツオイルなどです。

ドレッシングや飲み物入れて摂取しても良いですし、一日ティースプーン一杯程度をそのまま飲んでも良いようです。

そのまま飲むと胸やけを起こす人もいるので、最初は何か飲み物や食べ物に混ぜた方が楽かもしれません。

オイルには様々な健康効果が期待できますので、上手に取り入れてみてはいかがでしょうか?

妊婦あるある!貧血予防の鉄分が便秘の原因!

妊娠中は血液検査で貧血だと診断されることが多く、鉄剤を処方されることが多いようです。

妊娠中ではなくではなくても、女性は貧血になりやすく予防のためにサプリメントを服用している人もいるはずです。

私も妊娠中は酷い貧血だと診断され、鉄剤を毎日処方され、それでもダメな時は点滴で鉄分を直接体内に送り込んでいました。

これは、胎児を育てるために血液が優先的に子宮に送り込まれるため、普段から貧血気味の人は特に大変です。

私の場合は自覚症状がありませんでしたが、血液検査のたびに貧血だと診断されていました。

妊娠中は体調を崩しやすい時期なので、外で貧血によるふらつきなどが起こって倒れてしまっては大変ですよね。

ですから、医師の指示に従ってきちんと処方された薬を服用することが大切です。

鉄剤

しかし、この処方される鉄剤にはデメリットもあります。

それが便秘になりやすいことです。

多くの妊婦さんが経験したことがある「妊婦あるある」かもしれませんが、鉄剤はとにかく便が固くなってしまうのです!

普段なら簡単に下剤に手を出すことができるかもしれませんが、妊娠中はそうはいきません。

ただでさえお腹が苦しいのに、酷い便秘になってしまうと、本当に辛いのです。

妊娠中でも出来る便秘解消法

それでは、なぜ鉄剤は便秘の原因になるのでしょうか?

病院などで処方される鉄剤は高濃度で、貧血を解消するためには優れた効果を発揮します。

しかし、この高濃度という点が消化器官にとっては大きな刺激になり、胃腸の働きを抑制してしまうのです。

鉄剤を飲むと気持ち悪くなると言う人が多いのも、この刺激によるものなのです。

胃腸の働きが急激に弱まると、排便するための繊毛運動も弱くなり便秘になってしまうのです。

妊娠中の便秘は危険を伴うことも多いので、薬を処方してもらう時に相談するようにしましょう。

できれば、同じ鉄分を補給するという意味では、薬だけに頼るのではなく食べ物で摂ることも考えた方が良いようです。

鉄分を多く含む食品は、レバー、ひじき、赤身、ほうれん草・・・毎日の食事の中で取り入れやすいものがたくさんありますので、栄養バランスを考えて加えてみましょう。

プルーン

ちなみに、私は鉄剤を飲むと吐き気と便秘が酷くなる体質なので、毎日適量のプルーンを食べるようにしました。

すると、いつしか貧血も治り便秘も解消したので、今でも続けています。

便秘を引き起こす成分

それでは、私たちが毎日健康のために摂取しているサプリメントなどの中には、便秘の原因になるものもあるのでしょうか?

先ほど説明した通り、鉄剤が便秘の原因になることは多いようで、当然サプリメントも注意が必要です。

しかし、病院で処方される薬ほど高濃度ではないので、便秘にならない人も多いようです。

また、カルシウムのサプリメントも便秘になる人が多いようです。

カルシウムは水分を吸収する働きがあるので、大腸に成分が留まると便を固くする可能性があるのです。

しかし、適量ならば問題はなく十分な水と一緒に摂取することをお勧めします。

カルシウムが不足しても便秘になるので、一度のたくさん摂取するのではなく、できるだけ食べ物で摂るようにし、それでも足りない分をサプリメントに頼るようにしましょう。

ネットの情報では、ダイエットサプリの中にも便秘になりやすいものが多いようです。

痩せたくて摂取しているサプリで、便秘になってしまっては逆効果ですよね?

やはり、健康な体と便秘を解消するには、できるだけ食品で有効成分を摂取するように心がけたいですね。

下剤はもう古い?お腹が痛くならない酸化マグネシウム

錠剤

酷い便秘の時に下剤を使ったことがある人は多いと思います。

確かに便秘は解消しますが、その時に腹痛や下痢を伴うのが辛いですよね!

外出時にお腹がゴロゴロ鳴りだしたら冷汗もの、

何度もトイレに駆け込むことになってしまいます。

腹痛

そんな下剤を上手に使っている人もいますが、常用すると効果が出にくくなりどんどん量が増えます。

下剤がないと不安で仕方がなくなる依存の心配もあるのです。

なんと一日で一箱飲み切ってしまう人までいるそうで、

飲むことで痩せられる、お腹がペタンコで気分が良いと感じてしまうようです。

 

便秘で苦しいときは下剤に頼ることは悪いことではありません。

しかし、副作用や依存性を考えると手を出さないに越したことはありません。

 

そんな下剤の問題点を解消したのが酸化マグネシウムです。

妊娠中の便秘にも処方されることが多い薬で、市販薬やサプリメントトしても気軽に購入できるものです。

私も友人にすすめられて飲んでみましたが、下剤とは全く違う使用感です。

夜服用すると朝すっきり出るので、薬を飲んだ感じがないのが良いですよ。

お腹の傷みも下痢をすることもないので、仕事や学校に行く日でも安心して服用できます。

毎日飲んで翌朝すっきりを習慣にしたいのですが、副作用や依存性が心配で、

便秘が酷くなった時だけにしています。

 

最近は酸化マグネシウム便秘薬のCMまでやっているので、

これからは下剤よりも人気が出るかもしれませんね。

酸化マグネシウムを常用しても大丈夫?

健康な人は酸化マグネシウムを常用してもほとんど問題がないようです。

妊娠中、長期入院を余儀なくされていた私ですが、

その間、ずっと酸化マグネシウムが処方されていました。

もちろん、頻繁に行われていた血液検査で異常が出たことはありません、

 

ただ、もともと腎臓に病気を持っているいる人や、

何らかの薬を服用している人は、医師に相談してから服用した方が良いようです。

まれに、高マグネシウム血症になる人がいますが、健康な人は心配いりません。

 

酸化マグネシウムは、下剤に分類されますが、一般的に使われる○ーラックのように腹痛を伴うことがありません。

なぜなら、固くなった便に水分を含ませることで排便を促すタイプの下剤だからです。

ですから、便が固くなったことで排便が困難な場合は効果を発揮しますが、

腸の働きが悪くなったことが原因の場合は思うような効果がないかもしれません。

 

下剤を常用することで心配なのが、依存したり効果がなくなり量が増えることです。

しかし、酸化マグネシウムの場合はそれがなく、長く続けやすい下剤と言えます。

子供や妊婦も大丈夫?

赤ちゃん

酸化マグネシウムの効果をお分かりいただけたと思いますが、

これだけ安全な下剤なら、注意が必要な子供や妊婦でも服用できるのでしょうか?

先ほど説明した通り、妊娠中の便秘にはこの酸化マグネシウムが処方されることが多いようです。

錠剤になっているものだけではなく、水に数滴入れて飲むタイプがあります。

妊娠中の便秘は様々なトラブルの原因にもなるので、

なるべく早めに処方してもらいましょう。

 

また、子供が服用しても良いのか?

については、説明書をしたがっていれば大丈夫です。

市販薬のなかには、5歳から服用できるタイプもあるので、

いざという時のために、常備しておくと安心ですね。

ただ、赤ちゃんやアレルギー体質の子供は注意が必要で、

医師の指導の下で服用するのが望ましいようです。

 

このように、幅広い年代の人が安全に使える下剤は酸化マグネシウムの他にないかもしれません。

もちろん、便秘にならない食生活や適度な運動を取り入れながら、

どうしても解消できない場合は、お腹が痛くならない酸化マグネシウムが良いですね!

慢性の便秘は下剤よりも漢方薬?

便秘 漢方

多くの女性が便秘で悩んでいますよね?体質だと諦めて放置している人もいるようです。

なぜなら、テレビや本などで紹介されている便秘解消法を試してみても、長年頑固な便秘に悩まされている人には効果がないことが多いからです。

病院で薬を処方してもらうこともできますが、それでは今溜まっている便を無理やり出すだけで、便秘を解消する効果はありません。

だったら、時間やお金をかけてわざわざ病院に行かなくても、市販の便秘薬で十分だと考えるのは当然ではないでしょうか?

ドラッグストアや薬局にはたくさんの便秘薬が並び、専用のコーナーが用意されているお店もあります。

それだけ多くの人が便秘に悩み、市販の薬を頼っている証拠です。

そこに並んでいるのは、下剤や浣腸、整腸剤、漢方薬、お茶・・たくさんの種類がありますが、手っ取り早く今の苦しみから逃れるためには、やはり下剤が一番効果的です。

しかも、値段もかなり安く量も入っているので、常備しておけば安心と言う人も多いようです。

確かに下剤は飲んで数時間後に腹痛と共に溜まっていた便を出すことができますが、癖になりやすく依存しやすいと言われています。

特に若い女性は下剤を毎日服用してお腹が出ないように、太らないように気を付けている人も多く、危険な使い方が問題になっています。

長時間このような排便方法を行うと、腸本来の機能が低下し自力での排便ができなくなる恐れがあるそうです!

若くても腸が老化し働きを失ってしまったら・・こんな恐ろしいことは早く止めたほうが良いですね。

しかし、薬なしでの排便が無理な人もいると思います。

食生活や生活習慣に気を付けるのが一番大切ですが、どうしても薬が必要な場合は漢方を使った便秘薬をおすすめします。

これも市販で購入でき、腸の機能を高め自然なお通じを促す効果があるので、下剤よりもずっと体には良いのです。

 

薬の違い

慢性便秘の人にとって下剤は欠かすことにできない薬ではないでしょうか?

しかし、依存性が高く腸の機能を低下させてしまうのですから、どうしても薬を使用するなら漢方の方が良いようです。

漢方薬はすぐに効果が出ない、効果が薄いと考えがちですが、そんなことはないようです。

ドラッグストアなどで売られている便秘薬は生薬を使っており、下剤よりもマイルドな効き目が特徴です。

だからと言って効果がなのではなく、お腹がゴロゴロ鳴って急いでトイレに駆け込むような感じではなく、夜飲むと朝自然なお通じが期待できるというものです。

朝からお腹がすっきりすると、一日中気分が良いですよね!

一般的な下剤は強制的に便を排出させますが、漢方薬は自然な排便を促す効果が期待できるのです。

 

漢方にはどのような効果があるのか?

慢性的な便秘に漢方薬を使う場合、ドラッグストアで購入することができます。

一般的な下剤に比べると少し高いようですが、病院を受診してから便秘薬を処方してもらうよりは安いはずです。

ドラッグストア 漢方

漢方薬は即効性がないと言われていますが、便秘薬に使用されている生薬はそんなことはなく、腸を刺激して緩やかな効果が期待できるのです。

お腹が痛くなりにくいため、下剤が苦手な人でも安心して服用することができます。

また、もっと体質に合った漢方薬を服用したい場合は、漢方薬局かそれに詳しい医師がいる病院がおすすめです。

数か月分を処方してくれる所も多いので、便秘体質をじっくりと解消することができますね。

同じ便秘でも人それぞれ体質や体力、原因が違うため漢方医の診察を受けることで、意外なことが分かるかもしれません。

漢方薬を処方してもらう場合は、保険が適用されないことがあるので、事前に調べないと高額になる可能性があります。

市販でも効果的な漢方薬があるので、まずはそれを試してみてはいかがでしょうか?