話題の便活ダイエット・・本当に5~7キロ痩せられる?

便活

婚活、妊活に続き便活が話題になっています。

便活とは便秘専門の医師が作った言葉らしく、便秘を解消することで健康効果だけではなく、ダイエットや美容効果も期待できるというものです。

腸内環境が悪いと免疫力が低下し病気にかかりやすいだけではなく、全身の血流が悪くなるため、むくみ肌荒れ、太りやすくなるなどの症状が出ます。

食べているのに便が出ないと言うことは、腐敗した食べ物がお腹に残っている状態です。

そこから毒ガスが発生するため、ニキビや肌荒れなどの原因になってしまうのです。

食生活の変化やストレスが多い生活を送る人が増えたため、今の日本人は便秘がちだと言われています。

本来、日本人の腸は和食に合った作りなのですが、肉食やファーストフードなど食生活が欧米化していることも原因です。

自分の体に合わない食事を気付かずに摂取し続けることで、慢性的な便秘に悩まされる人が増えたのかもしれません。

このような人たちを本気で救うために生まれたのが「便活」という言葉で、医師が推奨する解消方法を実行することで、腸にたっぷり溜まった便をすべて出し切ることができます。

その結果、体のめぐりが改善し短期間で5~7キロ痩せられる人もいるそうです。

無理なダイエットをするよりも健康な体を手に入れながら痩せられる便活の方が、女性には魅力的ではないでしょうか?

やり方

慢性的な便秘の人は、どのような方法で便意を解消しているのでしょうか?

おそらく、便秘が日常化している人は「どうせ、何をやっても効果がない・・」と諦めているはずです。

お腹が苦しくなったり、痛みを感じた時に下剤などの便秘薬を使い強制的に排便する・・こにリズムができているのかもしれません。

しかし、それが続くと腸はどんどん老化し機能が低下してしまうので、早めに本来の働きを取り戻さなくてはなりません。

便活を上手に行えるようになると、きれいな肌と体、健康までもが手に入るのです。

その方法は簡単で、食べた分だけ出すと言うことです!

便秘を解消するためには、副交感神経の働きを高めることが近道だと言われています。

そのためには、朝起きたらコップ1杯の水を飲み、朝日を浴び、三食きちんと食べる。

他にも、お風呂で体を温める、質の良い睡眠をとるために寝る前の行動に注意する。

これだけで人間の体は変わるのです。

私たちは、便秘を解消する=食べ物に注意することだと思っていました。

しかし、本当の便活とは睡眠の質が重要なのです!これは私も始めて知ったことですが、副交感神経の働き=質の良い睡眠なんですね。

便活を実行した結果

医師がすすめる便活がテレビで取り上げられたのをきっかけに、多くの人が正しい便活方法を知ることができました。

それを実行した人たちの多くが、今までにない効果を得ることができたと言います。

もちろん、食生活や生活習慣などが乱れていると、どんなに便活を行っても効果が出にくいので、同時に生活を見直すことも大切です。

酷い便秘の人は、この便活によって体重がかなり減ると言います。

最初は体内にたまった便が一気に出ることで体重が減りますが、その後は体の巡りが良くなり、代謝が上がるために脂肪も燃焼されやすくなります。

むくみや肌荒れもなくなるのですから、高価な化粧品やサプリメントなど必要ありませんね!

便活を行うと体が軽くなるため、今までよりも行動的になります。

外出が嫌いだった人でもどんどん外に出るようになり、毎日が楽しくなると体だけではなく心まで掃除されたような気分です。

長年ため込んでいた思い荷物を一気に出し、二度とたまらない体を作ることは、それほど難しいことではありません。

誰でも簡単に実践できることばかりなので、本気で便活に取り組んでみてはいかがでしょうか?

 

慢性の便秘は下剤よりも漢方薬?

便秘 漢方

多くの女性が便秘で悩んでいますよね?体質だと諦めて放置している人もいるようです。

なぜなら、テレビや本などで紹介されている便秘解消法を試してみても、長年頑固な便秘に悩まされている人には効果がないことが多いからです。

病院で薬を処方してもらうこともできますが、それでは今溜まっている便を無理やり出すだけで、便秘を解消する効果はありません。

だったら、時間やお金をかけてわざわざ病院に行かなくても、市販の便秘薬で十分だと考えるのは当然ではないでしょうか?

ドラッグストアや薬局にはたくさんの便秘薬が並び、専用のコーナーが用意されているお店もあります。

それだけ多くの人が便秘に悩み、市販の薬を頼っている証拠です。

そこに並んでいるのは、下剤や浣腸、整腸剤、漢方薬、お茶・・たくさんの種類がありますが、手っ取り早く今の苦しみから逃れるためには、やはり下剤が一番効果的です。

しかも、値段もかなり安く量も入っているので、常備しておけば安心と言う人も多いようです。

確かに下剤は飲んで数時間後に腹痛と共に溜まっていた便を出すことができますが、癖になりやすく依存しやすいと言われています。

特に若い女性は下剤を毎日服用してお腹が出ないように、太らないように気を付けている人も多く、危険な使い方が問題になっています。

長時間このような排便方法を行うと、腸本来の機能が低下し自力での排便ができなくなる恐れがあるそうです!

若くても腸が老化し働きを失ってしまったら・・こんな恐ろしいことは早く止めたほうが良いですね。

しかし、薬なしでの排便が無理な人もいると思います。

食生活や生活習慣に気を付けるのが一番大切ですが、どうしても薬が必要な場合は漢方を使った便秘薬をおすすめします。

これも市販で購入でき、腸の機能を高め自然なお通じを促す効果があるので、下剤よりもずっと体には良いのです。

 

薬の違い

慢性便秘の人にとって下剤は欠かすことにできない薬ではないでしょうか?

しかし、依存性が高く腸の機能を低下させてしまうのですから、どうしても薬を使用するなら漢方の方が良いようです。

漢方薬はすぐに効果が出ない、効果が薄いと考えがちですが、そんなことはないようです。

ドラッグストアなどで売られている便秘薬は生薬を使っており、下剤よりもマイルドな効き目が特徴です。

だからと言って効果がなのではなく、お腹がゴロゴロ鳴って急いでトイレに駆け込むような感じではなく、夜飲むと朝自然なお通じが期待できるというものです。

朝からお腹がすっきりすると、一日中気分が良いですよね!

一般的な下剤は強制的に便を排出させますが、漢方薬は自然な排便を促す効果が期待できるのです。

 

漢方にはどのような効果があるのか?

慢性的な便秘に漢方薬を使う場合、ドラッグストアで購入することができます。

一般的な下剤に比べると少し高いようですが、病院を受診してから便秘薬を処方してもらうよりは安いはずです。

ドラッグストア 漢方

漢方薬は即効性がないと言われていますが、便秘薬に使用されている生薬はそんなことはなく、腸を刺激して緩やかな効果が期待できるのです。

お腹が痛くなりにくいため、下剤が苦手な人でも安心して服用することができます。

また、もっと体質に合った漢方薬を服用したい場合は、漢方薬局かそれに詳しい医師がいる病院がおすすめです。

数か月分を処方してくれる所も多いので、便秘体質をじっくりと解消することができますね。

同じ便秘でも人それぞれ体質や体力、原因が違うため漢方医の診察を受けることで、意外なことが分かるかもしれません。

漢方薬を処方してもらう場合は、保険が適用されないことがあるので、事前に調べないと高額になる可能性があります。

市販でも効果的な漢方薬があるので、まずはそれを試してみてはいかがでしょうか?

妊娠中でも出来る便秘解消法

妊娠中の便秘 ガス

妊娠中の便秘が赤ちゃんの成長を確認する際に、邪魔になることがお分かりいただけたと思います。

言い換えると、何か問題があった時の早期発見を妨げることにもなりかねないのです!

他にも妊娠中の便秘は様々なトラブルの原因になってしまうので、できるだけ早めに解消する必要があるのです。

とは言っても妊娠中は普段と同じ便秘解消法を同じように行うことはできません。

便秘薬や下剤も絶対に使うことができないため、限られた方法になってしまいそうです。

しかし、毎日の食生活や生活習慣をに直すことで、妊娠中の便秘を解消することができるのです。

どうしても改善しない場合は、必ず産婦人科で薬を処方してもらい、赤ちゃんに影響がないように気を付けましょう。

妊娠中便秘 オリゴ糖

ヨーグルトやオリゴ糖など、善玉菌を増やす効果がある食べ物や飲み物を意識すると、腸内環境が整い便秘解消になります。

また、十分な水分と適度な運動を心掛け、焦らずにできることから始めてみてください。

きっと、徐々に効果が出てエコーにも便が映ることがなくなるはずです。

妊娠中、エコーに大量の便が映って恥ずかしい!

妊娠中 エコー検査

妊娠中、赤ちゃんが元気に育っているのかを自分の目で確認できるエコー検査を楽しみにしてる人も多いと思います。

小さな点だった赤ちゃんがどんどん大きくなり、一か月後には赤ちゃんの形になり、手足がはっきり見えます。

本当に元気に育っているのか不安だった人も、実際に我が子を見ると安心できるのです。

そして、最近は夫婦で検診する人たちも増え、我が子の成長を感じることができない男性にとってもエコーは大切なものです。

夫婦でエコーの映像を見ることで、赤ちゃんの存在や成長を確認でき、父親になる準備ができるからです。

しかし、酷い便秘の場合エコーに大量の便が映ることがあるのをご存知ですか?

もしそこの旦那さんが一緒にいたら・・恥ずかしいと思いですよね。

旦那さんが一緒じゃなくても、医師や看護師さんにお腹に溜まった便を見られたくありません。

実際のエコーに便が映ることはよくあることですが、はっきり便だと分かる人は少ないようです。

もちろん、医師が「ここにこんなに溜まってるよ!」なんて教えてくれたら、ばれてしまいますが・・

あまりにも便秘がひどい場合、検診時に赤ちゃんが隠れてしまい、きちんと成長の確認ができないそうです。

妊娠中の便秘は、赤ちゃんが健康に育っているのかを確認する邪魔になることがあるので、早めに解消しなくてはなりませんね。

妊娠中・・酷い便秘だと赤ちゃんは苦しいのか?

妊娠中の便秘 ガス

妊娠中はホルモンの変化から、今まで便秘を経験したことがない人でも、ひどい便秘に悩まされるます。

酷い人は1週間以上便が出ず、お腹がパンパンなんてこともあります。

自分でもお腹の張りや重さで苦しくなるのですから、小さな赤ちゃんはもっと苦しいのではないかと思いませんか?

腸と子宮はとても近くにあるので、そのように感じてしまうのも仕方がないことかもしれません。

自分の便秘が大切な赤ちゃんを苦しめているとしたら・・考えただけで悲しくなってしまいます。

実際に、ひどい便秘になると赤ちゃんは苦しくなってしまうのでしょうか?

赤ちゃんは子宮の中で羊水に浮いた状態で成長します。

羊水が入った子宮は便秘程度の圧迫で形が変わったり、赤ちゃんに影響が出るくらい押し込んだリすることはありません。

ですから便秘で赤ちゃんが苦しい、窮屈になることはまずありません。

しかし、医師の中には便秘の改善を促すために「赤ちゃんが苦しくなっちゃうよ!」と言う人もいるため、それを真に受ける人がいるようです。

妊娠中は特に神経質になってしまうため、医師の言葉には敏感になってしまいますよね。

とは言っても便秘は百害あって一利なしです!

特に妊娠中の便秘は様々なトラブルの原因になるため、早めに便秘を解消するようにしましょう。

自覚症状が全くない・・便秘って本当に体に悪いの?

便秘 病気

毎日便が出なくても痛みや圧迫感などの症状がなければ便秘とは言えないと言われています。

しかし、これは1週間も出ない場合は話が違います。

2.3日でなくても・・と言うことであって、そこまでの場合は完全に便秘と言えるのではないでしょうか。

友人は子供のころからの便秘症で、それが慢性化したまま何も対策をしていないそうです。

あまりにも出ない時は下剤を使用して計画的に排便するそうで、まるで自由自在に操作しているかのようです。

朝、忙しい時間にトイレにこもらなくても良いので、逆に好都合なんてことまで言っているので、便秘の人が必ずしも悩んでいるとは限らないようです。

確かに、毎朝便をする習慣をつけるように言われますが、少しでも寝ていたい人にとっては、その時間を確保することが難しいのかもしれません。

1週間も便が出ないと普通はお腹の傷みや吐き気などの症状が出そうですが、慢性便秘の場合はそれが当たり前で何も感じないそうです。

ですから、特に何の不便も感じず生活ができると言うわけです。

確かに友人はすこぶる元気で食欲旺盛、肌もきれいです。

しかし、これは特殊な場合であって、普通は肌荒れや食欲不振など困った症状が出るのが一般的のようです。

 

体にどんな悪影響があるの?

自覚症状が全くなくても便秘は万病の元です!

きっと慢性的な便秘の人は、最初のころにはあったはずにお腹の傷みや苦しさに慣れてしまったのでしょう。

しかし、それは外に現れる症状のことであって、体には悪影響しかありません。

便秘は食べ物が長い時間体内に留まることです。

当然それは腐敗し、そこからガスが発生し血液中に溶け込んでしまい、ニキビや肌荒れなどを引き起こすします。

また、血流が悪くなることで肩こりや頭痛、抜け毛、生理不順など様々な症状が出るのです。

最近は、便秘が様々な病気にかかるリスクを高めると言われており、腸内環境を良く便秘とは無縁の人は、そのリスクが少ないと言われています。

そう言えば・・100歳近くまで生きた祖母はたくさん食べ、便秘とは無縁・・病院のお世話になることもなかったと思い出されます。

現代人は食生活や生活習慣の変化から便秘になりやすいと言われています。

日本人にはそれにあった食べ物があり、それ以外のものをたくさん食べてしまうと、どうしても負担になってしまうのです。

食物繊維や炭水化物、たんぱく質やビタミンなどバランス良く摂取できる和食を中心にした食生活に戻すことが、便秘改善には必要なのかもしれません。

便秘が原因で出来た大人ニキビのケア

便秘 肌荒れ

便秘が原因の大人ニキビでも、毎日のスキンケアを怠ってはいけません。

大人ニキビは、体の中と外両方のケアが必要だからです。

若い頃は肌が荒れても一晩ぐっすり寝るだけで、肌の調子が良くなることが多いものですが、大人になるとそんなに簡単にはいきません。

原因になることを解決し、それと同時に大人ニキビ専用のスキンケア用品を使うことで、肌の調子を整えることができます。

ニキビ専用のスキンケア用品はたくさんありますが、若いころと同じものでは全く効果がありません!

逆に肌を乾燥させ、ニキビを悪化させることもあるので、大人ニキビ専用を選びましょう。

おすすめは、ラ・ミューテという素敵なボトルに入ったスキンケア用品で、女性の不安定になりがちな肌を整えニキビができにくい強い肌に導いてくれます。

ラ・ミューテは、肌のターンオーバーを正常に保つことができ、大人ニキビを改善、予防することができるのです。

治ってはまた繰り返す大人ニキビを根本から改善することで、透明感のある美しい肌を手に入れることができます。

詳細はこちらで=大人ニキビ用美容液ラ・ミューテ

大人ニキビは色々な原因がありますが、便秘がちな人は腸を健康にすることと、スキンケアで改善することができるのです。

 

できる場所で分かる!大人ニキビと便秘の関係

大人ニキビと青春ニキビは原因や症状、できる場所まで違います。

ですから、ケア方法にも違いがあるのです。

青春ニキビは、成長に伴うホルモンバランスの影響で、皮脂が過剰に分泌されることが原因です。

この場合は、皮脂の分泌を抑えるケアが効果的で、さっぱりタイプのケア用品が多いようです。

キメの細かな泡で毛穴の奥までしっかり洗い、清潔に保つことと、こまめに皮脂を取り除くことで徐々にニキビも治まるでしょう。

これに比べて大人ニキビは、様々な原因によって肌のターンオーバーが正常に行われなくなることでできることが多く、さっぱりタイプのケアでは逆に悪化してしまうのです。

また大人ニキビは、何度も同じところにでき治っては再発してしまうため、悪化しやすく跡も残りやすい特徴があります。

できる場所は、青春ニキビはおでこや鼻が多いようですが、大人ニキビは顎や口の周り、首や頬にできやすいのです。

実は、大人ニキビはできる原因によってできる場所が違うと言われており、それを知ることで体のどこに不調があるのか分かります。

ストレスやホルモンバランス、食生活、飲酒、胃腸の不調、食生活の乱れなど自分では気付かない原因が隠れているかもしれません。

 

便秘だとどこにニキビができやすい?

大人ニキビは便秘が原因でできることが多いと言われています。

ニキビと便秘はあまり関係がないように思うかもしれませんが、実際は便秘がちな人ほど大人ニキビができやすいのです。

便秘が原因のニキビは過去に解説した記事があります。こちら=大人ニキビは便秘が原因だった!

大人ニキビはできる場所によって原因が異なりますが、便秘の場合は頬や顎にできることが多いようです。

頬のニキビがなかなか治らない、治っても同じところに再発する、このような場合は便秘が原因になっている可能性があります。

便秘になると長期間便が腸内に留まります。

便は体の中の不要物で、本来はすぐにでも外に排出されるべきものなのです。

それが溜まることで、毒ガスが発生し血液に溶け出してしまい、体内をめぐることで様々な健康被害が出るのですが、ニキビもその一つと言えます。

大人ニキビは体の中と外から、両方のケアが不可欠なので、頬や顎にニキビができやすい人は便秘を治すことから始めなくてはなりません。

正しい食生活や睡眠を心掛け、大人ニキビ専用のケア用品を正しく使うようにしましょう!

これらを続けることで、ニキビはもちろん肌荒れなどの悩みもなくなり、肌本来の美しさを取り戻すことができます。

大人ニキビは跡が残りやすいので、できるだけ早く原因を見つけ、ケアすることをおすすめします。