下剤乱用から抜け出せない人が続出

下剤

ドラッグストアで下剤を購入しようとすると、驚くほど多くの種類が並んでいます。

メーカーは同じでも、マイルドタイプ、即効性があるタイプ、値段も様々です。

これだけ多くの下剤が並んでいるのはどこかおかしいと思いませんか?

これだけ下剤の乱用は危険だとテレビなどで取り上げられているにも関わらず、簡単にしかも未成年でも購入できるのですから、まだまだ判断力がない高校生や中学生は購入してしまうはずです。

下剤の乱用は一度初めてしまうと抜けだせない依存性があるようで、飲まないと不安でたまらないなど、心の病気につながる可能性もあります。

女性にとって便秘は美容やダイエットの大敵で、多少痛みを感じても良いからすぐに大量に便を排出できる方法を選んでしまいます。

それによってペタンコになったお腹を見ると、余計に依存したくなり、少しでも便が残っている状態が気持ち悪くてたまらないのです。

ここまでくると、もう自分で下剤を絶つことは難しく、なんと一日に一箱飲み切ってしまう人もいるので、専門医に相談するしかありません。

あれだけ強力な薬を毎日大量に摂取していると、当然体には悪影響です。

そうならないためには下剤は最終手段と考え、できるだけ服用しないで済むようにしたいものです。

便秘改善よりもダイエット目的が多い

インスタグラムでも、たびたびダイエット目的で下剤を乱用している人の記事を見かけます。

多くの若い人が見るインスタなどで、このような情報を発信していると、つい自分も試したくなってしまうのです。

危険だと分かっていても、どうしても痩せたい、食欲が止まらないそんな人たちが楽して痩せる方法として手を出してしまうようです。

 

下剤はどうしても便が出ない時にとても役立つ薬で、決して悪いものではありません。

しかし、使い方を間違えると便秘解消どころではなく、腸の機能が全くなくなってしまうかもしれません。

下剤乱用をしている人の腸は黒くなると言われています。

それだけ体に影響がある成分だと十分に理解して、正しく使うようにしましょう。

やはり、便秘解消にはその場限りの方法ではなく、食生活や生活習慣の見直しによって腸の機能を高めるのが一番です。

長い人生を元気に過ごすためにも、下剤の乱用は絶対にやめましょう!

便秘解消やエイジングケアには生姜が最高!

生姜

便秘解消には食べ物の改善が何よりも大切ですが、最近注目を集めているのが生姜です。

元々、体を温める効果は知られていますが、便秘解消やエイジングケアにも最適だと女性に大人気の食材です。

なんと専門店ができ、多くの悩める人たちがこぞって通っているそうですよ。

生姜は漢方に用いられることも多く、薬膳料理にも欠かせないものです。

以前薬膳料理のコースをいただいたことがあるのですが、食べてすぐに体がポカポカし始め、末端冷え性が一気に解消した経験があります。

特に血の巡りを改善し、体温を上げるこうかがある生姜によるものだと思っています。

インスタにもたびたび生姜の料理を食べたことを紹介する記事を見かけますが、きっと美容と健康を意識した人が多いからでしょう。

もし、デートでどんな店に行ったらいいのか分からない男性は、是非このような生姜料理専門店に行ってみてください。

ほとんどの女性は食べ物は美味しいだけではなく、美容や健康を意識したものを選びたいと思っているはずですから。

生姜の効果

それでは、生姜は具体的にどのような美容と健康効果があるのでしょうか?

まず、私たちが一番知っているのが血液のめぐりを改善し体温を上昇する効果です。

これによって便秘も解消すると言われています。

全身の血のめぐりが良くなると、体調や肌の調子も良くなるため毎日元気に過ごすことができます。

また、最近注目されているのがアンチエイジングです。

生姜には抗酸化作用が期待できる成分が含まれているため、サビない体と肌を作ることができるのです。

そして、免疫力を上げる効果があるため、風邪を引きにくく体力を上げることができます。

このように、生姜は美容だけではなく健康にも大変役立つ食品なのです。

そのまま食べるのはちょっと大変なので、紅茶に入れたり薬味として、また酢漬けなどにして、毎日適量摂取することが大切です。

最近は、生姜パウダーなどが販売されているので、面倒な人はこれを利用すると良いかもしれませんね。

毎日生姜を摂取して、便秘解消とエイジングケアを目指しましょう!

健康な体は便意が一日一回?頻繁なのは危険なのか?

便意

一日に何度も便意を感じる人もいれば、一週間全く感じることがなく仕方がないので下剤に頼らなくてはならない人もいます。

その違いは腸にあるのですが、健康な腸は一日に何回便意を感じるのでしょうか?

一般的に理想と言われるのが朝食を食べた後に便意を感じ、家を出るまでに排便を済ませると言うものです。

私たちが子供の頃は、朝便意を感じなくても必ず排便する努力をしましょう!と言われたものです。

ですから、便意を感じても感じなくても必ず朝食後はトイレに行ったものです。

不思議なもので、それを繰り返していると自然に体がそのタイミングで便意を感じるようになり、朝の排便が習慣になりました。

朝家を出る前に排便をすることで、一日気持ち良く過ごすことができますし、腹痛を起こすことも少なくなりました。

特に、学校で排便をしたくなることがないので、恥ずかしい思いをせずに済んだのが良かったという記憶があります。

このように、人間は一日に一回便意を感じるのが理想ですが、食べる量や消化スピードは人それぞれ違うので、朝と夜、または昼に便意を感じるのも問題があるわけではないのです。

便意を感じても出ない原因

便意を感じてトイレに駆け込んだにも関わらず、不発に終わったという経験はないでしょうか?

一度ではなく何度も・・となると、イライラするものです。

また、便意を感じると同時に腹痛があると、排便をしないと痛みが治まりません。

でもなかなかでない・・・本当に地獄です。

便意を感じていると言うことは、腸の中には便が溜まっており、それを排出しようという働きはあるのです。

しかし、何らかの理由で便が動かないことでスムーズに出てこないと言うわけです。

この原因の多くは便が硬くなり詰まった状態、もしくは先の方だけが良しのように固まり他の便が後から出てこれない状態です。

水分が不足している時に起こりやすい症状です。

便が硬いとお腹が痛くなりやすいですし、スムーズに出てくることができません。

腸は排便しようと働くにも関わらず、動いてくれないのですから出れないのです。

この症状は大人だけではなく、子供や赤ちゃんにも多く、激しい痛みを伴うことがあるため、盲腸と間違えて救急車を呼んだなんてこともあるようです。

解消法

大根

それでは、便意があるのに出てこない時は、どのような対処方が良いのでしょうか?

まずは、いつもよりも多く水分を摂ることが大切です。

とは言ってもすでに固くなってしまった便を柔らかくすることは難しいので、どうしても出てこない時は下剤や浣腸に頼った方が良いでしょう。

その後、体を温めて十分な水分を摂る、食物繊維を中心に腸の活動を促す食べ物を選ぶようにします。

こんな時におすすめなのが大根です。

サラダではなく、お味噌汁や煮物で大根を食べると翌日にどっさり良い便が出るので、是非お試しください。

できれば、一日に一回以上の便意を感じるのが望ましいのですが、あまりにも頻繁になるとこれも病気が疑われます。

一度の少ししか出ずに、頻繁に便意を感じる場合はこれも便秘と同じで食べ物に注意が必要です。

便意を感じて健康的な便が出る時は良いのですが、毎回下痢をする場合は過敏性腸症候群が疑われ、自力での完治は難しいので専門医の相談してください。

できるだけ悪化しないように、早めに受診するようにすれば、社会生活に支障がない程度に改善すると言われています。

 

 

 

青汁で便秘解消は本当?野菜の方が良い?

ジュース

少し前に青汁ブームとも言える時期がありましたよね?

色々なメーカーから青汁が販売され、多くの人が健康のために毎日飲んでいました。

日本人が青汁を好むには、やはり日ごろから野菜が不足していると感じているからではないでしょうか?

青汁を飲むことによって、一日分の緑黄色野菜をしっかり摂取できると思っているからです。

確かに、メーカーの説明では一日に必要とする野菜の多くを青汁一杯で摂取できると書いてあるものもあります。

正直、野菜はあまり好きではないけど、健康のためにイヤイヤ食べていると言う人にとっては、青汁一杯だけでその憂鬱から解放されるのですから、選ばれるのは当然かもしれません。

青汁の飲み方は、本当に簡単です。

水や牛乳などの好みの飲み物に一パック入れるだけですから、忙しい朝やお弁当の置きなど、自分の好きな時間に摂取することができるのです。

青汁と一言で言っても、粉状のものだけではなくおやつ感覚で食べることができるジェル状のものもあります。

野菜不足が心配な子供でも美味しく食べることができるので、重宝している人も多いようです。

健康のために、緑黄色野菜はとても重要な栄養素がたっぷり含まれた食べ物です。

青汁を上手に利用して、健康的な毎日を送りたいですね。

青汁が便秘に効果がある理由

青汁が健康のために重要な栄養を含むことを説明しましたが、便秘解消のためにも効果的なのです。

便秘の人は、腸内環境がとても悪く、下剤を服用している人は特に注意が必要です。

野菜や食物繊維が便秘解消のために大切だと分かっていても、忙しい毎日の中で十分摂取することが難しいかもしれません。

よく、ダイエットか便秘解消のために昼食にコンビニのサラダを食べている女性を見かけます。

たしかに、野菜を手軽に食べることができて便利ではありますが、このコンビニの冷え冷えサラダは、逆に腸を冷やし便秘を悪化させる可能性が高いのです。

せっかく、野菜や食物繊維をたっぷり摂取するのであれば、効果的な方法でないと意味がないと言うことです。

その点、青汁は便秘解消に最適です。

特にオリゴ糖や乳酸菌を含んだものを選ぶと、効果も倍増。

多量の野菜を無理に食べなくても、コップ一杯の青汁で便秘解消できるのですから、是非試したいですね。

青汁を便秘解消のために飲む際の注意点

野菜

先ほども説明した通り、便秘解消のためには腸や体を温める必要があります。

便秘の人の体温は、普通の人に比べて低いと言われており、血行の悪さも便秘の原因と言えます。

ですから、便秘解消を目的に青汁を飲む場合は、できれば温かい状態がおすすめです。

最近の青汁は昔のように「マズイ!」と言いたくなるものは少なく、ジュースやお茶感覚で長く続けられるような味付けになっています。

どんなに健康に良いものでも、マズイと分かっているものは避けたくなってしまいます。

美味しく苦にならないものだからこそ、長く続けることができるのです。

ですから、お気に入りの味を見つけることも、便秘解消につながるのです。

便秘解消を目的に青汁を飲む場合は、温かい状態が良いと言いましたが、朝一に冷たい水を一気に飲むことで腸を目覚めさせると言います。

その一杯を青汁に代えることで、より効果を発揮させることができるかもしれません。

しかし、この方法は腸が弱い人や極端に冷え性の人はやめた方が良いでしょう。

白湯に青汁を溶かしてゆっくり飲むのが一番おいしく、続けやすいかもしれませんね。

快便すぎるのも困りもの?

便意

知り合いに毎日快便で羨ましすぎる人がいます。

今まで一度も便秘をしたことがないそうで、下剤を飲まないと出ない苦しみが全く分からないと言います。

便秘で悩んでいる人はかなりたくさんいますが、快便の人も悩んでいるなんて信じられませんよね?

便秘の人が夢見る解消は一日一回、最低でも二日に一回は良い感じの便が出ることではないでしょうか?

下剤を飲まないと一週間も出ない人にとっては、毎日出るのが願いです。

しかし、困るくらいの快便の人は、一日に何度も便が出るそうで、それは時と場合を考えてはくれないため、ひやひやすることがあると言います。

確かに、朝一日分の便がすっきり出るのは良いのですが、一日に何度も出るとなると会社や学校でもと言うことになります。

時間がない時や、誰かが近くにいる時など、できれば大の方が避けたいのに便意があるなんて辛いかもしれません。

特に食後は必ずと言って良いほど便意を感じるそうで、もちろん今食べたものがすぐに出るわけではなく、食事によって刺激されるのでしょう。

便がたくさん出るとダイエット効果もあるように感じますが、私の知り合いは決して痩せてはいません。

たくさん食べるからたくさん出る。

そんな感じがするのです。

快便の人は病気知らず

先ほど、快便の友人がそれほど痩せてはいないと言いましたが、健康面や美容面ではかなり効果がありそうです。

彼女が病気をしたのを知りませんし、みんなが風邪やインフルエンザでダウンしても彼女だけは元気。

いつも元気に走り回っているイメージがあるのです。

また、肌がとてもきれいで乾燥知らずです。

美容にはお金をかけていないと言いますが、それでもあれだけの肌を保つことができるのは、やはり毎日しっかり食べて出すことができているからではないでしょうか?

やはり、巡りの良い体は健康や美容面にはとても効果があり、それはどんなに高価なサプリや化粧品にも負けないのかもしれません。

意外なことに、便秘が様々な心の病気にも関係しているという話があります。

鬱病などの心の病は体のめぐりの悪さ、すなわち血流が関係していることがあります。

ですから、血流が良く体の隅々までしっかり栄養素が届いている体、不純物が溜まっていない体は、精神的にもバランスの良い状態なのです。

彼女が小さいことにクヨクヨすることなく、毎日笑顔なのは腸の働きが良く快便だからなのかもしれません。

腸内環境を整える

ご飯

それでは、彼女のように快便になるには、どのようなことが必要なのでしょうか?

まず一番重要なのが腸内環境を整えることです。

よく耳にする善玉菌を増やして腸内菌のバランスを整えるのです。

また、食物繊維をたくさん摂取し便のカサを増やすことも大切です。

ヨーグルトも良いと言われますが、個人的にはあまり効果が期待できないと思っており、それよりも白米をしっかり食べることが大切です。

最近は低糖質ダイエットが流行りで、一日にほとんど炭水化物を摂取しない人が増えました。

特に若い人は白米を食べなくなっており、それと同時に便秘の人が増えているのです。

パンや麺は最低限にして、白米や玄米はしっかり食べることで、便秘を解消し脳の働きも活性することができるのです。

 

転げまわるような腹痛の原因

男の子

お腹が痛い!と転げ回るほどの痛みを感じたことがある方もいるかもしれません。

ですが、何が原因かわからない、特にお子様の腹痛はうまく伝えられないこともあるので、よくわからないこともありますよね。

では、転げ回るような腹痛が起きる原因とは、一体どんな原因があるのでしょうか。

まず腹痛が起きる原因として多いのが便秘です。

特にカチカチの便が溜まってしまうと、腸やその周辺の臓器を圧迫してしまうため、痛みが出る場合があります。

また溜まった便からガスも発生するので、より腸が刺激され痛みにつながってしまうのです。

さらに、便やガスによる腸や臓器の圧迫で、血行も悪くなってしまうためさらに痛みを伴うことになります。

便秘でも転げ回るような痛みが出ることもあるので、十分に注意が必要です。

他にも盲腸や腸炎などによる、お腹の痛みが出る場合も十分に可能性としてはあります。

女性の場合、子宮や卵巣の疾患による痛みなども考えられる場合もあるので、転げ回るようなお腹の痛みには、便秘を始めその他の病気の可能性もあるので、おかしいと思った時には必ず対処するか病院へ行くようにしましょう。

普段から便秘を繰り返している方は、宿便が溜まってしまい痛みにつながっている可能性もあります。

腹痛はどんな病気が隠れているかわからず、また命の危険を伴う場合もあるので、痛みが強くなってきたら注意しましょう。

子供に多い便が出てても腸の機能低下

親としては子供の排便について、小さなうちはおむつ替えやトイレ管理もしているので、気にするのが当たり前のようになっていますよね。

ですが成長するにつれてあまり気にしなくなってしまう、もう子供に任せ切ってしまっている親も多いのではないでしょうか。

実は小学生から中学生の子供に多い便秘、さらに便秘ではなくても腸の機能低下に陥っている子供は多くいます。

特に注意したいのが腸の機能低下で、便秘ではないからと安心してはいけないのです。

便が出ていたとしても宿便が溜まっている場合もありますし、下痢を繰り返してしまうと腸内細菌のバランスも崩れてしまいます。

腸の機能低下では、便秘や下痢を繰り返してしまいます。

また腸が機能低下してしまう原因となるのは、食物繊維の不足が原因とも言われています。

アンバランスな食生活や甘いものばかりをよく食べていたり、水分不足でも腸の機能は低下してしまいます。

他にも、睡眠不足、1日3食しっかりと食べられていない、運動不足も影響します。

一番望ましい排便回数は最低でも1日に1回と言われていますが、週に3回以下の排便回数であればひどい便秘と考えても良いでしょう。

腸の機能低下は免疫力の低下にもつながってしまいます。

他にも腸の病気につながる可能性もあるので、便が出ていたとしても安心はせずに、子供のうちから腸に良い健康的な生活を送れるように注意してあげましょう。

重篤な病気が隠れている可能性も

女の子

たかが便秘、といっても実は重篤な病気が隠れている可能性があります。

特に転げ回るような腹痛を伴うことが多い方は注意が必要です。

子供の場合はすぐに病院へ連れていかねければならないほど、転げ回るほどの腹痛はとても怖いのです。

重篤な病気としてあげられるのが、腸閉塞です。

昔は盲腸などが考えられましたが、子供の場合は腸閉塞になってしまう可能性が高いので、便が出ていたとしてもまずは腸閉塞を疑ったほうが良いかもしれません。

腸閉塞は何らかの影響により腸が塞がれた状態になってしまう病気で、放っておくと死に至る可能性があります。

とても危険な病気なので、様子がおかしいと感じたらすぐに病院へ行かなくてはなりません。

腸の機能低下でも引き起こされる可能性があるため、便秘や下痢を繰り返している場合も注意が必要です。

腸閉塞以外では、腸の腫瘍や盲腸なども考えられます。

どちらも放っておいても治らず、死に至る原因となってしまうので、必ず病院へ行かなければなりません。

何がきっかけでこのようなことになってしまうのか、大きな原因は腸の機能低下や腸内環境の悪化も関係しています。

普段お食事や生活環境を整えることは、腸にとっても良いことなので重篤な病気になってしまう前に、日頃の意識が大切になります。

腸の病気は便の匂いや色などでも確認することができる場合もあります。

大人も子供も便の色や匂いの他回数や量など、排便時に注意しておくように心がけておきましょう。

海外旅行で下痢をするのは食べ物が原因?それとも・・・

パスポート

海外旅行に行くと必ず下痢をするから正露丸を飲みまくると言う友達がいます。

普段からお腹が弱い方ですが、海外では常に下痢なのでトイレ事情が悪い国では本当に苦労するそうです。

日本のトイレは海外に比べるとかなりきれいです。

私も海外旅行が好きなので、色々な国に行っていますが先進国と思っていたところでも、日本のショッピングセンターのようにきれいなトイレはありません。

使い方のマナーも悪いので、汚れているのが当たり前ですし、流れない、紙ないのは当たり前。

カギがなかったりドアが壊れているなんてこともあります。

ホテル以外ではできるだけトイレに行かないようにしていますが、どうしてもの時は我慢して行くしかありません。

そんな不便なトイレ事情で下痢になってしまうと、どうしていいか分かりませんよね?

しかし、異国では食べ物や飲み物、環境の変化やストレスによって体調を崩すことも多く、お腹を壊してしまうのも仕方がありません。

友達の下痢は、きっと元々お腹が弱いことに加え、環境が変わったことによるストレスが原因ではないでしょうか?

逆に旅行に行くと便秘になってしまい、苦しくなったり腹痛を起こす人もいます。

いつもと違う食べ物や環境、やはり人間の体にはかなり負担になっていることは間違いないようです。

予防法

飛行機

それでは、海外で下痢をしないためには、どうしたら良いのでしょうか?

まずは日本にいる時から腸内環境を整えることです。

腸内環境が整っていると、それだけでかなり予防効果があります。

ちょっとした環境の変化や菌でも、腸が強ければ調子が悪くならずに済むからです。

当たり前のことですが、毎日の食生活や生活習慣を整えることで、腸内環境を整えましょう。

私の場合は、海外旅行の少し前からビオフェルミンを服用することで、腸の機能を高めるようにしています。

下痢をしてから服用してもあまり効果がないので、早めがおすすめです。

服用しておくことで精神的に安心感があり、海外でも下痢や便秘をすることはありません。

海外で下痢をする一番の理由は食べ物です。

日本で衛生的な食べ物しか口にしていなかった人は、海外の汚れた食器や食べ物に免疫がないのです。

もちろん、衛生面に気を使っている国も多いのですが、未だに中国などでは箸も危険な場合はあります。

食べ物だけではなく、氷も要注意です!

日本のように飲料目的の水ではないもので氷を作っている所も多いので、飲み物を飲む際は氷を取り除くか、最初から断りましょう。

海外で下痢をした時の対処法

海外にいる時は、薬を購入するのが大変です。

ですから、普段から飲みなれた下痢止めや整腸剤をもっていくようにしましょう。

腹痛を伴わない下痢の場合は、薬で様子をみても大丈夫ですが、病気や食中毒が疑われる場合は我慢せずに病院に行きましょう。

このように、海外ではどうしても病院のお世話になる可能性もあります。

ツアーの場合はコールセンターや添乗員さんに相談し、そうでない場合はホテルのフロントに病院を紹介してもらいましょう。

もし、その国の言葉が離せない人は、万一のことを考えて日本人が常駐している、または話せる人がいるホテルを選ぶようにしましょう。

海外で下痢をするなんて本当に辛いことです。

楽しみにしていた観光やショッピング、食べ歩きが一切できない可能性もあるので、もしものことを考えて準備することが大切です。